洋服を整理するコツ8選♪増え続ける服にストップをかける断捨離方法

LIFESTYLE

おしゃれさんにとっての最大のお悩みといえば、洋服の収納方法といっても過言ではありません。
「つい洋服が増えてしまう」「可愛いと思った服を買いたいけどしまうところがない」という経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、クローゼットの中をすっきり保つために、洋服を整理するコツをご紹介いたします。

衣替えはチャンス?コツを押さえてクローゼットの中の洋服の整理をしよう♪

頭を抱える女性

おしゃれ女子の悩みといえば、洋服が増え続けること!
安くて可愛い洋服がたくさんあることはもちろん、シーズンごとにトレンドも変わる現在はトレンドを意識したコーデをしっかり取り入れていきたいと思いますよね。

そのため、着ると思っていた衣類も「一年経てば着ていない」ということもあるのではないでしょうか。
その結果、いつの間にかクローゼットの中はパンパンに……。

そこで今回ご紹介するのが、クローゼットの中をすっきり保つために取り入れたい洋服を整理するコツです。
夏物や冬物などに衣替えするシーズンは、衣装ケースにしまっていく分、断捨離のチャンスだといわれています。

洋服を溜めすぎてごちゃごちゃした部屋にならないよう、ぜひ洋服を整理するコツや方法をチェックしてみてくださいね。

洋服はどのくらい残すのがベスト?整理するコツは記憶できるかがカギ!

衣類と女性

クローゼットの中の洋服を整理していく前に、まずはどのくらい残せばいいのかチェックしておきましょう。

どんなことでも「○○過ぎ」は良くないものです。
洋服に関しては「買いすぎ」が最もやってはいけないことであり、自分の中で気をつけておかなければならないこと!

日本は四季があり、トレンドファッションもころころ変わっていきます。
しかし収納スペースは有限です。
どんなに買い足していても、自分が記憶できる程度の服しか買わないことを意識してみましょう。
記憶から消えてしまった衣類たちは、それだけ印象が薄いので結局着なくなってしまうものです。

記憶がカギになりそうですが、具体的に残しておく洋服は30点までがベストだといわれています。
1シーズンに対し、トップス+ボトムス+ワンピースを合わせて30点です。

30点で大丈夫なのか不安になる女性も多いかと思いますが、お気に入りの洋服は何度でも着たくなりますよね。
また、あるものだけでコーデの組み方や着こなし方を考えることができれば、着回し力を身につけることもできます。
あくまでも目安なので、整理するコツとして参考にしてみてくださいね。

クローゼットの中の洋服をキレイに整理するコツ①まずはクローゼットの点検から始める

洋服を選ぶ女性

洋服の整理を早速始めてみましょう!
まずはキレイにするコツとして欠かせない、クローゼットの中の点検作業から始めます。

実際にクローゼットの中はどうなっていますか?
洋服がいっぱいになって、ぎゅうぎゅうになっていませんか?
さらに、毎日着たい服がなく、洋服選びに時間がかかっているのであれば、それは現在着たい服や着られる服がないというサインです。

痩せたら着ようとしている洋服、自分には似合わないけどデザインが気に入っている洋服など、さまざまあるかと思いますが、それでは一向に洋服を整理することができません。

部屋やクローゼットがすっきりしない1番の原因は「過去と未来にとらわれていること」です。
「過去」の思い出として残しているものや、「未来」でいつか使うかもしれないものなど思い当たる点もあるのではないでしょうか。

「過去」のものは記録や記憶に残して衣類のような現物は断捨離!
「未来」のものは必要なときにまた揃えればいいので断捨離!
このように「今」のことだけを考えて割り切れれば、収納スペースに溢れる服は無くなり、すっきり整理されたクローゼットになりますよ。

クローゼットの中の洋服をキレイに整理するコツ②洋服の状態に合わせて分けていく

スカートを合わせる女性

点検を終えたところで、今度は実際に必要な洋服と捨てる洋服を分けていきます。
トップス+ボトムス+ワンピースを合わせて30点を目安に、本当にお気に入りの洋服や現在のトレンドを押さえた洋服、自分に似合う洋服を厳選して残していきましょう。

「あれもこれも必要」となってしまうのであれば、手放せないのには何か理由があると思うので、自分の気持ちを整理しながらどのように手放すのか考えるのがコツです。

《洋服の状態に合わせて断捨離する4つの方法》
・タグ付き、高かった、新品同様であれば売る
・キレイな状態のものであれば寄付する
・お気に入りだけど着ないのであれば新しいものにリメイクする
・早くすっきりしたい場合や着れる状態でないものは捨てる

衣類は4つの方法で断捨離することができます。
売る場合はお金儲けを考えず、楽しんでフリマアプリなどを活用するのがおすすめです。

また、衣類を必要としている人もいるので、キレイな状態であればそこへ送るのも◎
他の人が大切に着てくれると思えば、幸せな気持ちになりますよ。

クローゼットの中の洋服をキレイに整理するコツ③部屋着に回すはタブー!

飲み物を飲む女性の足元

外で着なくなったよれよれの服をまだ着れるからといって部屋着にまわしていませんか?
それなのに、かわいい部屋着を見つけるとついつい買ってしまうという女性も少なくないでしょう。

しかし、それでは洋服も増えてゆくばかり!
収納場所がなくなってしまいますよね。
もったいない精神を持っていることはとても大事なことですが、洋服に関して度が過ぎるのは気を付けた方がいいかもしれません。

先ほどお話しした「洋服の状態に合わせて断捨離する4つの方法」を整理するコツとして参考に、外で着れなくなった洋服は1つの区切りとして、リメイクしたり捨てたりしていきましょう。
せっかくのタイミングですから、見逃さないで♡

クローゼットの中の洋服をキレイに整理するコツ④入れ物を増やさない

収納ボックス

洋服を整理するコツとして、入れ物を増やさないことも一つの方法です。
安易に衣装ケースや家具を増やしてしまうと、どうしても「まだ入るじゃん!」と洋服が増えてしまうもの……。

また、入れ物が増えれば、それだけクローゼットの中やお部屋全体が圧迫されるので、窮屈に見えてしまう可能性があります。
広い部屋も狭く感じてしまうので、注意しましょう。

今ある収納家具に入る範囲内で、収納方法を考えてみたり、おしゃれを楽しむ工夫をしたりすることも大切ですよ。
自分の収納術で部屋がすっきりすれば、気持ちもすっきりしてきます。

クローゼットの中の洋服をキレイに整理するコツ⑤衝動買い後のタグは切らない

ハサミを持つ手

一目惚れした洋服はもちろん、とくにほしかったわけでもない洋服を買ってしまったなど、誰にでも衝動買いをしてしまった経験はありますよね。

一目惚れした洋服であれば着ると思いますが、思わず買ってしまった洋服であれば「買って満足」という女性もいるでしょう。
また、大量に洋服を買ってきてしまったときもすぐに着ない洋服はそのままクローゼットに保管しているのではないでしょうか。

今すぐに着ない洋服であれば、タグを切らない状態で収納しておくのがコツですよ。
タグが付いていることで、少しでも高く売れる可能性があります。

半年経っても一向に着る気配がないようであれば、今後も着ない可能性が大!
ですので、整理するために思い切って売ることを考えてみてください。
トレンドのものであれば、早めに売らないと値が下がってしまいますよ。

クローゼットの中の洋服をキレイに整理するコツ⑥衣類の循環を常に心がける

顔を出す女性

整理されたクローゼット、旬のクローゼットを維持するコツとして覚えておきたいのが、衣類の循環を大切にすることです。

衣替えなどで一度は断捨離できたとしても、すぐに次のシーズンで増えてしまうのが洋服というもの!
油断しているとすぐに増えてしまうので、キレイな状態をキープできてこそ本当に整理されているといえます。

ですので、新しいコートを購入するのであれば、家にある古いコートを譲ったり捨てたりするようにしてみましょう。
一つのアイテムを買ったら、家にあるアイテムを一つ捨てるようにすれば、洋服の量は一定に保たれますよね。

同じアイテムのものを循環させることをポイントに、購入するときも家に処分するものがあるか思い出しながら手に取るといいですよ。

クローゼットの中の洋服をキレイに整理するコツ⑦衣類はグループに分けてしまう

クローゼットの中

必要な洋服が厳選できたら、実際にキレイに収納していくコツも見てみましょう。

一番は「衣類はグループごとに分けてしまうこと」です。
洋服の量が減っても、ごちゃごちゃしたまま収納されていては整理していないように見えてしまいますよね。

また、どこに何が入っているのか分からなくなってしまうことも……。

最初にクローゼットの洋服をTシャツ、ブラウス、スカート、パンツのようにグループ分けしましょう。
そして、どこに何を入れるか場所を割り当てて収納していきます。
どこに何が入っているか分かるようにグループの名前を書いたテープを貼ってもいいですし、グループごとに色で分けるのもおすすめです。

このように洋服も小物類もクローゼットの中できちんと決めて分け、取り出したら同じ場所に戻すことを習慣付けてみてくださいね。
見た目もキレイになりますし、探す手間やストレスから解放されますよ。

クローゼットの中の洋服をキレイに整理するコツ⑧使うハンガーは制限しておく

ハンガーを持つ女性

クローゼットの中でハンガーに洋服をかけて収納しているのであれば、使うハンガーの本数を制限しておくこともキレイに整理するコツです。

ぎゅうぎゅうになって洋服が保管されていると、取り出すのも一苦労ですし、見た目もすっきりしません。
ですので、クローゼットの幅によって変わってきますが、トップスなら10本、スカートなら7本、ワンピースなら10本、コートなら3本というように自分の中で本数を決めておくこといいですよ。

また、アイテムに合わせてハンガーの種類を変えることで見た目の統一感もアップし、きちんと整理されたクローゼットにすることができます。

洋服を整理するコツをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
クローゼットの中がすっきりするだけで、部屋もキレイに見えますし、気持ちも晴れやかになります。
衣替えは現在持っている洋服を見直し、断捨離をするチャンスにもなるので、ちょっとしたときに行うのが面倒であれば衣替えの時期を活用して衣類を整理してみてくださいね。