泣いたあとの目の腫れの対処法とは?寝る前の予防が大切なんです!

「泣き疲れて寝てしまったあと、鏡を見たら目が腫れていた……」という経験をしたことはありませんか?
鏡を見るだけで気分は下がり、仕事に行くことも憂鬱になりますよね。
しかし、そんなときでも対処法を取り入れるだけで目の腫れを軽減させることができるんです。
そこで今回は、泣いたあとの目の腫れの対処法をご紹介いたします。

泣いたあとの目の腫れは翌朝の対処法にかかっている!

泣いている女性

失恋をしたとき、大好きな友達と離れ離れに暮らすことになったとき、仕事で嫌なことがあったとき、映画が感動的だったときなど、思いっきり泣きたくなるときもありますよね。

泣くこと事態は、ストレス解消や気持ちのデトックスになるので、悪いことではありません。
むしろ、泣きたいときは我慢せずに思いっきり泣いたほうがいいといわれています。
実際に泣いたあとは気持ちがすっきりし、「また頑張ろう」と思えることも。

しかし、泣いたあとに待っていることが目の腫れです。
ストレス発散できたとしても、目元がパンパンに腫れてしまっていては仕事に行くことも憂鬱になりますし、友達にも会いづらくなってしまいますよね。

そこで今回は、泣いたあとの目の腫れに効果的な対処法をご紹介いたします。
対処をするかしないかで、目の腫れも大きく変わってくるので、いつも困っていた女性は必見ですよ。

泣いたあとの目の腫れの対処法の前に、原因をチェックしよう!

女性

泣いたあとに目が腫れてしまう一番の原因は、“目元を擦ること”だといわれています。
涙が溢れてくれば、どうしてもティッシュやハンカチなどでゴシゴシ擦ってしまいますよね。

まぶたは顔の中で一番皮膚が薄いパーツだといわれていて、とてもデリケートな部分なので、擦ることによって皮膚が傷つき、炎症を起こしてしまうのです。
「涙を拭き、皮膚が傷つくと、涙の塩分で刺激されて目が腫れる」という流れになります。

ただでさえまぶたは、1日2万回にも及ぶまばたきや、皮脂の分泌が少ないことからも刺激を受けやすい部分なので、泣いて目を擦ることは大ダメージになってしまうんですよ。
だからといって、泣くことを我慢することは良くないので、泣いたあとの目の腫れの対処法を覚えておきましょう!

泣いたあとの目の腫れの対処法①スプーンの裏を使って冷やす

女性

目が腫れてしまったら、冷やすことが一番効果的!
そこで、泣いたあとの目の腫れの対処法として人気なのが手軽にできる「スプーンの裏を使って冷やす」ということです。

①カレースプーンなどの金属のスプーンを用意したら、氷水に入れて冷やします。
②スプーンの裏側、ポコッと出た山の部分をまぶたに当てます。
③その状態で、目頭から目尻に向けて20秒ほどまぶたの上を優しくすべらせましょう。

まぶたを冷やすことで血行が収縮し、まぶたに溜まってしまった水分が流れやすくなるので、目の腫れの軽減を期待することができます。
同時に目元がすっきりするので、目も覚めますよ♪

腫れそうだと思ったら、前夜から冷蔵庫に入れて冷やしておくと時短になります。

泣いたあとの目の腫れの対処法②コットンでアイパックをする

化粧水

コットンでアイパックをすることも、泣いたあとの目の腫れの対処法の1つです。

冷たい美容液、もしくは氷水に入れて冷やしたコットンを用意したら、横になって目の上に置き、5分ほど放置するだけでいいので簡単ですよね。
ですが、冷やしすぎると赤みや傷みが増してしまうこともあるので、様子を見ながら対処するようにしましょう。

また、保冷剤を使ってもいいのですが、その場合は保冷剤をぬるま湯に入れてから一度柔らかくし、ハンカチなどに包んで目に当てるようにしてください。

アイパックという点では、使用済みのティーパックを冷やしてから目元に置いておくというのもおすすめです。
紅茶には「ラマフラヴィン」という色素が含まれていて、目の腫れを解消することに効果的だといわれていますよ。

泣いたあとの目の腫れの対処法③蒸しタオルで温める

横たわる女性

泣いたあとの目の腫れには冷やすことが一番効果的だといわれていますが、同じように温めて血行を促進することも効果的な対処法です。

おすすめは蒸しタオルで目元を温めること!
①水分をたっぷり含ませたタオルを用意したら、レンジで20秒ほど温めます。
②人肌、もしくは人肌よりやや温かくなったら、タオルを目元に当てて5分ほど待ちましょう。

あらかじめ、市販のホットアイマスクを用意しておくのもおすすめです。

蒸しタオルだけでなく、冷やしたタオルも用意し、約3分おきにのせていくと血流が促進され、より目の腫れをすっきりさせることができますよ♪

泣いたあとの目の腫れの対処法④シャワーを当てる

シャワー中の女性

泣いたあとの目の腫れを軽減させるためには、シャワーを当てることも1つの対処法です。

シャワーを顔に当てると血行が良くなるので、腫れが少しずつ引いていきますよ。
ただし、シャワーの温度を上げすぎると強い刺激になってしまうので注意が必要です。
35度前後のぬるま湯で、目の中に入らないように注意してくださいね。

時間があるときは、湯船に浸かりながらまぶたをトントンと軽くたたくようにしてあげると、血行が良くなりますよ!

泣いたあとの目の腫れの対処法⑤マッサージをする

女性

泣いたあとの目の腫れを軽減するためには、直接マッサージをすることも1つの対処法です。

①目を閉じたら目頭から目尻、そしてこめかみに向かって優しく押していきます。
②こめかみのところで3秒間、グッと押す動作を5回繰り返します。
③次に、目の下の目頭から目尻、こめかみに向かって押しながら移動させたら、先ほどと同じようにこめかみを3秒押す動作を5回繰り返しましょう。

泣いた翌日はいつも以上にデリケートになっているので、余計な刺激を与えないように顔専用のマッサージクリームやオイルを使いながら行うようにしてくださいね。

泣いたあとの目の腫れの対処法⑥メイクでごまかす

コスメ

「泣いたあとの目の腫れが完全に引かなかった……」というときは、メイクで軽くカバーする対処法を覚えておくのがおすすめです。

・泣いたあとの目の腫れをカバーするメイクのポイント
①アイシャドウは寒色系のブルーやネイビー、もしくはブラウンを使う
②アイライナーは目の腫れを強調させる黒ではなく、ブラウンを使う
③目の下にハイライトを入れて目元をすっきり見せる

膨張色である暖色系のアイシャドウは、目の腫れを強調させてしまうので注意しましょう。
また、サングラスや伊達めがねなどで目の腫れをカバーするのもおすすめですよ!

泣いたあとの目の腫れを少しでも軽減するためには、泣くときの対処法も大切なんです。

女性

まぶたへの刺激を避け、泣いたあとの目の腫れを軽減するためには、泣くときにもいくつか対処法があります。
泣いているときは意識してられないかもしれませんが、思い出したときにでも気をつけてみてください。

・頬に流れてきた涙を拭く
目元をゴシゴシ擦ると腫れに繋がるので、目元よりも頬に流れてきた涙を拭くようにするのがポイントです。

・うつ伏せにならないようにする
うつ伏せになると、目元が寝具と擦れてしまうことがあります。
うつ伏せになったときの刺激も目の腫れに繋がるので、仰向けで寝るようにするといいですよ。

・アルコールや塩分の過剰摂取を控える
「泣きながらやけ酒!」という女性もいると思いますが、アルコールは顔全体がむくむ原因にもなるので、泣いたこととアルコールによって顔がパンパンにならないよう、アルコールはほどほどにしてくださいね。
泣いたあとの目の腫れの対処法について、ご紹介させていただきました。
泣くことは気持ちをすっきりさせてくれるのでとても大事なことです。
そのあとにどのような対処をするかが、目の腫れを左右するので、泣いたあとや泣いた翌日はぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】疲労回復【足つぼマッサージ】のやり方!お疲れ様なカラダのために

20代も後半になると、昔のようにたくさんお酒を飲んだり、徹夜をした次の日にダメージが少な...

泣いたあと 目の腫れ 対処法 寝る前

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる