知ってから選ぶとお買い物上手に?「洋服の素材」の良し悪し

レーヨン、リネン、コットンなど洋服の素材は、いろんな種類がありますよね。
あなたは素材それぞれの特徴を知っていますか?
洋服を選ぶ際にも参考になる洋服の素材は、知っていると便利ですよ!
お買い物の参考にもなる洋服の素材は、お値段や着心地を左右します。
買う前に素材の良し悪しをしっかりチェックしましょう。

素材は洋服選びの重要な判断材料!

洋服を買うとき、タグに書かれている素材を気にしたことはありますか?
値段を大きく左右する洋服服の素材は、どんな質感がいいのか、長く使いたいのかなどを決める一つの指標にもなる情報です。

上手に素材を使い分ければ、あなたのファッションもバリエーション豊かになるでしょう。
大人女子なら、値段だけでなく洋服を素材で選べるようになりたいですね♡

知っておきたい洋服の素材①コットン/綿

着心地の良いコットン素材は、シャツやスカートなどにも多く使われている洋服の素材です。
肌触りが柔らかく、着ているときもストレスを感じにくいため、リラックスウェアとしても優秀素材です。

また、コットンは汗を吸収してくれるため、夏場や部屋着としてもおすすめですよ♪

知っておきたい洋服の素材②シルク

光沢のある質感が女度を上げてくれるシルクは、洋服のなかでも高級素材。
なめらかな肌触りで着ている間も幸福感が感じられ、シャツでも女性らしいシルエットに。

ただし、夏場などに注意したいのが汗ジミです。
シルクの汗ジミは、プロのクリーニング屋さんでも落とせないことがあるので、汗をかいたらシミになる前にクリーニングするようにしましょう。

知っておきたい洋服の素材③麻

さらっとした肌触りで、通気性がいい洋服の素材といえば麻ですね。
ナチュラルな雰囲気にしたいときに選ぶといいでしょう。

麻素材は耐久性がいいので、アクティブに動き回りたいときにもぴったり。
ただし、シワになりやすいので注意が必要です。

知っておきたい洋服の素材④リネン/亜麻

zozo.jp

麻素材の中でも特に肌触りがいいのがリネンです。
ベッドカバーなどにも使われることが多いリネンは、フラックス(亜麻)と呼ばれる植物から取れる繊維で作られています。

フレンチリネンの洋服などは、ヴィンテージものとして人気が出るくらい、長く使える洋服の素材です。
その分、普通の麻素材よりもお値段が高くなりがちです。

知っておきたい洋服の素材⑤ウール

吸湿・保温性に優れているウールは、冬の洋服には欠かせない素材です。
ウールと一言でいっても、羊毛をとる羊の種類によっても質感が異なります。
メリノウールは、中でも肌触りがいいことで知られています。

メリノウール素材は保温性に優れているという理由から、アウトドア服でもよく使われているんですよ!
素材によってお手入れの方法や着心地が変わる洋服は、買う前に素材に何を使っているのかをチェックすると良いでしょう。
せっかく1日中着る洋服だからこそ、素材の良し悪しにもこだわってくださいね♪

【関連記事】お気に入りの服を長持ちさせるコツ♪知っておきたい5つの洗濯表記

2016年12月から一新された洗濯表記。洋服のタグについている表示は、お気に入りの洋服を長持...

洋服 素材

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる