アフターコロナの婚活方法とは? >>

【2022年最新】おすすめ婚活サイトランキング!20代・30代・40代など年代別に紹介

マリコ
マリコ

婚活サイトってどれがいいんだろう?

 

ここでは結婚相談所の現役仲人が人気の婚活サイト(アプリ)9種類について比較して解説するよ。

ハナさん
ハナさん

利用料金が安くて手続きも簡単な婚活アプリや婚活サイト(ネット婚活)は、気軽に始められる一方で「本当に結婚にたどり着けるのか?」「安全性はどうなのか?」といったところが気になるよね。

 

ここでは結婚相談所の現役仲人が人気の婚活サイト(アプリ)9社を徹底比較して解説します!

あわせて、婚活サイトに登録する前に知っておきたい「利用するメリット」「失敗しない選び方」について詳しくまとめました。

本ページを読み終わるころには、あなたにピッタリな婚活サイトを見つけることができるでしょう。

「悪質ユーザーに引っかからないための方法」「マッチング率を高める秘訣」も解説しているので、婚活サイトの攻略テクニックを押さえたうえで実践できます。

【監修者コメント】

婚活アプリや婚活サイト(ネット婚活)は気軽に始められる一方で、安全面や料金面、行動量に対しての成果に不安を感じる人も多いのが事実です。

しかし、自分に合った婚活サイト(アプリ)を見つけて使いこなすことができれば、最短で素敵な結婚を手にすることができます

実際、現在付き合っているカップルを対象に、恋人との出会い方を調査したところ、コロナ前は約4割近くのカップルが職場での出会いと回答してますが、2020年3月以降(コロナ禍)では約4割近くが婚活サイト(アプリ)で出会ったと回答しています

さらに、出会ってから1ヶ月未満で交際に発展したカップルの割合は3割近く、3カ月未満だと7割というデータも出ているんです。

当記事の監修者
Chiaさん

Chia(ちあ)

JLC認定恋愛アドバイザー1級取得。恋活マッチングサービス「コイサポ」のユーザー様向け恋愛相談員として活動。婚活アプリで出会った彼と3年交際中。アプリのプロフィールやLINEでのコミュニケーション、デートの分野が得意。思考のクセや恋愛のエラーパターン、ブロックや自己肯定感等、脳科学を用いた本質的なアドバイスも好評。

日本恋愛結婚コンサルテーション協会

\ボタンクリックでショートカットできます!/

おすすめ婚活サイト一覧へ

【年代別】人気婚活サイトを徹底比較!おすすめの9社を厳選

【20代女性におすすめの婚活サイト】※料金は1カ月プランの場合

婚活サイト 料金 おすすめポイント
ブライダルネット_アプリブライダルネット

男女:3,980円/月

1年以内に結婚したい会員が85%!本気度の高いユーザーのみ集まる

ペアーズのアプリペアーズ 男性:3,590円/月
女性:無料
累計会員数1,500万人!出会いのチャンスが溢れている
ゼクシィ縁結び_アプリゼクシィ縁結び 男女:4,378円/月 大手リクルートグループが運営で安心して利用できる!コンシェルジュのサポート付き

【30代女性におすすめの婚活サイト】※料金は1カ月プランの場合

婚活サイト 料金 おすすめポイント
マリッシュアイコンマリッシュ

男性:3,400円/月
女性:無料

累計マッチング数600万件突破!シンママ・シンパパの再婚活向け

エキサイト婚活ロゴエキサイト婚活

男女:3,850円/月

運営15年の信頼と実績のある老舗婚活サイト
OmiaiのアプリOmiai 男性:4,800円/月
女性:無料
累計7,000万組以上がマッチング!完全“匿名性”で身バレのリスクが低い

【40代・50代女性におすすめの婚活サイト】※料金は1カ月プランの場合

婚活サイト 料金 おすすめポイント
ユーブライドのアプリユーブライド

男女:4,300円/月

220万人以上に選ばれている婚活サイト!サクラ0宣言で安心

マッチドットコム_アプリ
マッチドットコム

男女:4,490円/月

世界最大級の婚活サイト!国際結婚も可能

マッチドットコム_アプリYahoo!パートナー 男性:4,277円
女性:無料

共通の趣味から出会える婚活サイト!プロフィール件数累計580万件突破

20代女性におすすめの婚活サイト

【監修者コメント】

「婚活サイト(アプリ)に課金することに前向きではない」という方もいるかもしれません。

登録は基本的に無料なので、まずはいくつか登録して自分に合ったアプリを見つけていくことが大切です。

ブライダルネット(bridalnet)

ブライダルネット_婚活アプリ

運営会社 株式会社IBJ
運営開始 2000年
登録会員数 約31万人(2018年現在)
主な年齢層 20代後半~30代
月額料金 3,980円(1ヶ月プラン)/ 2,000円(12ヶ月プラン)
アプリの有無 iOS(iPhone), android
セキュリティ体制 サイト内の定期パトロール、通報機能による強制退会
本人確認方法 公的な証明書による年齢確認。
独身証明書、年収証明書、学歴証明書なども追加提出可能。
公式サイト https://www.bridalnet.co.jp/

ブライダルネット(bridalnet)は株式会社IBJ(日本結婚相談所連盟)が運営している婚活サイトです。

株式会社IBJは結婚相談所や婚活パーティも運営しており、婚活ビジネス全般のノウハウを生かした手厚いサポートを受けられることが強みです。

多くのマッチングアプリが女性を完全無料にしている中、女性も有料であることから、真剣に婚活をしている人が集まりやすい仕組みになっています。

サポート面面では「婚シェル」という結婚相談所での実績を持つ専門スタッフが、追加料金なしで相談に乗ってくれます。

チャットでアドバイスを受けられるので、安心して婚活を進められます。

婚活サイトの中ではやや料金が高く、男女共通で月額3,980円というデメリットもあります。

女性も男性も有料だからこそまじめな人が多くて、安心して婚活できます。

婚シェルにいつでも何度でも相談できるから、「高い」って思ったことは無いかも。

30代~40代の人も多くて、他のアプリでは浮いているように感じた私でも素敵な人を見つけることが出来ました♪

 

 

ブライダルネットの口コミ

真面目な女性が多かったように思います。男女同じ料金設定なのもあって、冷やかしで来ている人がいなかったように感じました。

3か月間やって40人近くの人に連絡を送り、連絡が返ってきた人は20人ほど。そのあと実際にお会いできた人は5人でした。自分は面倒くさがりな方ですがマイペースで進められましたし、悪くなかったと思います。

引用:みん評

ペアーズ(pairs)

ペアーズ_婚活アプリ

運営会社 株式会社エウレカ
運営開始 2012年
登録会員数 1,500万人(累計)
主な年齢層 20代~30代半ば
月額料金 3,590円~(1ヶ月プラン)/1,320円~(12ヶ月プラン)
アプリの有無 iOS(iPhone), android,
セキュリティ体制 24時間有人によるカスタマーケア。監視体制
本人確認方法 公的な証明書による年齢確認
公式サイト https://www.pairs.lv/
アプリダウンロード アプリダウンロードはこちら

ペアーズ(pairs)は日本最大級のマッチングアプリです。

年々利用者が増加し、2021年12月には累計利用者が1,500万人を突破しました。

ペアーズの発表によると、これまでに20万人以上が恋人と出会い、そのうち60%が入籍・結婚の予定があるとのことで、ペアーズは恋活だけではなく、婚活にも使えるアプリだということがわかります。

幅広い年齢層の会員がいますが、コアな登録者は20代半ばから30代半ばの男女です。

ペアーズ最大の特徴は会員数の多さで、それがイコール出会いの機会の多さにつながっています。

婚活をメインとしたサイトに比べサポートがほぼ無いため、自力で出会いを結婚につなげられる人にはこれ以上ないアプリでしょう。

ただし一方で会員数の多さから、既婚者やいわゆる年齢・年収詐称などの不適切利用をする会員も多数見られます。

とはいえ手軽さと料金の安さから、20代・30代の人が婚活の手始めに利用するには適しています。

また2020年4月からアプリ内でビデオ通話できるシステムを提供しています。

ビデオ通話システムは匿名で利用できます。

ペアーズは、関連サービスにオンライン完結型の結婚相談所「ペアーズエンゲージ」もあります。

ペアーズを利用して、物足りなさを感じた場合、ペアーズエンゲージも利用してみるという流れでよいでしょう。

マッチングアプリならやっぱりペアーズ!と思って登録しました。

使いやすさと会員数の多さならやっぱりここが一番じゃないかな。

オンラインデート機能が充実してて、ついつい相手と話し過ぎちゃう(笑)

基本的な機能が全部そろってるから使いやすいです。

 

ペアーズの口コミ

20代後半女性、2018年頃やりました。

自分が好きなもののコミュニティに入り、そこがどれだけかぶっているかで趣味のマッチングを判断できたのがよかったです。特に自分はメジャーじゃない音楽が好きだったので、そこでマッチする人を中心に会うことをしていました。

そこから1名の方と友人関係になり、半年後にお付き合いを始めて、1年で結婚に至りました。他に会った方とはご縁がなかったですが、普通の人たちでした。

直感で「この人!」と思うことはなかったものの、相性が良くいまでも仲良くやっています。

引用:みん評

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び_婚活アプリ

運営会社 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
運営開始 2015年~
登録会員数 約110万人
主な年齢層 20代~30代中心
月額料金 4,378円~(1ヶ月プラン)/2,640円~(12ヶ月プラン)
アプリの有無 iOS(iPhone), android,
セキュリティ体制 24時間有人監視によるパトロール。違反報告(通報)機能有
本人確認方法 公的な証明書による年齢確認
公式サイト https://zexy-enmusubi.net/

ゼクシィ縁結びは株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する婚活サイト(アプリ)です。

ゼクシィのサービスには恋活を中心とした「ゼクシィ恋結び」、オンライン完結型の「ゼクシィ縁結びエージェント」がありますが、このゼクシィ縁結びは恋活要素と婚活要素を兼ね備えたサービスです。

利用者は20代~30代中心で、婚活サイトの中では平均的な年齢層が利用しています。

すべての機能を利用するためには女性も課金する必要があります。

金額設定は1ヶ月プランの場合で3,980円と、婚活サイトの中ではやや高めの設定になっています。

しかし性格診断やコンシェルジュによるデート日程調整など、出会いやすくサポートも充実しています。

また6ヶ月プラン、もしくは12ヶ月プランを申し込んだ人が一定の条件を満たした場合に、無料で期間を延長してもらえるサービスもあります。

ゼクシィ縁結びの口コミ

ゼクシィ縁結びが始まってすぐの利用料1ケ月5円の時に登録し、主人と知り合いました。

ネットでの婚活は不安もあったのですが、主人とメールのやり取りを始めると、プロフでは判らなかった共通の好きな物の話しで盛り上がり、1週間で会うことを決めました。

会ってから2・3回デートした後、正式にお付き合いする事になり2人して退会し、今は夫婦となってます。

引用:みん評

30代女性におすすめの婚活サイト

【監修者コメント】

「出会いがない」という相談が増えてくる年代でもあり、お困りの方にお勧めさせていただいている婚活サイトです。

なかには再婚活を応援しているアプリもあるので、シンママやシンパパも気軽に登録することができます。

マリッシュ

マリッシュ_婚活アプリ
運営会社 株式会社マリッシュ
運営開始 2016年11月
登録会員数 100万人
主な年齢層 30代~40代
月額料金 3,400円(1ヶ月プラン)
アプリの有無 iOS(iPhone), android,WEB
セキュリティ体制 24時間体制サポート、監視体制。ブロック機能、通報機能あり
本人確認方法 公的な証明書による年齢確認。
年収証明書の追加提出が可能。
公式サイト https://marrish.com/

マリッシュは2016年から運営されているマッチングアプリです。

婚活だけでなく「再婚活」も応援している珍しいアプリで、累計マッチングは200万件を突破しました。

マッチングアプリの中では利用者の年齢層が高く、30代~40代がメインとなっています。

再婚の方だけでなくシンママやシンパパ、年の差婚や地方婚まで応援しているので、これまでアプリをやったけど上手くいかなかった人におすすめです。

女性であれば、すべての機能を完全無料で利用することが出来ますよ。

安全面では24時間365日の監視体制があるほか、万が一トラブルがあれば通報することも可能です。

やり取りではメッセージのほかにアプリ内の通話機能で直接相手と話すことが出来るので、「連絡先を教えるのは怖い」という人でも安心ですね。

シンママで婚活なんて…と思っていたけど、マリッシュを始めてから再婚に理解のある人と沢山出会えて幸せです。

アプリ内で電話まで出来るから、LINEに移行しなくてもいいのが嬉しい!

マリッシュの口コミ

3人の子供がいるシングルマザーの私でも2週間で100いいね、をいただけました。

ただ、女性の場合は受け身でいてもなかなか好みの男性からいいねをもらえるとは限らないので、自分から積極的にいいねを送った方が良いです。

引用:みん評

エキサイト婚活

エキサイト婚活の公式サイト

運営会社 エキサイト株式会社
運営開始 2003年
登録会員数 約27万人(累計)
主な年齢層 40代~50代
月額料金 3,850円~(1ヶ月プラン)/2,833円~(3ヶ月プラン)
アプリの有無 なし
セキュリティ体制 24時間サイトパトロールの実施
本人確認方法 公的な証明書による年齢確認
公式サイト https://wedding.excite.co.jp/

エキサイト婚活は2003年にサービスをスタートした老舗の婚活サイトです。

exciteというポータルサイト自体が古い存在なので、それに馴染みのある世代40代~50代の利用が多いのが特徴です。
今どきのマッチングアプリはよくわからないというミドルエイジにはぴったりですね。

男女ともに同額の月会費がかかるので、結婚に前向きな女性が集まりやすいのも特徴です。

安全面は公的書類による本人確認、24時間有人によるパトロールといった、大手婚活サイトの標準的な体制はとっています。

機能面や手軽さではやや近年のアプリに押されている感があります。
プロフィール登録からお相手探しまでは課金なしで利用できるので、一旦登録してみるというのもよいでしょう。

エキサイト婚活の口コミ

今までの人生でインターネットにさわったのは初めてで、インターネットは不慣れでしたが、サイトがわかりやすかったので、私でもスムーズに登録できました。

引用:ランクルー

Omiai

オミアイLP

Omiaiに登録する

運営会社 株式会社ネットマーケティング
運営開始 2012年
登録会員数 600万人(累計)
主な年齢層 20代半ば~30代半ば
月額料金 3,980円~(1ヶ月プラン)/1,950円~(12ヶ月プラン)
アプリの有無 iOS(iPhone), android,
セキュリティ体制 24時間有人監視
本人確認方法 年齢確認書類による年齢確認
公式サイト https://fb.omiai-jp.com/

Omiaiは2012年に誕生したマッチングアプリです。

同年にペアーズも開始しました。

よく比較される両者ですが、ペアーズのほうが会員数では勝っています。

Omiaiのほうがお相手探しの際に検索項目が多いこと、交際後や結婚後の条件などで検索が可能なことから、ペアーズよりもやや婚活向きであると言えます。

安全面では24時間監視システムに加えて、迷惑ユーザーを排除するために、Omiaiでは違反報告があったユーザーにはイエローカードが表示されます。

アプリ内での要注意人物がひと目でわかるのは利用者に優しい配慮ですね。

既存の「キーワード機能」に「ビデオ通話OK」を追加することで、オンラインデートを希望するお相手に探してもらえるチャンスも広がりますよ。

Omiaiの口コミ

女性が無料だった際に利用していました。最初の頃はよくわからずに利用していましたが、4人ほど出会った中の1人の方と縁があり、お付き合いすることになりました。彼はとても誠実な方で、とてもいい方と出会わせてくれたと、とても感謝しています。

その彼と先日婚約し、とても幸せです。

遊び目的の方もいなくはありませんが、良縁に恵まれたので、私はとても満足しています。

引用:みん評

Omiaiに登録する

40代・50代女性におすすめの婚活サイト

【監修者コメント】

ミドルエイジに人気のアプリに登録することで、マッチング率は上がります

また、同年代に絞って出会うことも共通の話題や年代のギャップなども少なく、互いの婚活に対する温度感も同じになる可能性が高いので、おすすめです。男女同額のサイトは、より婚活に前向きな人が集まりやすいです!

ユーブライド(youbride)

ユーブライド_婚活アプリ

運営会社 株式会社Diverse
運営開始 1999年
登録会員数 200万人(累計)
主な年齢層 20代後半~50代
月額料金 4,300円~(1ヶ月プラン)/2,967円~(6ヶ月プラン)
アプリの有無 iOS(iPhone), android,
セキュリティ体制 24時間専門スタッフによる常駐監視。ブロック機能、
違反報告機能による退会処分あり
本人確認方法 公的な証明書による年齢確認
公式サイト https://youbride.jp/

ユーブライド(youbride)は20年以上運営されている老舗婚活サイトです。

ユーブライドを運営する株式会社Diverseは2018年に株式会社IBJの子会社になりました。

運営歴が長いこともあり、会員の年齢層がやや高めで、20代後半から40代前半の男女が多く登録しています。

公式サイト上では「サクラゼロ宣言」や「安心・安全への取り組み」、サイト利用の安全性を強調していることから、ネット婚活が初めての人への配慮が伺えます。

男女比が7:3であることから、女性は登録すると人気になる可能性がありますが、一方で男性会員数の少なさから、希望条件を高めに設定すると、お相手探しに苦労することも予想されます。

サポート面では、通常料金にプラスして1ヶ月2,980円でプレミアムオプションを付けられます。

このオプションにはコンシェルジュサポートがあり、婚活で不安な点や気を付けたほうがいいことなど、個別でメール相談ができます。

少し高額ですが結婚相談所に近い感覚で利用できるため、自分一人での活動に不安を感じる人には価値のあるサービスだと言えます。

本当に真剣に婚活している人が多い!

始めてすぐマッチング出来たのが嬉しかったです。

マッチングアプリは本人確認だけのところが多いけど、ここは収入証明や独身証明を出せるので安心ですね。

ユーブライドの口コミ

こちらで出会った男性と来年結婚します。登録したその日に、まだ無料会員の時にマッチングし、1番初めてメッセージをくれた男性です。

人にもよるけど、他のサイトに比べて真面目な方が多いと思います。

引用:みん評

マッチドットコム(Match)

マッチドットコムMatch

運営会社 Match.com, L.L.C.
運営開始 1995年
登録会員数 非公開
主な年齢層 30代~50代
月額料金 4,490円~(1ヶ月プラン)/1,690円~(12ヶ月プラン)
アプリの有無 iOS(iPhone), android,
セキュリティ体制 カスタマーケア・24時間体制でサイト監視・強制退会
本人確認方法 公的な証明書による年齢確認
公式サイト https://jp.match.com/

マッチドットコム(Match)は、1999年に運営開始した世界中で利用されている婚活サイト(アプリ)です。

会員のボリュームゾーンは30代~50代であることからも、結婚に前向きな会員が多いことが伺えます。

サービス面ではAIを取り入れていることも特徴的で、「デイリーマッチ」では希望条件に合う人を毎日10人ほど紹介してくれます。

AI判定を利用しているので、利用すればするほど自分の希望条件に合う人をピックアップしてくれます。

あまり婚活サイトをマメに利用しない人には嬉しい機能です。

マッチドットコム最大の特徴は世界中に利用者がいるということです。

従って他の婚活サイト(アプリ)に比べて海外の利用者と出会える確率は高いです。

一方でサイトやアプリがやや海外仕様になっているため、日本の高機能なマッチングアプリの利用に慣れている人は若干使いづらさを感じるかもしれません。

費用面では男女同額の利用料がかかるため、婚活に前向きな人が集まりやすい仕組みになっています。(初回のみ半額クーポンあり)。

登録と検索だけなら無料で試すことが可能で、一度使ってみて「お金を払って使う価値がある」と思えたユーザーが有料会員になれる仕組みです。

女性も有料なので20代の登録は少なく、他のアプリより比較的年齢層が高いのですが、40代・50代女性でもマッチングしやすいところも選ばれている理由でしょう。

毎日沢山の人からいいねが来るのでびっくりしてます。

アプリからのおすすめも好みにぴったり!これは使えますね。

海外の人からもいいねが来るのがすごい(笑)

アラサーでも普通にマッチングするので、今では一番使ってるアプリです!

マッチドットコムの口コミ

前に、別のサイトを使ってたけど、そこでは結構遊び感覚っぽい人が多くてうんざりした。だから、そこをやめてこっちにしてみたんだけど、真剣な人が多くてびっくりした。

数人の方とやりとりしてから会ってみたけど、どの人も真剣に恋愛とか結婚に向き合っている人ばっかりで好印象だった。

引用:みん評

Yahoo!パートナー(ヤフーパートナー)

ヤフーパートナー公式サイト

運営会社 ヤフー株式会社
運営開始 2006年
登録会員数 約500万人(累計)
主な年齢層 30代~50代
月額料金 通常価格 3,889円~(1ヶ月プラン)/2,269円~(12ヶ月プラン)
Yahoo!プレミアム会員 3,519円~(1ヶ月プラン)/2,053円~(12ヶ月プラン)
アプリの有無 iOS(iPhone), android
セキュリティ体制 メッセージ1通目はスタッフによる目視。
24時間体制の監視、ユーザーによる通報システム、違反ユーザーのアカウント凍結
迷惑ユーザーはプロフィール欄に「注意マーク」を表示
本人確認方法 クレジットカードによる年齢確認・公的な証明書による年齢確認
公式サイト https://partner.yahoo.co.jp/

Yahoo!パートナーは2006年に開始した運営歴の長い婚活サイトです。

主な利用年齢も30代~50代と幅広くかつ、年齢層高めなのが特徴です。

Yahoo!イコール大手の安心感と捉えるミドルエイジに人気が高いと思われます。

男女ともに月額利用料がかかりますが、Yahoo!プレミアム会員の人は通常価格より500円引きになります。

ただ無料会員だとメッセージの確認すらできないなど、昨今の婚活サイト(アプリ)の中では無料で使える範囲が少ないところが残念な点です。

Yahoo!パートナーの口コミ

Yahoo!パートナー使ってた友達が彼氏できたので、勧められて始めました~。そして、今、私もいいなと思える人に出会えてお付き合いしてます(*^_^*)

別の友達も同じ時期くらいに使い始めたんですけど、今いい感じの人いるみたいです◎

引用:みん評

婚活サイトとは?その他サービスとの違いを解説

ハナさん
ハナさん

ではまず婚活サイトとは何か?について話すね。

マリコ
マリコ

え、そこから・・・?話長くならない?

ハナさん
ハナさん

まあそう言わずに聞いてよ。似ているようで全く違うサービスもあるんだよ。

婚活サイトの他にも異性の出会いを求めるサービスが複数あります。

婚活サービス比較図

婚活サイトとは

婚活サイトは、結婚の意志がある男女が集まるネット上のコミュニティのことです。

主に結婚相手を探すのが目的で使われます。

婚活サイトと婚活アプリは同じサービスで、ネット上で利用するかアプリを使用するかの違いしかありません。

恋活サイトとは

恋活サイトは、単純に恋愛がしたい男女のための出会いの場です。

結婚相手というより恋人を見つけることを重視しているため、婚活サイトとは少しニュアンスが違います。
ですが、婚活サイトと明確に線引するのは難しく、婚活サイトと恋活サイトを混同して利用している人もいます。
恋活サイト、恋活アプリ(マッチングアプリ)は名前が違うだけで同じサービスです。

出会い系サイトとは

出会い系サイトは、異性の遊び相手を見つけるためのコミュニティです。
主に性的な関係を目的に使われることが多く、真剣な出会いを求める婚活サイトや恋活サイトと異なります。

最近はアプリもありますので、真面目に婚活したい方は間違って登録することのないようにしてください。「PCMAX」「YYC」「ハッピーメール」などは出会い系サイトです。

結婚情報サービスとは

結婚情報サービスは、結婚の意志がある男女が登録した会員情報を提供するサービスです。

データマッチング型ともいい、結婚相談所として宣伝していることもありますが、仲人によるお見合いのセッティングや交際のサポートなどはなく、基本的に会員情報の提供のみのサービスになります。

「楽天オーネット」「エン婚活」などは代表的な結婚情報サービスです。

結婚相談所とは

結婚相談所は、結婚を希望する男女の出会いを支援するサービスです。

仲人と呼ばれる婚活専門のアドバイザーが出会い、交際、結婚に至るまでをサポートしてくれます。

費用が高額になってしまうデメリットはありますが、専門家のアドバイスを受けながら、確実に短期間で結婚したい人に向いています。

婚活サイトに向いている人は?利用目的を他の婚活サービスと比較

婚活サイトに向いている人

成婚率よりも自分に合った婚活方法を選ぶことの方が重要です。

数字だけでは、自分に適した婚活サービスかどうかは判断できません。

どんなサービスにも向き不向きやメリット・デメリットが必ずあります。

そこで、婚活サービスを表にまとめて比較してみました。

  婚活サイト・アプリ 婚活パーティ 結婚相談所
お相手への
アプローチ
自分で検索する パーティに参加する 自分で検索するプラス
条件の合う人を紹介してもらう
料金 安い 安い 高い
出会える人数 多い 少ない 普通(相談所による)
証明書
  • 年齢確認が確認できる
  • 身分証明書
  • 年齢確認が確認できる
  • 身分証明書
  • 本人確認書
  • 独身証明書
  • 収入証明書
  • 学歴証明書 他複数必要
向いている人
  • 多くの出会いが欲しい人
  • 自分一人で婚活できる人
  • 価格を押さえて自分のペースで活動したい人
  • 直接会って話をしたい人
  • 自分一人で婚活できる人
  • アドバイスやサポートが欲しい人
  • 今すぐにでも結婚したい人

婚活する上で、自分が何を重視するかで選択すべき婚活サービスがわかります。

例えば一度にたくさんの男性と会いたい人は「婚活パーティ」、自分だけで婚活するのは不安だからサポートが欲しい人は「結婚相談所」といえるでしょう。

【監修者コメント】

積極的に自ら行動できる人、効率よく婚活したい人、コストを抑えたい人など、人それぞれ活動方針は様々かと思います。

自身の活動方針に合わせた婚活サイトを見つけることも大切なポイントといえます。

婚活サイト・アプリが向いている人は以下の点を重視している人です。

詳しく見ていきましょう。

とにかく日常の出会いが不足している

日常生活で出会いが無い人に向いている

「職場でもプライベートでも、とにかく出会いがない!」

そんな方におすすめなのが婚活サイト・アプリです。

婚活サイトなら、普通に生活しているだけでは出会うことのない男性と数多く出会えます。

もし一人の男性と上手く行かなくても、登録している男性は大勢います。

むしろ、出会いのチャンスが多すぎて迷ってしまうかもしれません。

逆に言えば出会いの機会さえあれば、交際・結婚まで自分で進められるという人向けでもあります。

積極的に自ら行動できる人でないと、婚活サイト・アプリでは交際まで発展しづらいです。

マリコ
マリコ

とりあえずアプリから婚活を始めるっていう人も多いものね。

ハナさん
ハナさん

そうだね。出会いの数でいうと、アプリやサイトは圧倒的だからね。

自分のペースで婚活したい

マイペースで婚活したい人

婚活サイト・アプリの大きな特徴は、気軽に始められ、好きなタイミングで止められることです。

スマホでいつでも相手を探したり、メッセージを送ったりすることができるので、通勤中などのスキマ時間にも婚活ができます。

また、人に急かされることなく、自分のペースで婚活を進められるため、誰にも知られずにこっそり婚活したい人にも向いています。

その分、誰かの手を借りることもできないので、婚活の悩みは自分で解決しないといけません。

婚活費用を安く抑えたい

婚活にあまりお金をかけたくない人向け

婚活にあまりお金をかけたくない方は、婚活サイト・アプリが最安です。

結婚相談所だと、初期費用だけで入会金・登録料・月会費など20~30万円程度かかってしまいます。
婚活パーティも1回は数千円程ですが、利用すればするほど負担が増えます。

ですが、婚活サイト・アプリなら女性は無料です。

課金をしなくても利用できるものが多く、全くお金を使わずに婚活ができます。

婚活サイト・アプリの中には、男性と同じように月額費用を支払うものもありますが、月数千円なので、結婚相談所より高くなることはありません。

マリコ
マリコ

なんで女性無料で成立してるの?

ハナさん
ハナさん

女性会員が多いと男性は自然に集まるからね。でも男性も無料のサイトは怪しいところが多いから注意が必要だよ。

婚活サイトを利用する5つのメリット

メリットのイメージ

「婚活サイトを利用するメリットって何?」「本当に必要?」と考えたことはありませんか?

ここでは、婚活サイトを利用するメリットを次の5つにわけて解説します。

上から順に見ていきましょう。

①実際に結婚している人が多く実績が豊富

婚活サイトを利用すると成婚率が高くなることが最大のメリットです。

各婚活サイトで、成婚実績や成婚レポートを公開している通り、利用したことで「理想の人と出会えた」というユーザーが非常に多くいます。

実際に、リクルートのブライダル総研の「婚活実態調査2021」では、婚活サービスを通じて結婚に結び付いた人が増えているという調査結果も。

実に婚活サービス利用者の49.9%の人が婚活サービスで結婚したことが分かりました

ハナさん
ハナさん

つまり、婚活サービスを利用した人の2人に1人は結婚できていることになるね。

マリコ
マリコ

すご~い!婚活サービスの成婚率って高いんだ〜。

さらに、ほかの「結婚相談所」や「婚活パーティ・イベント」と比べると、もっとも「ネット系婚活サービス」が成婚者を続出させていることが分かります。

結婚相談所や婚活パーティ・イベントは、店舗に出向きコンシェルジュと打合せをしたり、会場に行って興味のない異性との会話をしたりする必要があります。

婚活のハードルが高いので「婚活サイト」で活動した方が効率よくお相手を見つけられるでしょう。

②出会い系サイトと違って安全

婚活サイトは、ひと昔前に流行った「出会い系サイト」とは違い、安全性が高くなっています。

婚活サイトは、「会員の安全」に注力して運営されているので、危険を伴うことはほとんどありません

たとえば、大手企業が運営していたり、悪質なユーザーがひと目で確認できたりといった機能が充実しています

下記の比較表に「出会い系サイト」と「婚活サイト」の違いをまとめたので、安全性を確かめてみてくださいね。

 

危険な出会い系

婚活サイト

目的

援交・出会わせる気がない

恋活・婚活

運営会社

特定できない

大手企業

会員資格

なし

18歳以下利用不可

安全対策

なし

各種証明書の提出の義務化

24時間365日監視

悪質ユーザーの通報機能

料金

課金制(ポイント制)

月額制

既婚者・業者・ヤリモク

黙認

強制退会

大きな違いは、出会い系サイトは運営会社が特定できないこと

また、安全対策を徹底しておらず、不審なユーザーが居ても対処法する術がありません。

マリコ
マリコ

婚活サイトなら健全に運営されているので、おのずと誠実なユーザーのみ集まるんだね!

ハナさん
ハナさん

そうなんだ!恋愛に関心がない遊び目的のユーザーが居れば浮いてしまうし、すぐに通報されちゃうから、真剣交際を望むユーザーのみ活動できるようになっているよ!

③ほかの出会いよりもリーズナブル

婚活サイトは、結婚相談所や婚活パーティーなどに比べるとコスパが高いことがメリットです。ほかの出会いとの総額を比較したので参考にしてみてください。

出会い

金額

婚活サイト

総額:4,000~5,000円

月会費のみ

結婚相談所

総額:500,000円

登録料:0円〜200,000円

月会費:15,000~20,000円

成婚料:200,000~400,000円

婚活パーティ

総額:10,000円

参加費:5,000~8,000円

交通費:2,000円

婚活パーティーは、参加するたびに参加費や交通費、当日着ていく服などの費用が発生します。

結婚相談所は、コンシェルジュに相談しながら進められるメリットがあるものの、トータルコストが高く、予算オーバーで利用できない人も多いでしょう。

一方、婚活サイトなら月額料金が5,000円前後発生するだけですので、料金面のハードルが低いです。

さらに会員数が多く、出会いのチャンスが溢れているのでコスパ重視の人に向いています

④条件で絞って相手を検索できる

結婚サイトでは、年収や身長、結婚に対する意思などの条件を設定して相手を検索できます

そのため、希望条件に沿わない異性は自動で排除されるので、無駄な出会いがありません。

求める条件を絞り込むことができるので、おのずと理想の相手が厳選されてマッチングに繋がります

下記のように男性に求めるものがある程度決まっている人は、婚活サイトで効率よく出会えるでしょう。

男性に求める条件の具体例
  • 高身長
  • 20代~30代前半
  • 年収800万円以上
  • タバコを吸わない

異性に求めるものがとくにない方は、結婚相談所のようにコンシェルジュと二人三脚で進める婚活の方が向いているかもしれません。

⑤コミュ障や奥手な人でも出会える

婚活サイトは、コミュニケーションを上手く取れない方や恋愛に奥手な人におすすめです。

というのも、婚活サイトはある程度、メッセージでやり取りをしてからデートの約束をするので、距離を縮められるからです。

婚活パーティやイベントのように「会話力がなければ、ライバルに負けてしまう」といったリスクがありません。

また、メッセージのやり取りで距離をグッと縮められた場合には、顔合わせでミスをしても、情熱でカバーできることもあるでしょう。

【監修者コメント】

地理的な条件や職業的な事情などで普段会えない人とも繋がれるところが婚活サイトの魅力ですよね。

また、ネット婚活はスマホでのメッセージのやり取りが主になるため、仕事などで忙しい人も、隙間時間に効率よく婚活することができます。

婚活サイトを選ぶ基準は?

婚活サイトを選ぶ基準

最近は婚活サイト・アプリの種類も増え、どのように選んでいいのかわかりづらくなっています。

婚活サイトそれぞれに特徴はありますが、最低限ここは抑えておきたい婚活サイトを選ぶ基準について解説します。

選ぶ基準は大きく分けて次の3つです。

安全性・セキュリティは大丈夫か?

安全性は高いか確認する

まずは婚活サイト・アプリの安全性やセキュリティを基準に選びましょう。

本当に問題ない婚活サイトか見分けるポイントはこの3つです。

  • 入会時に本人確認手続きがある
  • サイトの監視体制が整っている
  • トラブルがあった時の通報システムがある

入会時に運転免許証など「本人確認書類」の提示を求める婚活サイトは、必ず会員を審査しています。

登録した内容と提示した書類をスタッフがチェックし、審査に通過した人だけが利用できるシステムです。

ただ、本人確認だけでは、詐欺や勧誘、遊び目的などの不正行為を働く会員を見極めることはできません。

そこで、安全な婚活サイトは24時間365日体制で不審な行為がないか監視しています。

不正なメッセージを送る違反者がいれば強制退会させるので安心です。

合わせて、既婚者が独身と偽られたり、卑猥な言動を受けたり、違反行為に遭遇したときのために、通報できるシステムを採用しているかも確認しましょう。

本人確認、監視体制、通報システムが備わっている婚活サイトを必ず選んでください。

会員数は少なくないか?

会員数は少ないかチェックしよう

次に、婚活サイトの会員数をチェックしてみましょう。

単純に考えて、登録している会員が多ければ多いほど、自分が求める条件に合う人の数も多くなります。

そのため、少々難しい条件で検索しても相手がヒットする可能性が高いのです。

これは男性側からも同じことで、あなたのことを「条件に合う」と思う男性からの「いいね」がもらいやすく、自分では見つけられなかった相手から声がかかることもあります。

会員が少ない婚活サイトで、特に地方在住の場合はなかなか思ったような条件の相手に巡り会えないものです。

出会いの機会が少ない環境であっても、会員数が多いことで、その分出会いやすくなる傾向にあります。

ただし、婚活サイトの「会員数は累計○○人突破!」という表現には気を付けてください。

現在、婚活している「アクティブユーザー」数ではなく、今までその婚活サイトに登録した人数の合計です。

「累計」には、すでに退会しているユーザーや、登録しただけで一度も利用していないユーザーも含まれています。

マリコ
マリコ

会員数が少なかったら意味ない~

ハナさん
ハナさん

そうだね。そうならないためにも、まずは無料で登録することをおすすめするよ。

料金システムはわかりやすいか?

料金システムはわかりやすいか

婚活サイト・アプリの料金システムがわかりやすいということも重要なポイントです。

公式サイトやアプリに掲載している料金体系が明確で、定額制であるかどうかまずは確認してみてください。

基本的に公式サイトに書かれている金額以上に料金を請求されることはありません。

もし「メール1通○○円」「マッチング料○○円」などといった表記があれば、怪しいと思ったほうがいいでしょう。

使った分だけ料金が発生する従量課金制は高額請求に繋がります。

登録を決める前にしっかりと料金システムを確認し、万一表記のない料金を請求されたなどのトラブルがあった場合には消費生活センターに相談しましょう。

【監修者コメント】

自分の年齢層や目的に合ったサイトを選ぶのはマストです。

マッチング後に双方の意識のズレや価値観の違いから、結果的にご自身が悩んでしまうことになる可能性もございますので、しっかり抑えておきたい項目ですね。

失敗しない!婚活サイトの選び方

選び方のイメージ

婚活サイトを利用してみたけど、「全然いいねをもらえない」「自分と相性の良い男性が見つからない」といった失敗談もよく耳にします。

婚活サイトを選ぶ際に、下記の5つを意識すると失敗を防げます

ひとくちに「婚活サイト」といってもさまざまな特徴があるので、自分にピッタリなサイトに登録しましょう。

①会員数が多い婚活サイトを選ぶ

会員数が多ければ多いほど、出会いのチャンスが広がります。下記のように会員数は、婚活サイトによって大きく異なるので、サイト選びの際にチェックしておきましょう。

婚活サイト

累計会員数

ペアーズのアプリペアーズ

1,500万人

Omiaiのアプリ
Omiai

700万人

ゼクシィ縁結び_アプリゼクシィ縁結び

140万人

会員規模が少ない婚活サイトの場合、地方にユーザーがいない可能性があります。

そもそもマッチングできる距離に会員がいなければ、戦略的に婚活しても出会えないので避けるべき。

「会員数=出会いやすさ」といっても過言ではないので、累計会員数が100万人以上のサイトを選びましょう

ハナさん
ハナさん

本記事では、累計会員数が100万人以上の婚活サイトだけピックアップしたよ!

マリコ
マリコ

そうなんだね!それなら会員数が100万人を下回る婚活サイトを選ばなくて済むね!

②目的や年齢に合う婚活サイトを選ぶ

婚活サイトは、利用目的や年齢層がそれぞれ異なります

まず、目的は「恋活」「婚活」「友達探し」の3つにわけられるので、「婚活」を目的としたユーザーが多いサイトを選びましょう

恋活目的のサイトで出会えたとしても、結婚に対する意思にズレが生じて「重い」と思われてしまうケースも。

結婚への熱量や価値観が同じユーザーが集まる婚活サイトを利用すれば、上記のケースをあらかじめ回避できます。

次に、ユーザーの年齢層もサイトごとに異なり、20代に人気のサイトから50代向けのサイトまで様々。

同世代が集まる婚活サイトに登録すれば、年齢が不利になることもないでしょう。

ハナさん
ハナさん

目的と年齢にあった婚活サイトを選べばスムーズに理想の相手に巡り合えるよ!

 

今回は、20代・30代・40代の年齢別で「婚活向け」のサイトを厳選したからチェックしてね!

マリコ
マリコ

私は20代だから、ブライダルネット・ペアーズ・ゼクシィ縁結びがおすすめなんだね!

 

実際に登録しているけど、確かに同世代が多い印象だよ!同い年の相手とマッチングできたら、親近感が湧いてグッと距離が近くなるね!

③予算に合う婚活サイトを選ぶ

婚活アプリは月額料金が発生するので、予算内に収まるのかを把握したうえで登録しましょう。

また婚活アプリによって成婚までの期間がそれぞれ異なりますが、最短3ヶ月と謳っているものが多いです。

ですので、3ヶ月間利用することを前提で、総額を算出してみるのも得策です。

たとえば、ゼクシィ縁結びの場合、会員の約80%が6ヶ月以内に出会っています。

6ヶ月利用することを考えると月額4,900円(税込)ですので、トータルコストは29,400円になります。

もちろん月額性ですので、一度にトータルコストを支払うわけではありませんが「総額いくらまでなら出会いにお金を出せるのか」をシビアに考えた方が良いでしょう。

数ヶ月後に「○○円も費やしたのに、理想の相手に出会えなかった!」といった残念な気分にならないよう、あらかじめ数ヶ月先のことを見据えたうえでご検討ください。

④安全性の高い婚活サイトを選ぶ

婚活サイトは、出会い系サイトよりも安全性が高く、安心して利用できます

しかし、遊び相手を求めて利用している悪質なユーザーもゼロではありません

ですので悪質なユーザーを排除できる機能やシステムを導入しているサイトを選ぶことが大切です。安全性の高い婚活サイトを選ぶには下記の項目をチェックしましょう。

  • 本人確認機能がある
  • 運営会社や監視体制が信頼できる(24時間365日の監視)
  • インターネット異性紹介事業届を提出済み
  • 完全無料やポイント制は避ける
  • ユーザーによる通報機能がある/通報に対して迅速に対応

なお、「独身証明書」の提出ができるユーブライドなどの婚活サイトは、既婚者に遭遇するリスクが低いです。

⑤自信がない人はサポートが手厚い婚活サイト

婚活サイトには、出会いをサポートしてくれる仲人が存在しません

それに対し、結婚相談所なら相手を厳選紹介してくれたり、デートプランを考えてくれたりといった手厚いサポートを受けられます。

恋愛に消極的な人は、結婚相談所のようにサポートしてくれる婚活サイトを利用しましょう。

下記の2つの婚活サイトならサポートを受けながら効率よく婚活に励めます。

サイト名

サポート内容

ゼクシィ縁結び_アプリゼクシィ縁結び

お見合いコンシェルジュによるサポート

ブライダルネット_アプリ
ブライダルネット

専任のカウンセラー付き

【監修者コメント】

婚活サイトやアプリは設定から出会いまで全て一人で行うため、行動力のある人でないと上手くいかないように思われがちですが、サポートのついた手厚い婚活サイトも存在します

一人で活動していく自信がない方は、サポートを受けながら活動してみるのもアリかもしれませんね!

年齢別!婚活サイトの選び方

年代別で選ぶ婚活サイト

各婚活サイトは利用者の年齢層や婚活への本気度が異なります。

自分のニーズに合ったサイトを選ぶことが成功のカギを握ります。

そこでここからは20代から50代まで、年代ごとの選び方とおすすめをご紹介します。

あなたにあったサイトを選ぶ際の参考にしてください。

【監修者コメント】

自分の年齢にあった婚活サイトやアプリを登録することによって、マッチング率が上がるのはもちろんのこと、結婚の近道となりますよ。

【20代向け婚活サイト】20代は恋活に近いサイトを選ぶ

20代におすすめの婚活サイト

《20代にオススメ婚活サイト》

20代は、同じ年代の会員が多く、真面目に婚活というよりは恋活に近い感覚で始められる婚活サイトやアプリを選ぶといいでしょう。

ここで紹介する3つは20代の利用者が多く、どちらかというと恋活寄りです。

しかし遊び目的ではなく真剣に恋人を探している人が多いため、じっくり付き合って結婚に向かっていくことができます。

【30代向け婚活サイト】30代はトラブル少なく安全性の高いサイトへ

トラブルの少ないサイトがオススメ

《30代にオススメ婚活サイト》

30代女性は婚活サイトやアプリを最も利用している割合が多い年代です。

従ってサイト内で同世代の会員数という点では、あまり不安はありません。

従って出会いはそれほど難しくはありませんが、出会いが多い反面トラブルにも巻き込まれやすいという傾向もあります。

そこで30代女性は、既婚者やヤリモク(体目的)の男性と出会いにくいサイトを選ぶようにしましょう。

【40代向け婚活サイト】40代は本気度が高い会員が多めのサイトを選ぶ

40代は女性も有料の婚活サイトを使おう

《40代にオススメ婚活サイト》

40代に入ると婚活サイトがアプリを利用しての結婚が徐々に難しくなります。

というのも利用者の数が30代以下に比べて減ってしまうからです。

女性が無料で利用できるアプリも多いですが、無料のものは必然的に若い女性の利用率も上がります。

そこで40代女性は女性が有料のものを選ぶようにしましょう。

婚活に真剣な女性が集まりやすく、そんな女性との出会いを求めて、本気で婚活をしている男性が集まってきます。

【50代向け婚活サイト】50代は同年代の会員が多いサイトに登録する

50代は年齢層が高い婚活サイトに登録を

50代は利用するサイト選びがとても重要です。

《50代にオススメ婚活サイト》

同年代の男性の利用者が多くないので、比較的年齢層が高めで登録者数の多いところを選ぶのがコツです。

反対に遊び感覚で出会えるようなマッチングアプリは、50代の婚活には向きません。

また使いやすく、続けたいと思えることも重要です。

人によって感じ方が異なってくるので、まずは無料登録で試してから有料会員になるようにしましょう。

婚活サイトを利用する前に知っておきたい2つの注意点

注意点のイメージ

婚活サイトを利用する前に、下記の2点について理解しておきましょう。

上から順に解説します。

①詐欺や勧誘目的の業者が潜んでいる

婚活サイトのなかには、運営側の隙をついて詐欺や勧誘目的の業者が潜んでいるケースも

しかし悪質な業者は割と簡単に見分けることができます。下記のポイントをしっかりと押さえて、業者に引っかからないよう見分ける能力を付けましょう。

  • ほかのサイトやサービスに登録するよう誘導してくる
  • プロフィールでお金持ちアピールしている
  • すぐに会いたがる
  • 個人情報を知りたがる
  • 副業や投資を進めてくる

LINEに移行しようとする人も誠実ではないので、注意した方が良いです。

またお金持ちアピールするタイプとは反対に「お金がなくて困っている」と支援をお願いされるケースもあります。

一般男性がそのようなお願いを婚活サイトで知り合えた女性にするわけがないので、すぐに運営側に報告をして、相手をブロックしましょう

②ヤリモクやメシモクはゼロではない

婚活サイトにも身体を目的とした「ヤリモク」やご飯を奢ってもらうことが目的の「メシモク」が存在します。

ほかのユーザーも見つけ次第ブロックや運営側に報告しているので、それほど多くありませんがゼロではないということを知っておきましょう。

ヤリモクやメシモクを見分けるポイントは次の4つです。

  • すぐにLINEを教えてほしいと言ってくる
  • 歓楽街周辺でデートしたがる
  • 一緒に吞みたがる
  • すぐに会いたいと言う
  • 可愛い・綺麗など軽い気持ちで言ってくる

LINEでやり取りをしたがる理由は、運営側の監視が行き届かないからです。運営側に通報されてしまうと、今後ログインできなくなるので、悪質なユーザーにとって避けたいところ。

しかし、既婚者や彼女持ちの男性は、LINEや電話番号を交換したがらない傾向に

長くメッセージのやり取りやデートをしているのに、個人情報を明かさない相手は注意した方が良いでしょう。

遊び目的の男性は、女性を褒めることが得意で楽しい時間の過ごし方を知っているので魅力に感じるかもしれませんが、怪しいと思ったら距離を置いてくださいね。

【監修者コメント】

運営側からの監視を免れたいがためにすぐLINE交換に持ち込もうとする人もいれば、既婚者や彼女持ちの男性はLINE交換をしたがらない場合もあります。

プロフィールの内容やメッセージのやりとりをする中で、見定めながら取り組むことも大切です。

安全への取り組みが徹底されている婚活サイトの見分け方

安全のイメージ

安全への取り組みが徹底されている婚活サイトの特徴は下記の通りです。

  • 年齢確認、本人確認をしないとメッセージ交換ができない
  • 利用規約の違反がないか24時間365日パトロール
  • 違反したユーザーは強制退会
  • プライバシーマークの取得
  • 連絡を取りたくない相手をブロックできる
  • 独身証明や収入証明の提出の義務付け
 

確実に既婚者の男性を避けたい場合は、「独身証明書」の提出が義務化されている婚活サイトを利用しましょう。

【監修者コメント】

今となっては、各社それぞれ独自の安全への取り組みが行われていますので、不安な方は各婚活サイトの取り組みをしっかり確認することも大切です。

万が一悪質なユーザーに出会ったときの対処法

メッセージ交換をしている相手に違和感を抱いた場合、遠慮なく運営側に報告しましょう

運営側に悪質なユーザーの可能性がある旨を伝えたら、アカウントをブロックしてください。

もっとも危険なのは、直接顔合わせしたときに相手の行動や言動に違和感があった場合です。

ひと目につかない場所には行かずに、すぐにデートを中断してその場から立ち去ってください。

繰り返しになりますが、悪質ユーザーはメッセージのやり取りの段階で何となく違和感があるので直接会う前に気づけるはずです。

しかし遊び目的のユーザーは、悪質であるか見分けにくいので下記のポイントを押さえておきましょう。

  • 1回目のデートからカラオケや個室の居酒屋、自宅には行かない
  • ひと目につきやすい場所で顔合わせをする
  • 日中の明るい時間に会う

自分の身を守るためには、数回メッセージでやり取りを繰り返して、相手のことを知ったうえで直接会うと良いでしょう。

婚活サイトの攻略法。覚えておきたい婚活アプリ5つの必勝ルール

婚活サイト攻略法

ハナさん
ハナさん

よ~し、じゃあ最後に婚活サイトの活用法を教えるよ

 

マリコ
マリコ

やった~♪年収1億円の男性から申し込みがきたらどうしよう♪

ハナさん
ハナさん

・・・・・。

 

婚活サイトに登録すれば、すぐに男性からアプローチされるわけではありません。

まずは、自分の存在に気付いてもらうこと、そして、自分に興味を持ってもらうようにすることが重要です。

どうすれば、婚活サイト・アプリで気の合う男性と出会えるか、5つの必勝ルールを解説していきましょう。

2日に1回はログインする

婚活サイト・アプリを始めたら、2日に1回は必ずログインしましょう。

なぜなら、利用頻度が高い人ほど、婚活を成功させているからです。

ブライダル総研の調査によると、ネット系婚活サービスで恋人や結婚相手を見つけた人の40.1%は毎日、23.9%は週に3~6日以上利用していたことがわかっています。

ネット婚活利用頻度

引用元:ブライダル総研「婚活実態調査2019

半数以上の人が週3日以上の利用で成功しているので、数字だけ見ても2日に1回以上ログインすることは効果的です。

それに、あまりログインをしていないと、せっかく男性から「いいね」やメッセージが送られてきても、見逃してしまう恐れがあります。

何のアクションも返って来ないと、男性は「自分に興味がないのかな?」と考え、あなたを諦めてしまい、他の女性を探してしまいます。

また、会員は皆、最後にログインしていた時間が表示されます。

せっかくあなたに興味を持った男性がいても、「この女性は最終ログイン一週間前か。もう婚活をしていないのだろう。」と離れてしまうことも…。

逆に、ログイン中だと、男性に「今この女性はオンラインだ。今メッセージを送ったら返事が返ってくるかも。」と思ってもらえます。

チャンスを逃さないように、まずは積極的にログインするよう心がけてください。

普段、SNSはあまり見ないという方でも、婚活サイト・アプリのログインはマメに行いましょう。

ハナさん
ハナさん

マメな人が婚活サイトを制す、というかんじだね

マリコ
マリコ

じゃあとりあえずログインするところから始めようっと

写真は公開必須。奇跡の1枚を掲載

顔写真は奇跡の1枚を使用しよう

プロフィールの写真は必ず登録しましょう。

婚活サイト・アプリでは、顔写真がとても重要になります。

婚活サイトを始める時、誰もが最初に目にするのは異性の「プロフィール写真」です。

何人もの女性の顔写真が並んでいる中で、自分の写真に興味を持ってもらえるかが鍵となります。

自分の顔以外(動物やイラストなど)の写真を設定してしまうと、「顔を出さないなんて怪しい人だ」と不審に思われ、スルーされてしまいます。

自分の中でも自信のある写真、いわゆる「奇跡の一枚」を設定しましょう。

顔に自信がない人でも、顔の角度やメイクを工夫し、明るさを調整すれば「奇跡の一枚」を演出することができますよ。

ただし、写真をアプリで過度に盛ったり、加工をやり過ぎたりするのはNGです。

実際に男性と会った時に、「詐欺」や「別人」と思われてしまうと、顔写真の好印象から一転、最悪な印象に。

マイナスの評価からスタートしたデートで挽回するのは困難ですよ。

ハナさん
ハナさん

一覧で見ると小さく見えるので、アップの写真を掲載するのもおすすめだよ

マリコ
マリコ

きれいに自撮りできるように練習しようかな

婚活アプリの写真に自撮りはNG?マッチングに繋がる写真のコツ9選
ネットでの婚活は写真が命です。見た目の印象から出会いの可能性は全く変わってきます。いいねやメッセージをもらいやすくするための写真の撮り方、写真掲載の基本的なルールを紹介します。

プロフィールは全部埋める

プロフィールは全部埋めよう

婚活サイト・アプリのプロフィールには、顔写真やニックネーム以外に、「自己紹介文」や年齢、身長・体型、居住地、家族構成、職業、結婚歴、結婚に対する意思など多くの「選択項目」があります。

「選択項目」を全部入力するのは少し大変ですが、自分がどんな人間かを前もって知ってもらえ、交際後のミスマッチを防げます。

また、すべて入力することで誠実さが伝わり、真剣に婚活している印象を与えられます。

自身でマイナスに思う項目があっても、できるだけ正直に記載しましょう。

「自己紹介文」では、自由に自己PRできます。

適当に書いてしまうと、何を考えている人のか全く伝わりません。

性格や趣味、仕事、どんな人と出会って何をしたいかなど、自分を知ってもらうようにしましょう。

マリコ
マリコ

えぇ~自分のこと書くのって難しい・・・。

ハナさん
ハナさん

いきなり長文を書こうとせずに、徐々に足していってもいいんだよ。

404 NOT FOUND | ハナマリ|あなたに寄り添う婚活ブログ
自然に出会いたいと考えているあなたに、分かりやすく恋愛・婚活情報をお伝えするメディア。婚活アプリや結婚相談所に関する疑問や不安にもお答えします。

自分からアプローチ、メッセージには即返信

自分から積極的にアプローチする

女性は男性からアプローチされるものと、思っていませんか?

「女性から男性に近づくなんて負け」

そんなことは、決してありません。

むしろ、男性は「いいね」をもらうより送る方が多いため、女性からの「いいね」は貴重と感じ、送ってくれた女性を意識しやすくなります。

そもそも、婚活サイトは会員数が多いため、女性も自ら行動しないと、待っているだけでは自分の理想の相手を探すことができません。

気になる男性を見つけたら、積極的にアプローチしましょう。

また、メッセージの返信はタイミングよりも早い返信の方が好印象をもたらします。

相手に好意があると思われると、恋愛が進展しやすくなりますよ。

アプローチしてもマッチングしなかったり、メッセージが来なかったりすることもありますが、たまたまタイミングが悪かっただけの可能性もあります。

一人二人ぐらいから反応がないのはよくあることと思い、くよくよせず、切り替えて行動するようにしてくださいね。

「自分からアプローチ」して「メッセージには即返信」を心がけて、勝ちを掴みに行きましょう。

マリコ
マリコ

即レスしすぎたら、怖がられないかな??

ハナさん
ハナさん

時間を置いて返信するよりも喜ばれるよ

婚活アプリのメッセージ内容は?出会いにつなげるメッセージのコツを紹介
婚活アプリのメッセージで何を送ればいいのか分からない人も多いのでは?そこでこのページでは、スルーされずに思わず返したくなるメッセージを書くコツを伝授します。また危険なメッセージを見分ける方法もお伝えします。

1回の長時間デートよりも、短い時間で複数回会う

長時間のデートより短時間で復数会う

婚活サイト・アプリで気になる相手とマッチングし、メッセージを通して仲良くなったら、次は実際に会うことになります。

いくらメッセージ上で仲良くなった男性でも、実際にデートしてみるまでどんな人かわかりません。

いざ、蓋を開けてみると、リアルでは全く話が盛り上がらず、「思ったのと何か違う…」と感じてしまうことがあるかもしれません。

そのため、初対面での長時間のデートは避けてください。

どんなに気が合うと思った相手でも、テーマパークで丸一日デートするような予定は立てない方が良いでしょう。

また、1回のデートが長いと、どんなに良い人でも最終的に疲れたという感想しか残りません。

相手に「一緒にいると疲れる」と思われてしまわないよう、長時間のデートは控え、短い時間で複数回会うようにしましょう。

婚活なら複数の男性と同時に交際してもいいの?

復数の男性と同時進行して比較する

婚活サイト・アプリでは、相手を一人だけに絞らず、複数の人と交際してみましょう。

何も二股三股を勧めているわけではありませんよ。

まだ誰ともお付き合いしていないお友達段階のときは、スケジュールが許す限り、2~3人と同時並行でメッセージのやり取りやデートを進めてください。

たった一人に絞ると、もしその人と上手く行かなかった時、一から他の人と関係を作らないといけません。
これは時間と労力を考えると非効率ですよね。

複数の男性と同時にやり取りし、比較検討できるのも婚活サイト・アプリのメリットです。

最終的に、付き合いたいと思える人ができたら、その一人に絞りましょう。

もし、性格上、たくさんの男性と並行してメッセージを送ったり、デートしたりできないという方は無理をしないでくださいね。

性格に向かないことをして婚活に疲れてしまわないよう、自分のキャパシティと相談して進めましょう。

マリコ
マリコ

えぇ~。一人に絞れなかったらどうしよう(ハート)

ハナさん
ハナさん

そうなってから考えても遅くないと思うよ

【辛い】婚活での同時進行は当たり前?皆がやっている上手な進め方まとめ
結婚相談所での婚活では、同時進行は当たり前になっています。でも抵抗を感じてしまう人もいますよね。そこでこのページでは、同時進行のメリットと婚活疲れしないように上手に進めていくコツをご紹介します。
【監修者コメント】

アプリでは必勝ルールの他にも「やらない方がいいこと」が存在します。

特にプロフィール文において「相手を制限してしまう文章」や「自分自身のカミングアウト」は入れない方がいいです。

できるだけ、前向きなプロフィール文を作成することをお勧めいたします。

【FAQ】婚活サイトによくある質問まとめ

婚活サイトは登録してみないと分からないことも多く、不安な方も多いですよね。

ここからは、婚活サイトを利用する際によくある質問に回答していきます。

登録する際に必要なものは?

A.メールアドレスと電話番号があれば登録できます。

婚活サイトのほとんどはメールアドレスと認証用の電話番号があれば登録可能です。

会員を検索したり、いいねやマッチングをするだけなら本人確認なしでも行えます。

マッチング後、メッセージの段階になると本人確認(年齢認証)が必要になり、免許証や健康保険証の提出を求められます。

サクラがいるって聞いたんだけど…

A.大手の婚活サイトにはサクラはいません。
婚活サイトがサクラを雇うのには、「会員数を増やしたい」「アプリの知名度を上げたい」といった理由があります。

大手の婚活サイトは既に知名度が高いので、サクラを雇うメリットがなくほぼ居ません。

「ほぼ」と書いたのは、新規ユーザーとしてサクラ・業者が登録する可能性があるからです。

婚活サイトの運営側も24時間パトロールしていますが、登録したばかりのユーザーやサクラだと断定できないユーザーは検索画面に表示されてしまう可能性もあります。

プロフィールに空欄が多いユーザーや、本人確認の終わっていないユーザーには出来るだけ接触しないようにしましょう。

本人確認しないと使えない?

A.会うためには本人確認が必須です。

婚活サイトでは、メッセージのやり取りに本人確認が必要な場合がほとんどです。

本人確認に必要な書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート (いずれか)

必要書類をスマートフォンで撮影して提出しますが、確認に数日かかることもあります。

婚活サイト登録後は、早めに本人確認を済ませておきましょう。

マッチングした後、何をすればいいの?

A.まずはメッセージでマッチングのお礼を伝えましょう。

マッチングしたら、「マッチングありがとうございます、よろしくお願いします」といった内容のメッセージを1通目に送りましょう。

ただ「よろしくお願いします」だけだとやり取りが続きにくいので、相手にいいねしようと思った理由を伝えたり、プロフィールの中で気になることを聞いてみるのがおすすめです。

(例)
マッチングありがとうございます♪私も登山が大好きなのでいいねしちゃいました!よろしくお願いします。
【監修者コメント】

サイトやアプリの運営側が24時間パトロールしていたとしても、不快なメッセージを送ってくるユーザーはいるもの。

その場合は無理に接触せず、運営側に報告した後にブロックするのが無難です。

出来るだけ早く出会いたい人は複数の婚活サイトを併用しよう

膨大な出会いから理想の相手を見つけよう

出来るだけ早く理想の相手に出会いたい人は、2~3つの婚活サイトに登録して出会いのチャンスを広げましょう

今回ご紹介した「年代別のおすすめの婚活サイト」を参考に、同世代が集まるサイトに登録して積極的に婚活に励んでくださいね。

近年ではオンライン上で婚活に挑む男女が増えているので、あなたも良い出会いを求めて婚活に参戦しましょう。

おすすめの婚活サイトを総まとめ!
会員数が多く地方でも出会える「Pairs(ペアーズ)」
20代向けの「ブライダルネット
30代向けの「Omiai(オミアイ)
40代向けの「ユーブライド
【監修者コメント】

複数の婚活サイトやアプリを併用することで、使いやすいもの、マッチングしやすいものがだんだん分かってくるようになります。

慣れてきたら1つに絞ってみるのもアリですね!

タイトルとURLをコピーしました