「ミニマリスト」「シンプリスト」の違いって?物を大切にする生活へ

LIFESTYLE

インテリアや行動、考え方などの新しいワードとして「ミニマリスト」「シンプリスト」という言葉をよく耳にします。
ですが、一見ミニマリストとシンプリストは似ているようで違いがよく分からないものですよね。
そこで、ミニマリストとシンプリストの違いを探っていきたいと思います。

「ミニマリスト」と「シンプリスト」の違い:ミニマリストとは?

机の置いてあるシンプルな部屋

「ミニマリスト」と「シンプリスト」の違いを探るために、まずはミニマリストとはどういう人たちのことをいうのかチェックしていきましょう!

インテリアや思考において“最小限主義者”といわれるのがミニマリストの定義です。
最小限の持ち物で暮らすことで、無駄な時間やストレスを省き、自分の時間を有意義に過ごすことを目的としている人が多いようですよ。

基本的に持ち物が極端に少なく、断捨離を行った最後の形態といってもいいのかもしれません。
ただし、ミニマリストの人というのは、自分の中での最小限を定義していて、それぞれに最小限の度合いが違います。

ミニマリストでも、趣味の物はしっかりと持っているということもあるんです。

「ミニマリスト」と「シンプリスト」の違い:シンプリストとは?

白に統一された部屋

ミニマリストと混同されがちなのがシンプリストです。

一見、持ち物がすっきりと整頓されているので、ミニマリストと思いがちなのですが、シンプリストは、シンプルなインテリアやライフスタイルを好む人のこと!

インテリアのカラーを白で統一するなど、すっきり見せるというところに重点を置き、そのため片付け術に優れています。

持ち物はある程度制限して、すっきりした空間を目指していますが、ミニマリストほどストイックでないというところが大きな違いなんですよ。

「ミニマリスト」と「シンプリスト」の違い:ミニマリストは色を気にしない?

ソファーの置いてあるシンプルな部屋

ミニマリストは、自分にとって必要最小限の物で暮らしています。
そのため、部屋の中は物であふれることはありませんが、持ち物の色を統一することにはさほどこだわらないようです。
逆に、シンプリストは白で統一したり、モノトーンのインテリアにこだわったり!
ここが「ミニマリスト」と「シンプリスト」の大きな違いといえそうです。

ミニマリストは、物を選ぶときに機能で選ぶことが多いので、シンプルなデザインながら、色はカラフルなことも♪
ですが、シンプリストは色を統一したがり、カラフルな物が部屋にある場合には、インテリアに溶け込ませるか、隠すように収納するようにします。

もちろん、ミニマリストでかつシンプリストという場合もありますので、色に統一感を持たせることに重点を置くミニマリストもいますよ。

「ミニマリスト」と「シンプリスト」の違い:ミニマリストは物の数にこだわる

なにもない部屋

ミニマリストの人というのは自分がどれだけ少ない物で生きていけるか、というところにこだわるようです。
趣味の物など、自分に必要な物以外は極端に少なくしていく傾向があるようですよ。

逆にシンプリストは、物が多くてもそれをいかにすっきりと収納するか、ということにこだわります。
収納家具にこだわったり、クローゼットの整理整頓に余念がありません。
この物の数の違いというのも「ミニマリスト」と「シンプリスト」の大きな違いです。

整理整頓が苦手な方には、ミニマリストが向いているかも!?

一見似ているようで違いがよく分からない「ミニマリスト」と「シンプリスト」!
あなたはどちらの考え方に共感しますか?
物が溢れる時代だからこそ、本当に自分が必要としている物を持ち、物を整えることというのは、とても気分のいいことです。
ミニマリストとシンプリスト、どちらも素敵な生き方ですよね。
目指してみよう、と思うのもいいかもしれませんよ。