ひと夏の恋にしない!距離を縮めるLINEテク

LOVE

夏のイベントで出会った人や気になった人。夏は異性との出会いが多いですよね。
そんな夏の恋を、ひと夏の恋で終わらせないような、LINEで相手との距離を縮めるテクを教えます。
これで夏が終わっても相手との距離は離れません!

ひと夏の恋にしない!距離を縮めるLINEテク①たわいない内容がGOOD

夏の恋を終わらせなLINEテク1つ目は、『たわいもない話題で盛り上がれるようになる』こと。

最初は出会った時の話題で盛り上がったとしても、そのうち話すことがなくなってしまいますよね。
そこでダラダラとLINEを続けたとしても、相手にはめんどくさいやつだと思われてしまいます。
気づいたらLINEが返ってこない、なんてことも……!

日常のあるあるなど、誰でも共感できるような内容だと返信する気も起きて、自然とLINEも続きます。
そうすれば、その中で共通の話題も見つかってさらに会話が盛り上がりますよ♡

ひと夏の恋にしない!距離を縮めるLINEテク②返信スピードで相手の心を操って

夏の恋を終わらせないLINEテクの2つ目は、『返信スピードで相手の心を操る』こと。

よく、気になる人への返信はすぐにしてはいけないといいますが、時間帯によっては間違っているんです。

相手の予定が分からない中でLINEをするのですから、朝やお昼の活動時間はたいていの人が忙しいですよね。
この時間帯は内容によって1回返す程度にして、時間を置くようにしましょう。
逆に、夜から深夜は即レスOKです♪

夜に返信が返ってくるということは、仕事や用事が終わって自分の時間があるという合図です☆
フリーな時間はすぐに返信が返ってきても、鬱陶しがられず、むしろ時間を共有している気がして、相手も楽しくなってくるものです♡

ひと夏の恋にしない!距離を縮めるLINEテク③イベントの後は必ずLINEを

夏の恋を終わらせない、LINEテク3つ目は、『気になる人とのイベント後は必ずその日のうちにLINEをする』こと。

その日のうちなら、相手の中にも余韻があるので返信が返ってきやすいんです!
そこからまたLINEを続けることができるので、イベントが終わっても相手の関心はあなたに向けることができますよ♡

イベントのときに率先して写真を撮っておくのもおすすめです☆
もちろんツーショットではなくても、自分のスマホで写真を撮っておくんです。
そうすれば、「後で写真送るね」と、LINEをする口実が作れちゃいます♪

ひと夏の恋にしない!距離を縮めるLINEテク④何気ないフレーズでドキドキ

夏の恋を終わらせないLINEのテク4つ目は、『何気ないフレーズでドキドキさせる』こと。

たわいもない内容でLINEをしているときに、あるフレーズで相手はあなたのことを女として気になり始めるタイミングがあります♡

基本的なことですがまずは「おはよう」や「おやすみ」などのあいさつです。
一日のはじめに自分のLINEに返信してくれている、寝る直前までやりとりしてくれている、たったこれだけで距離感を縮めることができます♪

また、これからお風呂など相手の妄想をかき立てるようなフレーズはあなたを恋愛対象としてみさせるのに効果的ですよ!

夏の恋を終わらせない、LINEテク、いかがでしたか?
LINEを返信するタイミングやフレーズひとつで相手はあなたのことが気になって仕方なくなります。
相手の心をLINEで操って、あなたに惚れさせちゃいましょう♡