接近戦に備えるべきは「艶リップ」♡ガサガサ唇の原因と改善策とは

BEAUTY

うっかりすると唇がいつの間にか皮まで剥げて、ガサガサになっている……なんて経験、ありませんか?
意外とケア漏れしがちで、荒れ始めるとすぐにはツヤ潤に戻ってくれないのが唇ケアの難しいところ。
今回はそんなガサガサ唇の原因と改善策をご紹介します!

【目指せ!艶リップ】ガサガサ唇の原因①乾燥

ガサガサ唇の大きな要因のひとつ、乾燥。

唇は皮膚ではなく粘膜の一部のため、角質が薄く水分が不足しやすくなります。そのため、外気が乾燥している季節には唇も乾燥しやすくなるのだとか。

水分補給の回数が少ないことも原因のひとつのよう。汗をかきにくい時期でも、こまめに水分をとることが、唇の乾燥予防には大切なことなんです。

唇が乾燥しだすと気になってしまい、つい舐めたり触ってしまいがちですが、これもNG行為。
唇を舐めるとその一瞬は潤いを取り戻しますが、更に乾燥を進ませてしまいます。クセになっている人は気をつけましょうね。

また、唇が乾燥するからといってリップクリームや口紅、リップグロスを塗っている人も多いと思いますが、それが逆効果な場合もあるようです。
リップに含まれている成分が自分の唇に合わないと、逆に唇荒れを助長させてしまうんです。

「塗っても乾燥が治らないな……。悪化しているかも。」という場合には、塗るのを控えてみてくださいね。

【目指せ!艶リップ】ガサガサ唇の原因②栄養不足

唇も体の一部。
栄養が行き届いていないと、唇の状態も悪化してしまいがちです。

ファストフードやコンビニ弁当、スナック菓子ばかりを食べている人は、食の見直しが必要かも。
バランスの良い食生活は、ガサガサ唇の予防だけでなく、肌ツヤを整えたり健康にも美容にも大切な要素のひとつです。

特に、タンパク質やビタミンを中心に栄養を摂ることがおすすめ。
ビタミンB2は皮膚や粘膜を保護してくれるビタミンなので、積極的に摂るとガサガサ唇予防に効果が期待できるでしょう。

ビタミンB2はレバーや納豆、アーモンドや卵などに含まれていますよ。

【目指せ!艶リップ】ガサガサ唇の原因③扱い方

食事をしている時、メイクオフの時、唇をゴシゴシと拭いたり洗ったりしていませんか?

唇はとても繊細な部分です。手荒く扱うと、すぐに荒れてしまいます。
とはいえ、唇に食べ物が付着していたりメイクの落としそびれがあると、乾燥を増加させたり唇を荒れさせる原因になるため、汚れはしっかりと落とすことが鉄則です。

唇に触れるときは、優しく触れるように心がけましょう。

また、盲点になりがちなのが、寝る際の布団の摩擦。
掛け布団を唇の上まで引っ張って眠っている、なんてことはありませんか?

寝ている間に布団と唇が擦れあって、唇が荒れる原因になっているなんてことも。

これからの季節は、寒さも和らぐので、顔を布団に埋めて寝る習慣は控えましょう。

【目指せ!艶リップ】ガサガサ唇の改善策:日常ケアでツヤ唇に

今まで紹介してきたように、ガサガサ唇になってしまう理由は、いくつかあります。
デリケートな唇を綺麗に保つために大切なことは、内側からのケアと外側からのケア、両方が必要だということ。

栄養たっぷりの食事と十分な睡眠、唇を粗雑に扱わないように丁寧にケアしてあげること。そして、ストレスを溜め込まないことも重要なケアのひとつです。

ストレスを溜め込むと、胃腸が荒れやすくなり、唇荒れを引き起こす原因になる可能性もあるんだとか。
気持ちに余裕があると、食事や睡眠に気をつかったり、メイクオフや唇に触れるときも優しくケアすることが出来ますよね。

忙しい毎日の中でも、休息を大切にして日々丁寧に生活することが、ガサガサ唇を予防する方法でもあるかもしれませんね♡

いかがでしたか?
日常ケアでガサガサ唇をしっかり予防して、大好きな彼との接近戦にも困らないように準備しておきましょう♡