お茶の中にお花♡工芸茶で華やかティータイム

LIFESTYLE

ガラスポットに入れてお湯を注ぐと、キレイな花が咲く工芸茶。手みやげやおもてなしにピッタリです。

工芸茶とは?

引用:www.chami.jp

工芸茶はお湯を注ぐとお花の形になる、見た目も楽しい中国茶のこと。
緑茶や紅茶と一緒に、バラや菊などの花を木綿糸などで束ねたもので、茶葉そのものは丸や楕円型、きのこ型など、様々な形があります。

お湯を注いでから0〜20秒ほどで茶葉が開き始め、1分ほどでお花の形になるので、だんだん花が開いていく過程が楽しめます。
1粒で1リットル飲めるので、ペットボトルのお茶よりもコスパがいいんです♪

引用:mercure.shop-pro.jp

金盞花のベースに鮮やかな千日紅、ジャスミンのタワー。
ジャスミンの香りが香ばしい緑茶です。

オーバーザレインボー

¥350

販売サイトをチェック

引用:mercure.shop-pro.jp

こちらは紅茶の工芸茶。
大バラと野菊の組み合わせです。

紅紅8 La vie en Rose

¥800

販売サイトをチェック

引用:www.chami.jp

ユリとモクセイの緑茶。オレンジの色がきれいですね。

丹桂飘香(だんぐいぱしゃん)

¥400

販売サイトをチェック

見た目や過程まで楽しめる中国茶。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか・

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。