レビトラとは、独バイエル社と英グラクソスミスクライン社が共同開発した世界的に普及しているED治療薬です。ヨーロッパ、アメリカに続き、日本でも 2004年に厚生労働省から認可されました。レビトラはホスホジエステラーゼ‐5という酵素の働きを抑えて、海綿体の平滑筋を弛緩させます。この薬の作用により海綿体への血流量が増加して勃起しやすくなります。作用としては、海綿体に多くの血液を送り込み、留めておく力を回復させることで勃起を促すお薬なので、性的興奮作用や性欲増進作用はなく、性的刺激(視覚的刺激・触覚的刺激など)がない限りは勃起しません。

レビトラの効果・効能
 バイアグラと同様、レビトラは科学的に男性の勃起を妨げる酵素の働きを弱め、陰茎の勃起に効果を発揮する薬です。性的な気分を引き起こすことや、精液の量を増やす効果はありません。レビトラ服用後は約15分後に勃起を得られ、4~5時間作用すると報告されているため、レビトラは速効性が高く、持続性があるED治療薬として注目されています。レビトラはバイアグラで十分な効果の得られなかったED患者に有効な事例も報告されており、バイアグラでは効果を実感できなかったED患者に人気があります。また、糖尿病や前立腺がん手術後のED患者にも効果が期待できるとされています。さらに、バイアグラに比べて食事やお酒の影響を受けにくく、食事制限を考える必要がないため、熱心な愛好者がいるのもレビトラの特徴です。
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

レビトラの使用法
 レビトラを一日に服用できる回数は一回のみです。それ以上の服用は避けてください。レビトラは性行為の25~60分前に10mgを服用、場合によっては20mgまで服用します。

レビトラの副作用について
 レビトラは勃起不全を改善し、男性機能を高めるED治療薬ですが、併用禁忌薬に指定されている薬品が他のED治療薬より多くあります。併用が出来ない薬も含めて、レビトラが引き起こす副作用を事前に知っておきましょう。

 レビトラの副作用で最も一般に報告される副作用は頭痛とのぼせです。その他には胃痛、めまい、鼻水、鼻づまりが起こる可能性があります。レビトラは併用禁忌薬に指定されている薬品が多いため、服用する際には必ず医師の指示に従ってください。また、グレープフルーツ、グレープフルーツジュースを食した後にレビトラを服用すると血中濃度が上がりすぎることがありますので絶対に服用しないでください。下記に当てはまる方の服用は危険です。

 ・整脈、低血圧または高血圧症の方
 ・主成分であるVardenafil(バルデナフィル)に薬剤アレルギーのある方
 ・脳梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞や心不全を患った経験のある方
 ・ニトログリセリン系の薬または心臓病を治療する薬を服用している方
 ・肝臓障害、末期腎不全患者、不安定狭心症、遺伝性網膜変性症の既往歴のある方
まだお気に入りは登録されていません。