包茎手術を受けるかどうか?

包茎というのはあくまでも男性性器の状態を表す言葉で、病気ではありません。
なので、重要なことは 包茎の状態であることがいや」かどうかになります。
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

特に気になっていない方は、そのままでも構いません。
ただ、しっかり包皮を剥いて洗う習慣だけはつけましょう。
お風呂に入った時、しっかり剥いて、しっかり洗いましょう。
そして、こっから先はもう見る必要はないと思います。

では、「包茎であることがいや」な方はどうしたらよいのでしょうか?

ご自身でできることがあります。

上記に書いてある「毎日しっかり剥いて洗う」を必ず行います。
しっかり剥くという行為がマッサージ効果となって、包皮が柔らかくなり
剥き癖がつきやすくなります。
最初は違和感が大きいと思いますが、次第に慣れてくるので常に亀頭が露出している状態を保ちましょう。

では、「剥けていても皮が余っていて見た目がカッコ悪い」という方は?

この場合は、手術によって切除する以外に方法はありません。
専門のクリニックに相談しましょう。

あとは、いわゆる真性包茎の方。
射精が出来て 膣への挿入が可能ならば機能的には問題ありません。
剥いて洗うことができないので、まれに癒着している方もいますが、
丁寧に洗えば、清潔は保てます。
しかし、仮性包茎の方と違い、剥くことができないので、清潔に保つのは難しいといえます。
そうすると、考えられる影響としては
・包皮や亀頭が細菌感染による炎症を起こしやすい
・パートナーに細菌感染を起こしやすい
があげれれます。
性行為時にコンドームは避妊目的以外に、感染防止という意味で必ず使いましょう。
仮性包茎の方も、行為の前には必ず洗うようにしましょう。

真性包茎の方で、痛みが強いなどの理由で挿入ができない方

この場合は、機能的に問題があるということで健康保険の適応になります。
この場合、機能の回復が優先されるため見た目が良くない仕上がりなることがあります。
見栄えの良さのために、自由診療のクリニックを訪れる方もたくさんいらっしゃいます。
詳しくは、このページのもう少し下をご覧ください。
まだお気に入りは登録されていません。