お気に入りの服を長持ちさせるコツ♪知っておきたい5つの洗濯表記

2016年12月から一新された洗濯表記。
洋服のタグについている表示は、お気に入りの洋服を長持ちさせるために洗濯方法を教えてくれる大切な表示です。
知らないと、お気に入りの一着を台無しにしてしまうこともある洗濯の仕方。
正しい洗濯表記を知って、洋服を大切にキープしましょう♡

洗濯表記が大切な理由とは?

www.caa.go.jp

ウールやシルク・コットン・ポリエステルなど、洋服に使われている素材はいろいろあります。
実は、この素材に合った洗濯をしないと、大切な洋服が台無しになってしまうんです。

例えばウールは、水に濡れると繊維が開いて、摩擦によってフェルト化してしまいます。
そのため、他の洋服と同じように洗濯機で洗うと縮んでしまうのです。

きちんと洗い方を守らないと、色落ちや黄ばみ、縮みなどの原因になってしまうからこそ、洗濯表記をきちんとチェックして守ることが大切なんですよ!

知っておきたい洗濯表記①桶マーク

www.caa.go.jp

まず最初に覚えておきたい洗濯表記は、洗濯機洗いの可否や適した水温を教えてくれる、桶マーク。

桶の下に入っている線は、弱く洗った方がいいことを示しています。
また、桶の中に書いてある数字は、水温何度までOKかを表す表示です。

例えば「桶マーク・線なし・数字40」の場合には、水温40度以下で洗濯機洗いがOKということです。

桶マークにバツ印がついているものは、洗濯機洗いはNG。
また、手のマークが桶に描いてあるものは、手洗いが推奨されています。

知っておきたい洗濯表記②アイロンマーク

www.caa.go.jp

シワのついた洋服は、だらしなく見えてしまうものだからこそ、アイロンは欠かせないアイテムです。
しかし、洋服によってはアイロンがNGな場合も……。

そんなときに参考にしたいのが洗濯表記のアイロンマーク!アイロンマークにバツ印がついたものは、アイロンNGなんです。

アイロンの中に点がついている場合には、次のような温度設定が推奨されています。
「…」高温200℃まで
「‥」中温150℃まで
「・」低音110℃まで(スチームNG)

知っておきたい洗濯表記③三角マーク

www.caa.go.jp

食べこぼしのシミや黄ばみなどをすっきり落としたいときに使う漂白剤は、繊維にダメージを与えてしまうこともあるからこそ、洗濯表記をきちんと守るのが鉄則!

洋服ごとに適した漂白剤を教えてくれるのが、三角形のマークです。

線やバツが入っていないノーマルな三角形のマークの場合には、塩素系・酵素系どちらの漂白剤もOK。
斜めに二本線が入っている三角形のマークの洋服は、塩素系の漂白がNGというマークです。

また、三角形のマークにバツ印が入ったものは、漂白剤すべての使用がNGです。

知っておきたい洗濯表記④タンブル乾燥マーク

www.caa.go.jp

ドラム式洗濯機の多くに搭載されているタンブル乾燥機能は、洋服に熱を加えて回転させながら乾燥させる方法です。

型崩れしやすい洋服や縮みやすい洋服、ボタンやビーズがついた洋服など、タンブル乾燥が向いていない洋服は多いもの。
洗濯表記では、四角に丸の表示で、タンブル乾燥の可否を教えてくれています。

バツ印がついたものは当然タンブル乾燥は禁止。
「‥」マークが入ったものは、タンブル乾燥OK。
「・」マークが入ったものは、低温のタンブル乾燥が推奨されています。

知っておきたい洗濯表記⑤干し方マーク

www.caa.go.jp

洋服の中には直射日光がダメだったり、ハンガーで吊りぼしをすると形が崩れてしまったりするものも少なくありません。

それぞれの干し方を教えてくれるのが、四角に縦や横のラインが入ったマークです。

線の向きは、洗濯物を干す時の向きを教えてくれるもの。
例えば縦ラインなら、吊り干しOK。横ラインは、吊り干しはできないので、平干しをしましょうというマークです。

左上に斜めのラインが入っているときには、直射日光の当たらない、日陰干しがいいことを示しています。
洋服を洗う際に知っておきたい洗濯表記。知らないうちに新しいマークになっていて、新表示を知らなかった人も多いのではないでしょうか?
ホームクリーニングをしっかり行えば、大切な洋服も長持ち♡
きちんと洗濯表記をチェックしておきましょう!

【関連記事】春からの一人暮らしもコレでばっちり♡やっておきたい防犯対策リスト

女性の一人暮らしだと、何かと物騒な話題もあり、不安になることもありますよね。春から一人...

洗濯表記

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる