「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーをいち早く落とす方法

BEAUTY

「あれ?イメージと違う……。」初めての美容院やヘアカラーの雰囲気を変えるときに思ったカラーの仕上がりと違うと感じてしまったことありますよね!今回は、「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーをいち早く落とす方法をご紹介しますよ。
ヘアカラーを落とすとなると髪に負担をかけてしまうことになるので、それを理解したうえで最適な方法を選んでみてくださいね。

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーを早く落とす方法①高級アルコール系のシャンプー

パンテーン引用:item.rakuten.co.jp

高級アルコール系のシャンプーというと高いシャンプー?と思う方も。実は、500円程度で購入できるドラックストアに売っているお手頃シャンプーのことなんです♡

この高級アルコール系のシャンプーというのは洗浄力の高いシャンプーのこと。なので、ヘアカラーを早く落とすことに向いているんですよ!

値段が高く設定されているシャンプーはアミノ酸系で髪に優しいことがほとんどなので、ヘアカラーを落とすことには向いていません。

シリコンシャンプーと呼ばれているものに高級アルコール系のシャンプーが多いので、まずはシャンプーを切り替えて様子を見てみるのがいいかもしれませんね♪

パンテーン PRO-V エクストラダメージケア シャンプー ポンプ

¥665

販売サイトをチェック

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーを早く落とす方法②石鹸シャンプー

石鹸シャンプー引用:item.rakuten.co.jp

石鹸シャンプーってあまり聞き馴染みがないかもしれません。ご存知でしょうか?
なんだか髪がキシキシしそうなネーミングですが、まさにその通り!

髪の毛はアルカリ性になるとキューティクルが開いて、酸性になるとキューティクルが閉じるという性質があるようです。

石鹸シャンプーはアルカリ性の性質を持っているので、キューティクルを開かせてヘアカラーを落とすことができるという理論!

先ほどご紹介した高級アルコール系のシャンプーよりもヘアカラーを落とすことが早くできるかもしれませんが、洗いあがりのキシキシ感は不快に思ってしまう可能性も。

次の日のスタイリングの為にも、濃密なトリートメント剤と上手に組み合わせてみて。

ミヨシ石鹸 無添加 せっけんシャンプー

¥474

販売サイトをチェック

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーを早く落とす方法③シャンプーの回数を増やす

シャンプーの回数を増やす引用:www.shutterstock.com

ヘアカラーを落とす方法として最も定番なのが、シャンプーの回数を増やすこと。
学生の頃に黒染めを落としたくて、いつもより多めにシャンプーをしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

ご存知の通り目に見えてヘアカラーを落とすことができるわけではないので、地道に繰り返すことが必要です。

先ほどご紹介した高級アルコール系のシャンプーや石鹸シャンプーで行うと、より落ちが早くなることを期待できるかもしれません。

髪の油分がたくさん落ちてしまうので、仕上げに髪用のオイルなどを足してしっかりと乾燥を防いであげることも大切ですよ!

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーを早く落とす方法④シャンプーを泡立てて放置

シャンプーを泡立てて放置引用:www.shutterstock.com

シャンプーの種類を早くヘアカラーを落とすものに変えてみることや、洗う回数を増やすこともいいですが、シャンプーを泡立てて放置しておくという方法もぜひ試してみて♪

おすすめは最初の方で紹介した高級アルコール系のシャンプーや石鹸シャンプーを使うこと!
洗浄力の高いシャンプーで泡パックすることで、髪の内部に浸透したヘアカラーを落とす効果が期待できますよ。

シャンプーの回数を増やすのが面倒だなと感じる方は、半身浴している間に泡パックしておくのが良いかもしれませんね♡

この方法も確実に髪を傷めることになるので、泡パックと同じ時間トリートメントでしっかりパックしておくとダメージも和らぐかも。

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーを早く落とす方法⑤熱いお湯につけてみる

熱いお湯につけてみる引用:www.shutterstock.com

ヘアカラーを早く落とす方法には、熱いお湯に漬けるだけでも効果が期待できるそうです。

よくシャンプーなどを洗い流すときにはぬるめのお湯を使用すると良いと言われていますが、熱いお湯はキューティクルを剥がしてしまう原因なんだそう。

ヘアカラーの液はキューティクルの内側に浸透しているので、あえて熱いお湯に漬けてキューティクルをひらかせることでヘアカラーを早く落とすという方法も。

キューティクルをひらかせることにより、髪がパサパサに乾燥してしまう可能性も。もしこの方法を行うなら、しっかりとキューティクルを保護してくれるトリートメントを最後に行うことをおすすめします!

いつもより高めの補修効果のあるトリートメントをすることで、ダメージも補えるかもしれませんよ。

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーを早く落とす方法⑥寒色系のカラーならクエン酸

クエン酸引用:www.shutterstock.com

寒色系のカラーでヘアカラーの色が暗くなってしまった場合にのみ、ヘアカラーを落とすのにクエン酸が効果的なんだとか♪

その方法は、薬局で売っているクエン酸1gに対して99gの水を用意します。
水にしっかりクエン酸を溶かして髪全体にかけて通常通りシャンプーを。

しかし、こちらも即効性があるわけではなく、少しずつヘアカラーが落ちていく方法なので期間を空けながら繰り替えし行ってみてください。

注意点としては、暖色系のカラー・赤系のカラーの場合にはクエン酸で落とすことはできないそうなのでカラーを見極めて使ってみてくださいね。

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーを早く落とす方法⑦考え方を変えてみる

考え方を変えてみる引用:www.shutterstock.com

ヘアカラーは時間が経てば落ちていってしまうもの。
今は暗くて不満かもしれませんが、時間が経てば落ちてしまうものにわざわざ髪を傷める必要があるでしょうか?

そもそもヘアカラーを落とす方法が上手くいくとは限らないので、考え方を変えて徐々に色が落ちるのを楽しむ余裕を持ってみて♪

徐々に落ちていく過程を見ているうちに、「意外とこの暗さって私を魅力的に魅せてくれているかも!」という段階を発見できるかもしれませんよ。

ヘアカラーが暗くなりすぎるとテンションまで下がってしまいますが、今は敢えて清楚モードを堪能するのもありではないでしょうか♡

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーを早く落とす方法⑧美容院にお直しを頼む

美容院にお直しを頼む引用:www.shutterstock.com

ヘアカラーを早く落とす方法として、美容院にお直しを頼むことも視野に入れて!
自宅でヘアカラーを落とすのも髪を傷めてしまいますが、美容院でお直しを頼むことでなるべく髪を傷めないように染め直してくれるかもしれません。

しっかりとサービスが徹底されているところなら、トリートメントの工程をプラスして髪の補修も行ってくれるでしょう。

ヘアカラーのイメージが違いすぎて美容院嫌いになりそう……。という気持ちになる前に、しっかりとモヤモヤした気持ちを伝えてみて。

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーを早く落とす方法⑨担当の美容師を変える

担当の美容師を変える引用:www.shutterstock.com

ヘアカラーが失敗してしまった原因は、美容師さんとしっかりイメージが共有できていなかったということ!

ヘアカラーを早く落とす方法で失敗をなかったことにしてしまうのもいいかもしれませんが、同じ美容師さんにお願いしているとまた同じ失敗を繰り返すことになるかもしれません。

いくらお気に入りの美容師さんだからといって、カウンセリングが疎かになっていたりしていませんか?
どんなに常連だからといってもしっかりとお客様と担当スタイリストという関係を忘れないのが一流の美容師さんです。

あなたは綺麗になりたくて美容院に来ているのに、それを実現させてくれないのなら担当の美容師さんを変えるべきでしょう。
その方が美容師さんにとってもフィードバックになるので、ちょっと時間を置いて再指名するのもありかも。

「染まりすぎて暗い!」残念ヘアカラーをいち早く落とす方法を知っておくことで、ヘアカラーが失敗と感じた時でも素早く対処できそう。
髪が傷んでしまうことが嫌な方は、無理をせず時間の流れに身を任せてくださいね。