食べ過ぎをリセット!翌日にリカバーするダイエット方法おすすめ紹介

BEAUTY

打ち上げや同窓会、ランチの食べ放題でついつい食べ過ぎちゃった……。そんな日の次の日はどうしたらいいの!?
実は簡単!胃を休めてあげることやカロリー摂取を気を付けることで、身体の循環をもとに戻してあげることができます♪

食べすぎをリセットする翌日の過ごし方① 朝ごはんはさっぱりしたものを

次の日の朝は、基本さっぱりヘルシーなものを口にしましょう。

おすすめはヨーグルトやゼリー。飲むヨーグルトなどでもOKです。何も口にしないというのは禁物です。お腹が空いていなかったら水だけでもいいので飲みましょう。

朝、何か口にしないと体が目覚めません。食べ物を何かしら口にすると、腸への刺激になってお通じも良くなるんですよ♪

前日に食べすぎたからといって何も口にしないことが良いわけではないのです。

食べ過ぎをリセットする翌日の過ごし方② こまめに水を摂取する

食べ過ぎた日の翌日に、水分を摂取することはとっても大事!食べ過ぎで身体の中の塩分が濃い状態の可能性大です。

水分をこまめに摂ることによって、食べすぎる前の体の状態にリセットすることができます。ここで重要なポイントなのは、甘い清涼飲料水を控えること。水かお茶がおすすめです。

清涼飲料水は糖分が当然含まれているので、飲んでも飲んでも喉が渇いてしまいます。身体によくないので避けましょうね。

食べ過ぎをリセットする翌日の過ごし方③ お昼・夕飯を抜かない

お腹が空いてなくても、「何かを必ず口にする」ということは忘れずに。これは朝・昼・晩すべてに共通です。お腹が空いていなくても、飲み物だけは飲みましょう♪

逆に、お腹が空いているからといって食べすぎは要注意です。
ここでまた食べ過ぎてしまうと、身体をリセットすることができなくなってしまいます。

脂っこいものやこってりしたものは控えて、ヘルシーな食べ物や和食などがオススメです♪

食べ過ぎをリセットする翌日の過ごし方④ とにかく動く

家から一歩も出ないでごろごろするというのは、この日はやめておきましょう。

前日に食べすぎたからこそ、次の日はアクティブに!たくさん動くことで食欲がなかった人は、食欲が戻ってきます♪

例えばショッピングに出かけてみてはいかがでしょうか?ちょっと外出するだけでも結構運動になるんですよ♡

家にこもるのはやめて、意識的に動くようにしましょう!

食べ過ぎたらまずは「身体のリセット」!簡単なことをやるだけで、食べ過ぎる前のリズムに直すことができます♡
水を飲んで循環を良くし、ヘルシーなものを食べて胃を休ませてあげましょう♪