美容賢者がこぞって愛用♡ココナッツオイル美容の魅力って?

BEAUTY

海外セレブに愛用され、少し前から注目されているココナッツオイル!ご存じの方も多いかと思います。
身体にいいとされているココナッツオイル。何がそんなにいいのでしょうか???
これを読めば、ココナッツオイルの魅力がわかるハズ♡

ココナッツオイルは油(オイル)なのになぜ痩せる?それって本当??

ココナッツオイルの主成分は脂肪。

油脂の成分には、大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。
ココナッツオイルの植物性油脂には、珍しく前者の「飽和脂肪酸」が多く含まれており、その割合はなんと約9割を占めています。

さらに、「飽和脂肪酸」には2つの種類があり、「体に蓄積されるタイプ」と、「エネルギーとして燃焼されるタイプ」に分かれるんです。

ココナッツオイルは後者の「エネルギーとして燃焼されるタイプ」。
【中鎖脂肪酸】といい、脂肪をつきにくくしてくれるだけでなく、体についている脂肪を燃焼してくれるという効果があるんです!

油(オイル)なのに脂肪燃焼効果が高いなんて…!
ココナッツオイルなら揚げ物だって怖くないかもしれません♡

ココナッツオイルで便秘解消!絶好調の美肌へ♡

ココナッツオイルは脂肪だけでなく、体に蓄積された食品添加物などの「化合物」を除去してくれる働きも持っています。
「化合物」が除去されることによって、小腸が正常な動きを取戻し、便秘解消にもつながるんです!

そもそも便秘は、肌荒れにもつながるってご存じですか?
本来排出されるべき毒素や老廃物が、体内に残っていることで、肌荒れや吹き出ものの原因になるんです。

また、便秘を放っておくと大腸ポリープや大腸がんに発展する可能性も高いので、美容だけでなく健康のためにも!ココナッツオイルで便秘とおさらばしましょう!

ココナッツオイルは抗菌作用も持っている!?

ココナッツオイルに含まれている「ラウリン酸」は、ヘルペス、インフルエンザ、エプスタイン・バーウイルスなどの、ウィルス、黄色ブドウ球菌、アクネ菌など、様々な微生物に対して、抗菌作用をもたらすと言われています。

「ラウリン酸」は、ココナッツオイルに限らず、様々な食べ物に含まれていますが、その一例として、母乳が挙げられます。
母乳には7パーセントほどの「ラウリン酸」が含まれており、赤ちゃんの免疫力を高めるのに、とても重要な役割を果たしているんです。人そもそも体にとって必要な成分なんですね。

ココナッツオイルで免疫力をあげて、病院いらずな身体に♪

生活習慣病なんて怖くない!ココナッツオイルで "錆びない体" に♡

人は、体に酸素を摂り込んでエネルギーを作りますが、その活動過程で「活性酸素」を作り出してしまうことが多くあります。

「活性酸素」は細胞に損傷を与え、動脈硬化などを引き起こし、生活習慣病や老化を招くと言われています。病気の原因のほとんどに「活性酸素」が関係している、と言われるほど、悪影響を及ぼす悪者なんです。
これを除去してくれるのが「酵素」!

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸には、活性酸素を無害化する「酵素」を、活性化する、「抗酸化酵素」が含まれているんです。

美容にも健康にもよくない「活性酸素」をココナッツオイルでなかったことに!
カラダの中から綺麗にしてもらいましょう♡

ココナッツオイルの魅力が伝わったでしょうか?
ココナッツオイルには種類もたくさんあり、メーカーによっては中鎖脂肪酸の量が記載されているものもあるので、なるべく中鎖脂肪酸の量が多いものを選びましょう♡
ただし、ココナッツの香りづけがされているだけ、という"ニセ"ココナッツオイルもあるみたいなので、気を付けてお買いものしてくださいね。