何倍もタチが悪い!?“隠れぶりっこ”女子のあるある行動5つ

LIFESTYLE

友達や知り合いの中でも、表向きではサバサバ系と見せているのに、実はあざとい“隠れぶりっこ”な人だったことはありませんか?
普通のぶりっこなら最初からある程度理解して付き合いますが、隠れて実はぶりっこだったことが発覚した場合は衝撃的ですよね。
今回は、そんな普通のぶりっこよりタチ悪い“隠れぶりっこ”のあるある行動をご紹介します!

渡辺彩季
渡辺彩季
2016.10.11

隠れぶりっこ女子の行動▶︎SNSのアイコンが頻繁に変わる

定期的にSNSのアイコンを、コロコロ変える人がいますよね。

その写真はあからさまに彼に撮ってもらったものだろうなと思わせる、ラブラブアピールをしている画像ではありませんか?

例えば、デートを行ったであろうレストランやホテルで撮影した写真や、ディズニーランドなどでペアのかぶりものをかぶっている写真。彼が一緒に写ってなくても雰囲気で明らかですよね!

お花畑や旅先での写真で幸せ自慢しているパターンも……。

そんな女性はもしかして「彼氏できたんだ?」と反応して欲しいのかも。LINE(ライン)のアイコン画像は自然にみんなの目に触れるので、実は計算して変更している可能性があります。

隠れぶりっこ女子の行動▶︎LINEの「ひとこと」が一週間単位で変わる

意外と連絡先を交換したときや、連絡をとるときに目につく、LINE(ライン)のひとこと。

「なんか、いいことないなぁ♡」「明日はきっと……」「あの人、今何してるのかなぁ?♡」などのポエムは、かまってちゃんの象徴ですね!

また、意味深な言葉にしてみたり、ツッコミどころ満載の四文字熟語にしている人も要注意。見ている人は、ちょっとイラッとしているかも……?

また、1週間単位で更新していると「今度はなんだよ」と思ってしまいますよね!

隠れぶりっこ女子の行動▶︎フォローしているSNSアカウントがネガティブ系

使い方や更新の内容で、人の心理がよく分かるSNS事情。

どうやら“隠れぶりっこ”は、キラキラしたモデルさんやインスタグラマーのアカウントに紛れて、病んでいる人やちょっとひねくれたつぶやきをしている人をフォローしがちのようです。

自己啓発的なアカウントをフォローしている人は、“隠れぶりっこ”の可能性が高いと言えるでしょう。

普段わざわざ興味を持って見ることがないかも知れませんが、友達のフォローリストをチェックしてみたときに、明らかにネガティブなものが多いと「え?」とびっくりしてしまうかもしれませんね!

隠れぶりっこ女子の行動▶︎自撮りが覗き込んでいるようなアングルで撮影している

斜め上45度から自撮りしているのに、なぜか覗き込んでいるようなアングルで撮影されていたり、淡いピンクの加工に「#かわいくなりたい」「#キラキラしたい」「#自撮り苦手」などの謎のハッシュタグ。

「普段は控えめなのに、本当は自分が大好き」ということが伝わる写真ばかりだと、ひいてしまいますよね。

“隠れぶりっこ”のアカウントは、友達だけど思わずフォローを外したくなるような投稿が多いのが特徴。ウンザリして、何とも言えない気分にさせるのが得意のようです。

“隠れぶりっこ”の行動をピックアップしてご紹介しました♪
あなたの周りにも、“隠れぶりっこ”な人がいるかもしれませんよ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。