「ついついお菓子を口に…」を卒業!空腹時の間食を防ぐ4つの方法

BEAUTY

空腹でどうしようもないとき、ついついお菓子に手が伸びて口に運んでいませんか? 
そのちょっとの間食が積み重なると、憧れのスレンダーボディからは遠ざかってしまいます。
空腹時の食べたい欲求に打ち勝つ、4つの方法をお教えします! 

<間食防止法①>「グレープフルーツを食べる・香りをかぐ」

出典:nature-guidance.com

フルーツはダイエット時のお供にピッタリ! といわれていますが、中でも特にイチオシがグレープフルーツです。

実は、グレープフルーツの苦み成分が食欲を抑えてくれる効果を発揮してくれるので、空腹を紛らわしてくれるのです! 

そのまま食べても良いし、酸っぱくて食べづらいという方はヨーグルトと一緒に食べたり、ミキサーにかけて召し上がるのがオススメです。

さらに、グレープフルーツには香りにもダイエット効果が! 
なんと、香りをかぐだけで脂肪燃焼効果を発揮してくれるのです。

グレープフルーツの香りの香水を1つ常備しておくと良いかも◎

<間食防止法②>「歯磨きをする」

虫歯や歯周病予防の為に、私たちが毎日行う歯磨き。
実は、歯磨きには食欲を抑える効果があるということをご存知でしたか? 

私たちが歯磨きを行うのは、食事をした後ですよね。
この習慣のおかげで、「歯磨きは食事終了の合図」という風に脳が察知して、食欲が抑えられるのです。

また、口の中が爽快感で満たされるため、改めて何かを食べようという気持ちが抑制でき、間食防止につながるのです! 

歯磨き粉は、メンソール、ミント系のスッキリとした爽快感が得られるものが特にオススメです♪

<間食防止法③>「その場ダッシュ」

そもそも空腹が起こる原因は、血糖値の低下です。

そこで、血糖値を上げるために一番てっとり早くて簡単な方法が「その場ダッシュ」です。
方法は、名前の通り、その場で約10秒間ダッシュするだけのいたってシンプルな方法♪ 

これだけで体内の血糖値が上がって、さっきまで感じていた空腹が軽減されるんだとか。

なんとTV番組の”ためしてガッテン”でも試され、研究結果も出ているほど。
1度は試してみる価値ありです。

<間食防止法④>「耳たぶを引っ張る」

耳は、身体の中でも特に小さなパーツ。
しかし、なんと約110ほどのたくさんのツボが、この耳ひとつにあるということをご存知ですか? 

もちろん、そのツボの中には”食欲を抑えるツボ”も含まれています。

だから空腹を感じたときは、耳たぶを引っ張ったり、揉んだりしてみてください。
刺激が耳から全身に行き渡り、空腹を和らげる効果を実感できるはず! 

さらに最近では、一見ピアスのように見える耳つぼジュエリーも流行っています。
オシャレで可愛い上にダイエットにも効くなんて、一石二鳥ですね♡

「食べたい!」という人間の本能からくる欲求は、なかなか堪え難いもの。
でも、上記にあげたものに頼れば、きっとその欲求を和らげることができるはずです。
どの方法が効果的かは人それぞれですので、自分にあった間食防止法を見つけてみてくださいね。