ダイエットの新習慣「337ルール」とは

BEAUTY

上質な睡眠がとれていればそれだけで痩せることは可能なんです。
でも現代人はなかなかうまく睡眠ができない人が多いんだとか。
そんな人たちのための新常識『337ルール』をご紹介✩

\睡眠は300kcal消費するって知ってた?/

人間の体は、正しく睡眠をとることで毎日約300kcalも消費してくれます。
300kcalはウォーキング60分、ランニング30分に匹敵します。

みんな常に眠い眠いと言っていますよね?
ダイエットのために運動する時間もないと言っていますよね?

だったら寝ましょう◎
寝ることで美肌になれるし、集中力も上がるし、なにより痩せられるのです♡

「337ルール」の美容習慣①深夜3時までには就寝

「337ルール」の美容習慣1つ目は、深夜3時までに就寝すること。

本来ゴールデンタイム(成長ホルモンが分泌される時間帯)と呼ばれるのは、22時~2時の間。
その時間帯に睡眠状態になっていると、成長ホルモンの分泌がスムーズに行われ、肌のターンオーバーや疲れを癒してくれます。

しかし22時に就寝なんて、バイトや残業をしていたら絶対にできませんよね。
ゴールデンタイムが終わりがけの頃に、ようやくベッドインなんて人も多いはず。

ならば最低でも3時までには寝ましょう◎
深夜3時は人間の体内時計の3つ(概日リズム・半概日リズム・超日リズム)が重なる時間なのです!

「337ルール」の美容習慣②成長ホルモン分泌は就寝後3時間

「337ルール」の美容習慣2つ目は、成長ホルモンが出る3時間後までぐっすり眠ること。

成長ホルモンが分泌されやすい時間帯は22時から4時間ですが、人間のからだのつくりでは、就寝後3時間経つと成長ホルモンが分泌されます。

要するに、深夜3時に寝たとしても、3時間後には成長ホルモンがたくさん分泌されるのです!
成長ホルモンは、痩せるためのホルモンでもあります。
この3時間でぐーっすり眠ることがダイエットの近道です☆

「377ルール」の美容習慣③7時間睡眠が目標!

「337ルール」の美容習慣3つ目は、7時間睡眠をすること。

毎日の平均睡眠時間が短ければ短いほど、肥満率は高くなってきます。
4時間の人は、睡眠時間が7時間の人に比べて、73%ほど肥満率が高く、5時間の人は52%高いという研究結果も…。

最も良いとされているのは7時間睡眠で、いちばん肥満になりにくい睡眠時間と言われています。
肥満になるだけではなく、あらゆる病気を予防する効果もあるので、将来のことも考えて、たっぷり睡眠したいですね。

337ルールをご紹介しました♪
一日の睡眠で300kcalも消費されるのなら、軽い夕食は完璧に消費されるわけですから寝ないわけにはいきませんよね!
お肌もキレイになるしいいことだらけ♡