医療脱毛の痛みを部位別に紹介!VIOなど痛すぎる時に痛みを和らげる方法は?

Update:2022.03.14

医療脱毛の痛みを部位別に紹介!VIOなど痛すぎる時に痛みを和らげる方法は?

「医療脱毛ってどれくらい痛いの?」

「VIOの医療脱毛が痛すぎるんだけど、痛みを和らげる方法ってないの?」

「全然痛くなかったんだけど、効果が出ていないのかな?」

このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下のことを紹介していきます。

この記事で紹介していること
  • 1 医療脱毛の部位別の痛み
  • 2 医療脱毛の痛みを軽減する方法
  • 3 痛みがない=効果がないの?

医療脱毛の痛みについて実際の利用者の声を参考に紹介していますので、痛みが心配な方はぜひ参考にしてみてくださいね!

医療脱毛の痛みってどれくらい?知恵袋やSNSの声をピックアップ


医療脱毛は痛いとよく聞きますが、実際どうなのか不安になりますよね。

そこでここでは医療脱毛の痛みがどのくらいなのか、体の部位別に知恵袋やSNSの声を参考に紹介していきます。

実際に医療脱毛をした方の声をピックアップしているので、これから医療脱毛をしようか迷っている方は参考にしてみてくださいね!

顔の痛み

実際に顔脱毛した方の声では、輪ゴムで弾かれた感覚に近いという声が多い印象です。

顔脱毛は肌のツヤがでたり、うぶ毛による顔のくすみがなくなったり、化粧ノリが良くなったりするので、箇所によっては痛みを感じますがいいことがたくさんありますよ!

実際に顔脱毛した方で「施術した箇所の毛が薄くなって肌がツルツルになった」という声もあります。

最近では痛みの少ない脱毛機もあるので、事前にクリニックのHPなどを調べてみてくださいね!

脇の痛み

脇の医療脱毛の痛みは強いと言われているので不安な方も多いと思います。

実際に脱毛した方の声では「思ってたより痛くなかった」「この痛みなら耐えられそう」などの声が多いです。

噂以上の痛みはなく対策をすれば痛みは強くないようですので、安心ですね!

もし痛みが心配な方は、レーザーの出力を弱めることで痛みを和らげることもできますので、看護師や医師に相談しながら施術を受けてみてください。

看護師や医師に相談すれば、痛みについての不安を解消することができますよ!

足の痛み

足の医療脱毛は関節や足首など、骨がある部分が痛いという声が多い印象です。

足の指も痛いという声が多く、ある程度の痛みはあるようです。

しかし、関節や足首、指以外の場所はそこまで痛くなかったという声もあります。

足の部位によって感じる痛みの強さは違いますが、都度痛みを確認しながら施術してくれますので安心ですよ!

VIOの痛み

VIOの医療脱毛の痛みは「痛い」という声と「熱いくらいだった」という声が半々ずつくらいの印象です。

また、VIOは痛みに不安な方が多く、施術の際に麻酔を使う方が多いです。

麻酔を使って施術してもらうと痛みはだいぶ和らぎます。

不安な方でも麻酔を使えばだいぶ楽に施術を受けることができるため安心ですよ!

VIOの医療脱毛後はしっかりと保湿ケアしてくださいね!

医療脱毛の痛みを例えると「輪ゴムで弾かれる」感じ


医療脱毛の痛みは「輪ゴムで弾かれる」感覚が最も近い例えです。

医療脱毛はサロン脱毛と違い、痛みが強いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

なぜ、こんなに痛いのか、逆に痛くなかったら効果は薄いのか。気になる医療脱毛痛みの謎について解説していきます!

医療脱毛が痛い理由は脱毛の仕組みにある


医療脱毛が痛い理由は脱毛の仕組みにあります。

脱毛する際はライトやレーザーの照射でムダ毛の黒いメラニン色素を刺激し、毛根にダメージを与えて脱毛します。

その際にメラニン色素が光と熱を吸収するため、照射時に痛みが生じるのです。

また、お肌が乾燥している状態だと肌バリア機能が低下していて痛みを強く感じる場合がありますので、普段から保湿を心がけてくださいね!

医療脱毛が痛くなかった時は効果が出ていないの?


全然痛くなかったら効果が出ていないのかと心配になりますよね。

最近では痛みの少ない脱毛機が増えてますし、脱毛時の痛みは神経への刺激によるものという意見もありますので、一概に痛くないと効果がないとは言えません。

また個人の肌質や肌の水分量によって痛みの感じ方は違います。

「医療脱毛が痛くなかった時は効果が出ていない」と不安になる方が多いですが、個人の身体の状態によって痛みの感じ方は変わります。

「痛くない=効果がない」にはならないので、安心してくださいね!

痛みに弱い人は医療脱毛に向かない?

「痛みに弱いから医療脱毛に向いていないかも」とお悩みの方は多いと思います。

でも、医療脱毛では丁寧なカウンセリングや医師との面談があり、痛みについてはそこで相談することができますので安心ですよ!

最近の医療脱毛では痛みの少ない脱毛機を使用しているとこが多いですし、痛みを和らげるジェルや麻酔クリームを塗れば痛みを抑えることもできます。

痛みに弱い人こそ、しっかりカウンセリングが行えたり医師と面談できたりする医療脱毛のほうが不安を解消できます。

「カウンセリングを受けてみたいけど、どこのクリニックがいいんだろう…?」と迷っている方はぜひ、こちらの記事をチェックしてください!

SNSや口コミで人気のクリニックを7つ紹介しているので、あなたにピッタリのクリニックが見つかりますよ♪

医療脱毛の人気ランキング│料金が安いおすすめクリニック

編集部が調査した人気クリニックを7つピックアップ♪

医療脱毛の痛みを和らげる方法

医療脱毛の痛みを和らげる方法は以下の5つありますので、医療脱毛の利用を迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

医療脱毛の痛みを和らげる方法
  • 1 レーザーの出力を調整してもらう
  • 2 照射時に脱毛したい箇所を冷却する
  • 3 麻酔を使う
  • 4 蓄熱式脱毛を選ぶ
  • 5 保湿ケアをする

レーザーの出力を調整してもらう


脱毛機のレーザーの出力を調整してもらうことで、痛みを和らげることができます。

痛みが心配な方は一度相談してみてくださいね。

ただし、あまり出力を弱くしすぎると効果が薄くなる可能性があり、通院回数が増えてコストがかかってしまいますので注意が必要です。

照射時に脱毛したい箇所を冷却する


照射時に脱毛したい箇所を冷却すると痛みを和らげることができますので、あまりに痛い場合は冷却時間を増やしてもらってくださいね。

照射と同時に冷気を出す脱毛機もありますので、気になっているクリニックがある場合はどんな脱毛機を使用しているかチェックしてみてください。

麻酔を使う


医療脱毛であれば、麻酔を使って痛みを和らげることが可能です。

なお麻酔に副作用はほとんどないため、安心してくださいね。

麻酔は主に「笑気麻酔」と「麻酔クリーム」の2種類があります。

笑気麻酔はガスを吸って意識を朦朧とさせることで痛みを感じにくくさせる麻酔です。

一方、麻酔クリームは脱毛箇所に直接クリームを塗って痛みを和らげる麻酔です。

麻酔を使用する場合、クリニックによって別途3,000円ほどの料金がかかることがあります。

痛みが心配な方は、事前にクリニックのHPやカウンセリングで確認しましょう!

蓄熱式脱毛を選ぶ


医療脱毛には「蓄熱式」と「熱破壊式」がありますが、蓄熱式のほうが肌へのダメージが少なくなっており、同時に痛みも少なくなっています。

痛みに弱い方は、蓄熱式の脱毛機を使用しているクリニックがおすすめですよ!

保湿ケアをする


日頃から保湿ケアをすることでお肌のバリア機能が高まり、レーザー照射の痛みを抑えられます。

お肌が乾燥していると、レーザー照射の刺激を強く受けやすくなってしまいますので、痛みを抑えたい方は保湿ケアを心がけてみてください。

医療脱毛で痛い・痛くない部位をランキング形式で紹介

ここでは医療脱毛で痛い・痛くない部位を「美容医療のクチコミ広場」を参考にランキング形式で紹介していきますので、医療脱毛の利用を検討している方は参考にしてみてくださいね!

痛い部位痛くない部位
1位VIO背中
2位腹部
3位二の腕
4位ひざ
5位手足の指
参照:美容医療の口コミ広場

VIOや脇は太く濃い毛が多いため、レーザー照射による痛みが強い傾向にあります。

また、神経や血管が集中している部分や皮膚が薄い指先なども痛みを強く感じやすいです。

これらの理由からVIOや脇、顔は痛みが強く、足や手、お腹はそこまで痛みが強くないことが分かります。

VIOの医療脱毛は泣いて挫折するほど痛すぎる?


VIOの医療脱毛は強い痛みを感じる方が多いです。

VIOには粘膜部分があり太く濃い毛が多いため、強い痛みを感じる方が多いと考えられます。

VIOの医療脱毛の痛みが心配な方は綿密なカウンセリングを行い、医師とも相談した上で施術を受けてくださいね!

前述した脱毛の痛みを和らげる方法も役立つので、そちらも参考にすると痛みが少なくなる可能性が高いですよ!

医療脱毛はだんだん痛くなくなる!回数の目安は?

医療脱毛は平均3回の施術を目安にだんだん痛くなくなります。

通い初めのころは痛みを感じることがあると思いますが、施術をしていくうちにムダ毛が薄くなり毛穴の毛量も減るため、だんだん痛みは弱くなっていきますよ!

1,2回目の施術で痛みが心配な方は医師や看護師に相談して麻酔を使ったり、レーザーの出力を弱めたりすれば痛みを和らげることができますので安心してくださいね。

まとめ

医療脱毛が痛い理由はライトやレーザーの照射でムダ毛の黒いメラニン色素を刺激し、毛根にダメージを与えて脱毛する際にメラニン色素が光と熱を吸収するからでしたね!

また、医療脱毛が痛くないと効果がないわけではありません。

最近では痛みの少ない脱毛機が増えてますし、脱毛時の痛みは神経への刺激によるものという意見もあります。

「痛くない=効果がない」には繋がらないため、安心してくださいね!

綿密なカウンセリングを行うことで施術時の安心に繋がりますので、痛みが心配な方は丁寧に相談することをおすすめします!

医療脱毛の痛みが心配な方は、この記事で解説した痛みを和らげる方法を活用すれば、痛みが少なくなる可能性が高いのでぜひ参考にしてみてくださいね!

Share

RECMMEND ARTICLES

TOP