ラブラブカップルの共通点!付き合いが長続きする4つの法則

LOVE

どんなカップルであれ、付き合っているとマンネリ化が生じたり、パートナーへの不満が生まれてくるものです。
そんな障害をも乗り越えて、ずっとラブラブで居続けているカップルには、実は共通点がありました。
パートナーと末永く寄り添い続けられる4つの法則です。

長続きの法則①「お互いのSNSを見ないこと」

Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、instagram(インスタグラム)など、様々なSNSがある現代。
ネットさえあれば、相手が何をしていて、どんな気持ちでいるのかを把握できるようになりました。

なのでふと、「彼(彼女)は今何をしているんだろう?」とついSNSに頼ってしまいたくなります。
でも、これはあまり良くないことです。

なぜかというと、SNSは一方的な情報だからです。

SNSの使い方は人それぞれですから、もしかしたら仕事用として使っている人、リアルタイムで更新せず日記のように使っている人もいます。

だから例えば、彼(彼女)が異性と一緒に居ても仕事仲間かもしれない、「○○(場所)に来た」と書かれていてももしかしたら数時間前の話かもしれない、ということが起こりうるのです。

つまり、SNSの情報だけを鵜呑みにしてはいけないということです。
なのに、「この異性は誰?」「○○に行くなんて聞いてない!」と腹を立てたり、悲しんだりするのはナンセンス。

SNSでお互いを干渉するのはやめて、目の前にいるパートナーをしっかり見てあげましょう。

長続きの法則②「会いすぎないこと」

長続きしているカップルの大半に共通していることが、「パートナーと会いすぎないこと」。
たとえ、どんなに好きでも、どんなに寂しくてもです。

なぜかというと、2人の距離感を保つため。
どんなに仲の良いカップルでも、自分とパートナーは別の人間です。

だから、もちろんデート以外にも自分の時間を重視したいときは誰にだってあります。

その“自分一人の時間”を大切にするためにも、パートナーと会いすぎない方が良いのです。
会っていない時間に、お互いの成長を高め合うカップルこそが理想的といえます。

また、会いすぎてしまうと“会う”という行為自体に有難みや新鮮みがなくなってしまい、マンネリ化につながってしまうので、やはり会いすぎない方がベターといえます。

長続きの法則③「パートナーに刺激を与え続ける」

付き合いが長くなりマンネリ化が生じてしまうのは、「パートナーから刺激を感じなくなったから」が原因のひとつに挙げられます。

例えば、

  • パートナーと付き合い始めたときから服装のテイストが同じ
  • パートナーの前で平気で着替えをするようになった
  • 休日デートは家でごろごろ

が当たり前になってきていませんか? 
これではお互いに慣れを感じてしまい、パートナーから刺激を受けることが少なくなってきます。

そうならないために、

  • たまには普段着ないような洋服のテイストにチャレンジしてみる
  • パートナーの前での恥じらいを忘れないようにする
  • 遠出デートをしてみる

といった工夫をして、刺激をキープしてみてください。

長続きしているカップルは、お互いこの刺激を大切にしているのです。

長続きの法則④「完璧を求めないこと」

長く付き合っていると、出てくるのはパートナーへの不満。
それをパートナーに言及してしまうことで喧嘩になり、別れになるというのはよくあるケースです。

ですが、上記の②でも述べたようにパートナーは自分とは違う人間です。
育ち方も違えば、考え方や行動が違うのは当たり前のことです。
だから、それを言及してはダメ!

“パートナーに不満がある”というのを大前提として向き合っていくことが、長続きする秘訣なのです。

もしも、どうしてもアナタが我慢できないことだったら、パートナーに伝えましょう。
でも、決してキツい言い方はNGです。
伝え方にも思いやりを持つことを忘れずに。

長続きしているカップルには、このように共通している法則がいくつもあります。
カップルになった2人は、パートナーに思いやりを持って、価値観をすり寄せていくことが必須です。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。