今すぐ使える!モテる男性に遊ばれないために覚えておきたい裏テクニック♡

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第71弾】

数日前、20代の女性から寄せられた恋愛の悩みをご紹介します。

数日前、20代の女性から寄せられた恋愛の悩みをご紹介します。

「好きな彼がいるのですが彼はとってもモテる人だと本人も自覚しているので、いつ私との連絡が途絶えるかわかりません。どうしたらいいですか?」

このようにお悩みの女性はきっと日本全国にいるはずです。なぜなら、モテる日本人男性は今本当に人数が少なくて、引く手数多の状況です。彼らは自分たちが売り手市場にいることをよく理解しています。数少ないモテる男性に女性達が次から次へと集中しているバブル状態なんです。結果的にどんなことが起きているのかというと、モテる男性たちは、現在、調子に乗り過ぎです。私の周りだけで起きていることではなく、いつも日本全国のモテる女性たちと情報交換をしているのでモテる男性たちがどれだけ女性に対して横柄になっているのか、現場の情報が入ってきます。

今回は、モテる男性に女性が遊ばれないために覚えておきたい、生々しいテクニックを皆さんに共有します。女性が力関係でモテる男性に負けないようにするためのテクニックとはどんなものでしょうか?

目の前のモテる男性より、格上の男とデートする

「一途な女が愛される」という世の中にある常識から解放されること。これがモテる男性に遊ばれないためには重要な一歩です。「一途な女じゃなきゃダメ」だとモテる男性たちは女に言います。なぜだと思いますか?

それは、都合のいい女にさせたいからです。いつでも変わらずに自分のことを愛してくれて家で待っていてくれる奥さんは、モテる男性にとって都合がいいですよね。すると、モテる男性は家の外で浮気し放題です。彼らは浮気がうまいですし証拠を残しません。奥さんの不満と悪口を言いながら女の気を引き、外で彼女を作ります。

一度自分のものにした女は一生自分の女だと思いたいのです。ですから、一途な女しか愛せないと言います。彼に愛されたい女性は、たとえ彼に対して不満があったとしても、他の男性のところに行くことに罪悪感を抱くようになります。「一途な女じゃないと俺は無理」と普段から彼にマインドコントロールされているからです!

個人的な話ですが、一途になればなるほどモテる男性は自分に飽きていく体験を何度もしました。これは何かがおかしいと感じていました。だいぶ昔ですが、もう彼を失ってもいい覚悟で他の男性とデートしたところ、浮気したのが彼にバレましたが、立場が逆転したことがありました。彼が追いかけてくるような関係になったのです。彼のなかで自分の優先順位がどんどん高くなるのを肌で感じました。モテる男性に限っては、一途な女が愛されるなんて大嘘です!正解は、いい男の匂いがいつもしている女がモテる男性には愛されます。

では、モテる男性に遊ばれそうになったらどんな対応をモテる女はすべきか?というと、目の前のモテる男性よりさらに「格上の男」に出会いに行けばいいだけです。売り手市場で調子に乗っているモテる男性と対等にやり合う手段は、女性側が持っている男のカードを増やすしかないと思います。

ちなみに、浮気して女が振られるとするなら彼よりも格下の男と浮気したパターンだと思いますよ。「そんなイケてない奴と浮気するなんてもうこの女には価値がないな」と思われて捨てられます。ですが、彼よりもっといい男と浮気すれば、向上心のある男性なら必死になってしがみついてくると思います。

覚えておいたほうがいいのは、上には上がいるということです。いくら目の前の男性がいい男だとしてもです。二流の男の上には一流の男がいます。一流の男の上には超一流の男がいます。「男の格」は、上にいけばいくほど、女性が振り向いてもらうことも愛されるのも夢中にさせることも難しくなりますが、それを目指して努力する価値は十分にあります。彼らを本気にさせようとしたら女性側も本当にレベルを上げないと遊びの対象にも思って貰えないからです。その過程でビジネスにも応用できるスキルを身につけていくことにも繋がるのです。恋愛を通して、女性が成長します!

モテる男性は「私の友達がね〜」という世間話をするだけで、どんな生活感で暮らしている女性なのかぐらい、すぐに見抜きます。彼よりも格上の男とデートして女性が愛される関係になっている段階で「私の友達がね〜」と話をしたら、モテる男性はビビるでしょうね。彼のなかでは「要注意人物」と認識されるので、彼がどれだけ仕事で忙しくしていたとしても連絡がすぐに返ってくるようになります。忙しい仕事の合間でわざわざ彼が会いに来るようになります!

恋愛相手の格を上げ続けたら、女性自身の格は自然に上がっていきます。もっといい男をいつも求め続けていると、いい男に追われる女になりますよ!

モテる男性に忘れられたくなかったら「苦労させられた女」になるといい

「男の人は苦労させられた女のことを、ずっと忘れないものね」と、ココシャネルさんが名言を残しています。

ココシャネルさんはシャネルブランドの創業者で、世界一の富豪や芸術家など、数々のモテる男性に愛された女性でもあります。この名言にヒントが隠されていますね!

実際、私もモテる男性たちに「どんな女性と恋をして遊んできたの?」と質問すると「あんまり覚えてない」と言うのをいろんなタイプのモテる男性から聞いています。出会いの数は多いはずなのに彼らはすぐに忘れてしまうのです。女に苦労をさせている立場ではありますが、女に苦労させられる立場になることは非常に稀です。ココシャネルさんはそれをよく理解していたんだと思いますよ!

魅力的なんだけど付き合うのが難しい女であればあるほど、男性はよくその女性のことを覚えています。恋愛をはじめることにも苦労しますし、周りにいい男がいる女性であれば、恋愛を継続させることにも彼は苦労するでしょうね。そのぐらいでいなければ、モテる男性を本気になんてさせられません!

「価値観を覆された女」をモテる男性は尊敬する

「この人と出会って私は変わったの!いい意味で、価値観を覆された!」といった経験をお持ちの方はいらっしゃいますか?
自分の人生観が変わってしまうような、インパクトの大きな体験です。

今までの人生はなんだったんだろう?と、狭い視野と思考で生きてきた無知の自分を、思い知らされるのです。人は、価値観を覆された人間をとても重要な人間として見るのです。価値観を覆された相手に対しては、一生感謝してもしきれないぐらいの想いを抱くでしょう。男性の価値観を覆すぐらいの聡明な女性になれば、彼は一生、頭があがりません。

それが、男性から尊敬されるということです。愛されることも大事ですが、男性が女性に対して尊敬の念を抱くとき、特別な感情が生まれます。男と女でありながら男と女を関係性において、超えられるのです。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!