「女」として見られてる?「母」のような存在になってしまう人の特徴

LOVE

付き合っていくうちに、「彼女」から「お母さん」のような存在になってしまう女性っていますよね。
そんな風に思って欲しくないのに、どうしてそうなってしまうのでしょうか。
そこで今回は、男性が彼女に対して「お母さんみたいだ」と感じる瞬間をご紹介します。

「彼の母親」になってしまう女性の特徴① 何でもしてしまう

彼に「何でもしてあげたくなってしまう」と思う傾向がある女性は、「お母さんみたい」だと認定されがち!

朝起こすところから始まり、ご飯を作り、洋服まで用意してあげたり……と、何から何まで彼のために尽くしてしまう人は要注意です。

彼にとってあなたは便利な存在になってしまい、彼自身がどんどん自分で行動しなくなり、ダメ男に育ててしまうことも。

彼の全てをサポートするのではなく、大変な時に支えてあげたり、頼られた時に応えてあげられるようにしましょう♪

「彼の母親」になってしまう女性の特徴② 口うるさい

彼の家に遊びに行った時、脱ぎっぱなしの靴下が落ちていて、お母さんのように口うるさく注意してしまった……なんてことはありませんか?

男性は、小さいことをいちいち注意されてしまうと、うっとうしく感じてしまいます。

学校にちゃんと行っていなかったり、パチンコにハマっていたりと、ダメな生活に関して注意することは大切です。

けれども、小さいことで「だらしないなぁ」と感じた時は、黙って片づけてあげたり、うっとうしいと思われない程度に可愛く注意するのがおすすめです。

逆に好感度がアップするはずですよ♪

「彼の母親」になってしまう女性の特徴③ スケジュールを把握している

「彼のスケジュールを把握している」または、「スケジュールを執拗に聞いてしまう」人は、お母さんのような存在になっている危険性があります。

「そういえば、この日○○君と遊ぶんだっけ?」など、相手のスケジュールを徹底的に把握してしまうのは、迷惑がられているかも……。

あまり相手の行動を監視せずに、あなたといる時の時間こそ大切にしてください♡

彼にとって「うっとうしい存在」になってしまうと、どんどんお母さん化が進んでしまいますよ!

「彼の母親」になってしまう女性の特徴④ しっかりしすぎて、彼を頼らない

あなたは自分が苦しくなった時に、彼にちゃんと頼っていますか?

あなたが彼に頼ることなく、一人で自立している姿を見ると、彼にとってのお母さん化が進んでしまう可能性が。
またその頼もしさから、あなたに甘えることの方が多くなってしまうかもしれません!

頼りすぎるのも良くないですが、ちょっぴり女性らしい、弱い部分を見せることも大切ですよ♪

時にはちょっと弱音を吐いたり、助けを求めたりしてみましょう。

「彼の母親」になってしまう女性の特徴⑤ 全てについて干渉してしまう

付き合っているとはいっても、自分だけの時間はとっても大切。

「今日は何をしていたの?」「どこに行ってたの?」「何時に帰ってくるの?」など、まるでお母さんのような質問を投げかけるのはNG。
常に干渉してしまうと、彼にとっての一人の時間がなくなってしまい、ストレスに感じてしまう恐れがあります。

彼のことを想っているからこそ、気になってしまうのは分かります。けれども、あなたにとっても「彼だけが全てではない」ということを自覚しましょう♡

あまり干渉しすぎずに、適度な関係を作っていくことも必要ですよ♪

「彼の母親」のような存在になってしまう女性の特徴を、ご紹介しました。
あなたも彼に、「お母さんのような存在だ」と、感じてほしくはないですよね。
適度な距離感で、良い関係を築いていくことが大切ですよ♪