かろうじて二重だけど……奥二重からぱっちり二重にする方法

かろうじて二重だけど……奥二重からぱっちり二重にする方法

BEAUTY

ぱっちりとした目に、なんとなくでも憧れを抱いている方は少なくないのではないでしょうか?
とはいえ、目をぱっちりとさせる方法なんてよくわからないし、どうすれば良いのかわからないですよね……。
整形やアイプチなど、メジャーな方法もありますが、他にもマッサージなどの方法もあるんだとか♪
今回、ぱっちり二重になりたい方へおすすめの情報を、いくつかご紹介します♡

奥二重ではあるけれど、ぱっちり二重に憧れる……

「目は口ほどにものを言う」という言葉があるくらい、目はその人の印象を左右するもの。
一重であっても、二重であっても、優しい目の人や強そうな目の人など、様々な目を持った方がいますよね♪

しかし、ぱっちり二重は目がくりくりしていて、女性らしいイメージがあるために、ぱっちり二重に憧れを持つ方が少なくないようです。

特に奥二重である方は、二重だとは言っても、ぱっと見だと一重に見えますし、眠たそうに見られてしまうこともあり、なんだか損している気分になるという方も……!

また、メイクをした際に、せっかく付けたアイシャドーが隠れてしまったり、アイラインを引くと一重のように見えてしまったりと、メイクをするうえでの悩みも絶えないようです。

ぱっちり二重になれるものなら、なってみたいですよね♪
奥二重を二重にできるかもしれない方法や注意点を、詳しくご紹介します。

奥二重になる原因

奥二重になる原因としては、遺伝で生まれつき奥二重であるということが多いようです。

まず、上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉が、まぶたを引っ張ることによって、まぶたを開くことができます。
そしてこの上眼瞼挙筋は、複数に枝分かれをして、それぞれがまぶたの様々な部分にくっついています。
くっついている場所の違いによって、一重となるか、二重となるか、奥二重となるかが異なってくるのだそう。

二重まぶたの方は、上眼瞼挙筋がまぶたの縁より上側の部分にくっついていて、まぶたを開いた時に、そのくっついている部分が内側に折り込まれ、二重まぶたとなるのです。

奥二重は二重の一種ですが、二重の皮膚の幅がとても狭く、外側のまぶたの皮膚が折り込まれています。それが内側のまぶたの皮膚を覆っていて、二重のラインが見えない状態なのです。
目尻の方だけ、二重のラインが見えている場合もあります。

一重まぶたの方は、上眼瞼挙筋がまぶたの縁より上側にくっついていないか、くっついていても、くっつき方が弱いので、まぶたが折り込まれにくく、一重まぶたとなります。

また、本来は二重まぶたになる構造となっていても、まぶたのむくみや脂肪が多い場合は、皮膚が折り込まれにくくなるので、一重や奥二重となってしまうことがあるようです。
筋力不足の場合も、脂肪や皮膚を支える力が弱いために、まぶたが垂れてきて、二重ではなくなってしまうことがあるんだとか。

このように、奥二重となる原因は1つではないので、奥二重を二重にしたい場合、自分の奥二重は何が原因なのか?を考える必要がありますね。

奥二重を二重にする方法①アイプチ、アイテープ

引用:www.amazon.co.jp

一時的にぱっちり二重になる方法として、アイプチやアイテープを使用する方法があります。

一重や奥二重の方が手軽に二重になれるため、使用している方が少なくないよう。

アイプチの使用方法や使用する際の注意点を、以下で詳しくご紹介します。

①まぶたの皮脂や汚れを、コットンなどでしっかりと拭き取る。
②プッシャーをまぶたに軽く押し当てて、二重のラインを作る場所を決める。
③半目にして、先ほど決めた二重のラインを中心に、アイプチを半月状に、薄くムラなく塗っていきます。
④アイプチが乾くまで、そのまま半目の状態で待つ。
⑤乾いたら、プッシャーをラインの中央あたりに軽く押し当てて目を開き、プッシャーをゆっくりと外す。
⑥目頭と目尻の方にもプッシャーを押し当てて、二重のラインを整えながら作っていく。

二重の幅を広くしすぎると、不自然になってしまうので注意が必要です。
自然な幅といわれている5〜7mmくらいがおすすめですよ。

お次は、アイテープの使用方法や注意点をご紹介します。

アイテープには、両面接着タイプと片面接着タイプ、またファイバータイプなどがあります。
両面接着タイプはくっきりとしたラインを作りやすく、片面接着タイプは幅の広い二重を作りやすいようです♪

<両面・片面接着タイプの使い方>
①まぶたの皮脂や汚れを、コットンなどでしっかりと拭き取る。
②プッシャーを軽く押し当て、二重のラインを作る場所を決める。
③半目にして、先ほど決めた二重のラインの下にテープを貼る。
④ラインの真ん中あたりにプッシャーを押し当てながら目を開け、テープ周辺の皮膚をくっつける。
⑤目頭と目尻のラインも、プッシャーで整えていく。

アイテープの長さが長すぎるとテープが見えてしまうので、必要に応じて自分の目の大きさに合わせて、テープをカットしてから貼りましょう♪

ファイバータイプは、まぶたの皮膚にファイバーテープを食い込ませることによって、二重のラインを作るものです。
また、テープよりも細いため、より自然な二重を作りやすいんだとか♪

<ファイバータイプの使い方>
①まぶたの皮脂や汚れを、コットンなどでしっかりと拭き取る。
②まぶたに軽くプッシャーを押し当てて、二重のラインを作る場所を決める。
③ファイバーテープを左右に伸ばしながらピンと張り、先ほど決めたラインに強く押し当て、ファイバーテープをまぶたに食い込ませる。
④まぶたから飛び出たファイバーテープをカットする。
⑤目頭や目尻の浮いた部分を、プッシャーや指で軽く押し当てて、ラインを整える。

ファイバーテープをカットする時に、まぶたの皮膚を切ってしまわないように気を付けましょう!

アイプチやアイテープを使用する前には、まぶたの皮脂や汚れをしっかりと落とすことが大切です。
汚れが残った状態のまぶたに使用してしまうと、接着力が弱まってしまいやすく、ラインが崩れる原因にもなり得ます。

また、これらのものは接着材を使用しています。この接着成分が皮膚に刺激を与えることもあり、炎症を起こしてしまう恐れがあります。
もし炎症を起こしてしまった際には、ただちに使用を中止するようにしましょう!

使用した後に、アイクリームなどでしっかりと保湿をすることで、皮膚が炎症するリスクを低くすることができるかもしれませんよ♪

奥二重を二重にする方法②メイクで見せる

アイプチやアイテープなどの道具を使用せずに、ぱっと見だと二重に見えるメイクの方法もあるようです♪

①二重のラインを描く場所を決める。
②ラインを描く場所を中心として、中心に近づくにつれて濃く、上下に向かって薄くなっていくように、ブラウンのアイシャドウを塗っていく。
③先ほど決めた場所にアイライナーでラインを引く。

アイシャドウは、濃いブラウンと薄いブラウンを使用すると良いです♪
アイライナーは、ペンシルタイプでもリキットタイプでも大丈夫ですが、色はブラウンのものを使用すると、自然に見えやすく良いようですよ♡

奥二重を二重にする方法③マッサージ

目の周辺のマッサージを行うと、まぶたのむくみを取り除く効果に期待できます。

本来は二重の人が、まぶたのむくみなどによって、奥二重や一重になってしまっている場合に、マッサージを行うことで、ぱっちり二重になれることがあるんだとか♪

ここでは、目の周辺のリンパマッサージのやり方をご紹介します!

①人差し指と中指の腹で、目頭から目尻、目尻から耳の前のあたりの順で、リンパを流すように、優しくなでてマッサージしていく。
②これを5回繰り返す。

力を強くしすぎたり、あまり何度もやってしまったりすると、皮膚が炎症し皮膚が分厚くなってしまう恐れがあるので、朝と晩など1日2回程度にとどめるようにしましょう。

奥二重を二重にする方法④筋力トレーニング

目の周辺の筋力トレーニングを行うことで、まぶたの脂肪の代謝がよくなったり、むくみが取れるたりすることがあります。
まぶたの皮膚や脂肪を支える力が強くなることも考えられるのです!

それによって、まぶたがぱっちり二重になる方もいるんだとか♪
具体的には、まぶたを開く筋肉である“眼瞼挙筋(がんけんきょきん)”と、まぶたを閉じる筋肉である“眼輪筋(がんりんきん)”の両方を鍛えると良いよう。

以下で筋力トレーニングの方法を2つご紹介します!

<筋力トレーニングその1>
①目をぎゅーっと閉じて、5秒キープ。
②今度は反対に目を見開いて、5秒キープ。この時、眉毛を上げないように注意する。

<筋力トレーニングその2>
①目を開いたまま、頭は動かさずに眼球だけを時計回りに5~10回程度回す。
②次は反時計回りに、5~10回程度回す。

就寝前に行うと、睡眠中に目を休めることができるので、おすすめ♪
また、やりすぎたあまり、疲れると良くないので、無理はしないようにしましょう!

奥二重を二重にする方法⑤寝るとき専用の二重まぶた化粧品を使う

引用:www.amazon.co.jp

タレントさん達が愛用していることで有名になった、ミセルDラインジェルなどの、寝る時に付けるまぶた専用美容液があります。

まぶたの引き締め成分やスリミング成分が入っている美容液で、就寝前に塗るだけなのでとっても手軽ですよね♪
美容液なので、肌にダメージを与える心配も少ないです♡

肌が強い方は、就寝時にアイテープやアイプチをして、その上からまぶた専用の美容液を塗り、二重のラインを癖付ける方も少なくないよう。
気になる方は試しに使用してみるのも良いかもしれませんね♪

ミセルDライン[ジェル9g+のり4ml,リムーバー4ml]

¥5,800

販売サイトをチェック

奥二重を二重にする方法⑥目元を温めてケアする

就寝前などに、目元を温めてケアすると良いよう。
血行を良くすることでむくみが取れたり、脂肪が燃焼しやすくなったりするので、マッサージの前に目元を温めることもおすすめです。

熱くない程度のお湯にタオルを浸けて絞り、ベッドに横になって目元に当ててゆっくりしましょう♡
もしくは、目元を温めるための専用の商品が、ドラッグストアなどで売られているので、それを使用するのも良いですね。

目元を温めると、リラックス効果も得られるので、質の良い睡眠になる可能性も!

タオルを浸すお湯に、アロマオイルを垂らしても良いでしょう♪

奥二重を二重にする方法⑦エステサロンでむくみをとる

自分で色々なことをやるのに不安がある方は、プロの手に任せるのもありですよね♪

エステサロンによっては、顔全体やまぶたのむくみや脂肪を取り除くためのマッサージなどを行っているサロンがあります。
気になる方は、インターネットなどでお近くのサロンを検索してみてくださいね。

サロンによって方法が異なるので、しっかりとカウンセリングを行い、自分に合った、安心して通えるサロンを選ぶようにしましょう♪

奥二重を二重にする方法⑧美容クリニックへ相談する

自力でやるのに限界を感じた方や根本的に奥二重を治したい!という方は、医療の手を借りるのも1つの手です。

二重の整形方法は、個々のまぶたの状態によって多少異なってくるようなので、しっかりとカウンセリングをしてもらいましょう!

以下の美容クリニックなどで、奥二重のお悩みに対応してもらえるようです。

◆湘南美容外科クリニック

◆高須クリニック

整形手術にはそれぞれリスクがあるので、安心して任せられる美容クリニックへ通うようにしてくださいね!

奥二重の悩み解決に期待できる方法をご紹介しました!
マッサージや筋トレなどには即効性はなく、根気よく続けることが重要です。
憧れのぱっちり二重を手に入れることができれば、自信が持てるようになるかもしれません♪
自信を手に入れて、素敵な女性になりましょう♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。