「ジャケットなし・自由」はどうする?夏の証明写真の服装おすすめ4種

FASHION

転職やアルバイトの面接などで証明写真を撮ることになったら、あなたはどのような服装を選びますか?
夏の証明写真撮影、実は服装に悩んでしまうという人が多いんです!
そこで今回は、スーツで写る場合だけでなく、自由でOKな場合にも参考になる、おすすめの服装をご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2020.07.21

夏の「証明写真」におすすめの服装①基本はブラックかネイビーのスーツ!

夏コーデの女性出典:www.shutterstock.com

証明写真の基本といえば、やっぱりスーツですよね。
スーツの中でも、カラーはブラックかネイビーが◎
インナーはホワイトのブラウス、もしくは胸元が開きすぎないシンプルなデザインのカットソーがおすすめです。

ネックレスやピアスなどのアクセサリーは外し、髪形はジャケットの襟に掛からないようにまとめると良いですよ。

夏だけに限らず、オールシーズンおすすめできる、証明写真の服装の基本です!

夏の「証明写真」におすすめの服装②襟付きのシンプルなシャツ

夏コーデの女性出典:www.shutterstock.com

証明写真を提出する企業によっては、スーツの着用がマストではないケースもありますよね。

「服装は自由で」といわれていたとしても、きちんと感のある服装で相手側の企業へ失礼のないようにしたいもの。

どのような業界でも間違いがないのは、襟付きのシンプルなシャツです。
夏だけでなく、どの季節でも好まれるので、1枚持っていると便利ですよ。

トレンドに左右されることなく、清潔感を演出できる頼れるアイテムです。

夏の「証明写真」におすすめの服装③ジャケット

夏コーデの女性出典:wear.jp

カジュアルなカットソーを着用していたとしても、しっかりきちんと感を演出してくれるのが、ジャケットを羽織った服装です。

夏は暑いので、普段着を着用してジャケットを持参し、撮影の際だけ羽織るのも良いでしょう。

髪形はスーツの時と同様、ジャケットの襟に掛からないようにまとめ髪にすることをおすすめします。

夏の「証明写真」におすすめの服装④カーディガン

夏コーデの女性出典:wear.jp

夏の証明写真撮影の際は、ジャケットだけでなくカーディガンを羽織った服装も、好感度が高いのでおすすめです。

好ましいのは、ホワイトなどの明るいカラーのインナーの上から、ネイビーやブラックなどのベーシックな濃色カラーのカーディガンを羽織るコーデです。
どのような格好で証明写真に写っているかは、相手企業が先行の判断基準として重要なカギを握っています。

アイテム選びもそうですが、色選びも意識することで、きちんと感や清潔感を演出できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。