接客されるの苦手!ショッピング中に店員さんから自然に逃げる方法

LIFESTYLE

店員さんもお仕事なので仕方ないけど、服を見ていたりすると、店員さんがやたらと話しかけて来て落ち着いて見れない!
ここではそんな店員さんからやんわり逃げる方法をまとめます。

楠原諒子
楠原諒子
2015.02.22

店員さんから自然に逃げる方法① なるべく立ち止まらずに商品を見る

例えば、洋服を見ている時。
「あっ、これ可愛い〜♡」なんて思って立ち止まると、すぐに店員さんが『これ新作で〜』とやって来ます。

私の場合、まったく立ち止まらないというのは無理なので、なるべくなるべく立ち止まる時間を短くするようにしています。
私は試着する派なので、立ち止まらずに見てあれとあれ着てみようかな〜と歩いて考えます。

店員さんから自然に逃げる方法② 決め台詞を決めておく〜服を見ている時〜

服を見ている時。
私も先日、なかなか抜け出せない店員さんがいて、他の商品を見せてくれたり、『これなんか流行ってます〜!』と流行ものを教えてくれたり。
そんなに時間が無い時に、立ち寄ったお店だと焦ったりしますよね。

そんな時のためにいくつか決め台詞を考えておくのも◎!

「他のお店も見てみます。」はそのお店を出たい時に。
「考えてみます。」ととりあえず、その場を終わらせる。
「なにかあったらまた声かけます。」など決め台詞はいくつかあると便利。

店員さんから自然に逃げる方法③ 決め台詞を決めておく〜試着〜

試着をする派の人は経験があるかと思いますが、ちょっとイメージが違うなと思って返そうとすると『似合うと思いますよ〜!』と押しに負けてしまいそうになったり、試着室から出る時ってちょっと憂鬱。

試着をした時は「サイズが合わなかった」など具体的に購入しない理由を言った方が早いです。
私は2サイズほど大体試着するので、サイズが合わなかったと伝えればそれ以上は何も言われません。

あと、試着した服を一度外に出て引きで見たい!というのもパンツなどの時はありますが、
一度外に出てしまうと店員さんが来るので、なるべく試着室で判断したいところ。

店員さんから自然に逃げる方法④ 最終手段!音楽を聞いちゃう!

もう最後は最終手段!音楽を聞いちゃいましょう!
私の経験上、音楽を聞いていると100%店員さんは近付いてきません。

私の好きなブランドのお店の方は話しかけてくれることが多く、ありがたいなと思う気持ちと、一人でゆっくり見たいなという気持ちがあります。

そんな時はイヤホンを耳に。
私の場合再生ボタンは押さず、ただ音楽を聞いてる風に。

店員さんの仕事をしている人に聞いても、音楽を聞いてる人は声をかけないで欲しいのかなと、察しているみたいです。
申し訳ない気持ちもありますが、どうしてもゆっくり見たい、人見知りなんて人は音楽を聞いてみて!

店員さんからやんわり逃げる方法でした!
店員さんもお仕事なので失礼は無いように、上手くその場をしのいでショッピングを楽しい時間に♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。