「やりたい君」を見抜いて口説かせないようにするテクニック5選

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第147弾】

女性が新しい出会いを求めていると遭遇するのが体目的の男「やりたい君」です。私はこれまで数えきれないほどのやりたい君に遭遇してきました。人に会う生活をしているといまだに週2ペースぐらいでやりたい君に遭遇してしまうので、まともに外出ができないほどです(^_^;)

「やりたい君を手玉に取る方法が知りたい」という声を読者の女性からいただいたので、今回は、どのようにしてやりたい君を見抜き口説かせないようにしているのかを、女性のみなさんにシェアします。

男性からの誘いは「今、都内にいないんですよ」と言って全部断る

「飲みに行こうよ」とか「会いませんか」と男性から誘われる機会があると思いますが、ここでホイホイ行ってしまうと彼がもしやりたい君だった場合、思い通りにされてしまいます。なので、気安く会わないことがポイントです。

今まであらゆる断り方を試してきましたが「使える!」と思ったのが「今、都内にいないんですよ」という断り方です。やりたい君は「ただやりたいだけ」なので遠方にいる女よりも近くに住んでいる女を選びます。わざわざ交通費をかけて知らない場所に足を運んでまでやりたいとは思いません。そのへんは、費用対効果を計算しています。

特に知り合ったばかりの男性に「今、都内にいない」は有効です。なかなか会わずにたまにメッセージをやり取りする仲になれば、付き合いを長期戦に持ち込むことができるんです。「ただやりたいだけ」の男性は耐えきれずに消えていってくれますし、生き残っていく人とは人間同士の付き合いができるようになります。私の経験上、知り合って2,3年も経つとほとんどの場合、やりたい君はすっかり普通の男性になっていますね。彼に勢いをつけさせないようにコントロールするのが大切。

「どうせSEXしたいだけでしょ?」と突き放す

好意を持たれている男性がやりたい君かどうか分からないなという時に使えるのが、女性側から「あなたはやりたい君!」だと決めつけてしまう方法です。

「どうせSEXしたいだけでしょ?」と言ってしまいます。

そう言われてしまうと「違うよ!」って言いたくなるみたいなんですよね~。「ひどい!」って言われることもよくありますが「やりたい君」だと先に決めつけられてしまうと、彼は悪い動きをしずらくなります。

「なかなか手強い女だから真面目に接していかないとマズイ」と印象づけることが出来ます。

「オンナをdisって口説こうとするのは作戦ですか?」
などと、相手の手口を先回りしてバラす

「可愛い女性はdisったらヤレる」というのは、男性のなかで古くから流通している恋愛マニュアルのようです。

自分のことをよく知らないはずなのに、妙にdisってくる男性に遭遇したことってありませんか??

参考までに私がこれまでdisられてきた内容をお伝えすると

「お高くとまってる」「可愛げがない」「結婚に向いてない」「あなたがしている仕事は微妙」「自分に対する対応が雑」「どうせ幸せじゃないんでしょ?」「〇〇するのはやめたほうがいい」といった否定形の説教をされるなど、あの手この手を使ってdisってきます。

disり口説きをやる男性の属性はというとちょっと遊び慣れたぐらいの男性に多いですかね。お酒を飲みながら可愛い女子をdisってる印象があります。自分に自信がない女性はおそらくこの手口で持ち帰られてしまうのだと思いますが、よく知らない男性にdisられた時、負けてはいけません。

「オンナをdisって口説こうとするのは作戦ですか?」

「あーそれ、恋愛本に書いてありました。disるとヤレるってやつですよね?」

「これまで他の男性にも同じ作戦を使われてきてるので、やり方が被ってるんですよ」

相手の手口を先回りしてバラしてしまいます。自分の住所やプライベートの情報がバレていない相手にはこのように言い返してもいいと思いますが、もしも、身バレしていたら恨みを買われて反撃されるリスクがあるので、静かにその場を立ち去るほうが無難でしょう。

「仕事の話なら口座番号をお伝えするので、振込みを確認したあと、打ち合わせしましょう」

やりたい君は本当にあらゆる手段を駆使して近づいて来ます。私はフリーランスなので「仕事の話があるから打ち合わせをしたい」と呼び出して中身はやりたい君だったという出来事が何度もありました。会社員をされている女性は会社が自分の身を守ってくれるので、もしかしたらあまりこのような場面には遭遇しないかもしれませんが、例えば、個人で副業をしたいって時なんかには、気をつけたほうがいいですね!

自分が働いている会社の名刺や肩書きを使って安心感を与えて「仕事がしたい」とか「打ち合わせがしたい」と連絡してくるやりたい君がたまにいます。要するに会社の仕事のフリをして会う約束をするんです。

こういう時の3種のディフェンス技は「1.契約書」「2.銀行口座」「3.電話打ち合わせ」です。

本当に相手が仕事をする気ならお金の振込や契約の話を先にできると思いますし「打ち合わせは電話でいいですか?」というお願いにも対応してくれるはずです。その話をしてこない時点で怪しいんですよね。

「会って話したほうが話しやすいから」と言われたとしても「そのように言われて過去に危険な想いをしたことがあるので初対面の男性にいきなり会わないようにしているんです」とこちらのペースに合わせてもらうように誘導します。仕事の話のときも、プライベートのときも、とにかく、初対面の男性と2人きりで会う状況にはならないようにします。

「本気で結婚したいなら婚姻届にサインとハンコ押してきて。両親にも会ってもらえますか?」

「結婚したい」と言って近づいてくるやりたい君もいます。これも割と定番あるあるパターンです。「結婚」って聞くと女性は舞い上がって思わず抱かれてしまうケースもあるってことを、やりたい君は過去の経験から、知っているんだと思います。

そんな時も冷静に淡々と対応します。

「婚姻届にサインとハンコ押してきて。私も本気で考えるから♡」「今、両親にあなたのこと言ったら会いたがってるんだけど会ってくれますか?」

この2つの言葉を言って相手を逃げられない状況にします。やりたい君だとしたら「え?ちょっと早くない?」とか言い訳をしてくると思います。

書類も出せないし両親にも会えないことが明らかになったら「やりたい君確定!!」です。彼のことは今後いっさい信じちゃダメ。連絡が来ても無視でいいです。

本気で結婚したいと思っている男性は「結婚したい」ってなかなか言い出せません。それがわかっているだけでも、やりたい君を見抜きやすくなりますね!

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!