血管障害によるED
悩む男性
このパターンでもっとも多いのが、「加齢による動脈硬化」となります。

動脈硬化となる原因には、高血圧や糖尿病、高脂血症などの偏った生活を続けたことで起こる生活習慣病が挙げられます。

これは、血管障害によるEDの中でとても多いとされています。
特に糖尿病を患っている男性の50%以上が、EDの症状に悩まされているとも言われています。
糖尿病が血管の弾力を奪う
糖尿病|Diabetes
糖尿病は、インスリン不足やその作用が低下することで、摂取したブドウ糖が血液内にとどまる病気です。

つねに高血糖の状態となることで、血中内のタンパク質が糖化したり、血管の弾力が失われたりします。

血管の弾力低下は、病気以外からも人には避けられない老化からも起こります。

弾力がない血管は、十分に拡張することができなくなり、勃起に必要なだけの血液をペニスに送ることが困難になっていきます。
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

血管の衰えは必ずしも病気が原因となる訳ではなく、年齢を重ねることで誰にでも起こりうることです。

30歳くらいがEDの症状を少しずつ自覚しはじめ、40歳を超えるとその割合は急激に増加します。

不慮の事故や血管の損傷なども、EDを招く原因となります。
神経障害によるED
神経障害かを診断する医者
男性の勃起は、性的な刺激を受け取る中枢神経と性的な興奮を伝達する末梢神経の2つにコントロールされています。神経障害を起こすことで、EDの症状が起こりやすくなります。

・糖尿病性の神経症
・脳卒中
・パーキンソン病
・てんかん

こういった神経障害は、EDを起こす可能性が高いとされています。
また治療のために受けた手術などで、神経が断裂されてしまったり、事故などによって損傷して場合にもEDとなってしまうことがあります。
まだお気に入りは登録されていません。