効果は高いけれど欲張っちゃダメ!プラセンタ注射の適切な頻度とは

近年、アンチエイジングの方法としてプラセンタ注射が注目を浴びています。
その効果が実感しやすいことからハマる人も多いそうですが、「実際のところ大丈夫なの?」と不安になりますよね。
今回は、そんなプラセンタ注射の適切な頻度をご紹介します。

この記事の監修

品川スキンクリニック 表参道院 院長 Dr. 石橋 正太

なぜプラセンタ注射が人気なの?

プラセンタ注射を受けることによって、肌のシワやシミが薄くなったり、肌のキメが細かくなるなどの効果があります。

手軽にできて効果を実感しやすいことから、今やアンチエイジングの方法として幅広く認知されています。

このように、加齢による肌の悩みが解決されることから、プラセンタ注射にハマる人が続出しています。

高いエステやスキンケア商品を購入するよりも、プラセンタ注射の方が効率が良いと考える人も多いようです。

本来、プラセンタ注射は体の治療が目的。

プラセンタは英訳で「胎盤」という意味を持っています。
名前の通り、胎盤から体の発育や健康に必要な栄養素を抽出したものがプラセンタとして商品化されています。

プラセンタには肝臓の機能を活性化させる役割があるのですが、これにより【肌荒れ、慢性疲労、肝機能障害】などの肝臓機能が重要となる症状の改善に効果が期待できます。

肝臓は、新陳代謝や解毒機能などの生命維持活動において大きな役割を担っているので、それを補い回復させるプラセンタは、厚生労働省から認可されている医薬品となっています。

また肝臓以外にもアトピー性皮膚炎、花粉症、更年期障害、関節リウマチ、胃潰瘍、自律神経失調症、不眠症、肩こり、滋養強壮などへの効果も期待されています。

肌トラブルを改善したい時は、どれくらいの頻度でプラセンタ注射をうてばいいの?

目的によって、プラセンタ注射には適した頻度があります。

アンチエイジングを目的とした肌トラブルを改善したい時には、1週間に2回の頻度から始めるのが良いとされています。

より美肌効果を求めるのなら、1週間に3回が効果的だと言われていますが、肌の状態は個人差が大きく、プラセンタ注射を受ける頻度や投与量などは自身の体調に合わせていく必要があります。

また、肌が若い頃は28日周期のサイクルで再生されるので、美肌効果を実感できるのには数週間ほどかかります。

しかし、肌が乾燥しにくくなった、化粧のノリが良くなったなどの効果は、早い人では翌日から実感する人もいます。

この症状があらわれたら、プラセンタ注射の副作用かも?

基本的に、プラセンタ注射の副作用が起こる可能性は低いです。

しかしながら、効果を求めるあまりむやみに頻度を多くしたり投与量を増やしてしまうと、胃痛や下痢などの副作用があらわれてしまうことも……。また、悪寒・発熱・発疹などの症状があらわれた場合はすぐに投与を中止しましょう。

本来、プラセンタ注射は皮下注射や筋肉注射によって行っていますが、現在では認可されていない静脈注射やカクテル注射も増えているようです。

静脈注射やカクテル注射は血圧低下や呼吸困難、痙攣やショック状態になるなどの重い副作用を招く危険性が高いので、安全性を考慮してこれらは避けることをおすすめします。

品川スキンクリニックHP

プラセンタ注射の効果と頻度についてご紹介しました。
プラセンタ注射は、美肌効果以外にも様々な病気を防いで健康体を維持することができます。
しかし、効果を求めるあまり欲張ってしまうと、様々な副作用があらわれてしまいます。
医師の判断のもと、正しい処置を受けるようにしましょう。

【関連記事】あの頃の肌を取り返しました!若返りの魔法を持つ"プラセンタ"の効果

あの頃は綺麗だったのに……あの頃の肌に戻りたい……と日々鏡を見てはため息をついている方。若...

プラセンタ 注射 頻度 アンチエイジング 整形

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

柏木麻衣子

はじめまして! 美容と健康に力を入れています! 趣味はショッピングで、コスメショップ巡りなんかが大…

>もっとみる