余った香水の活用法♡まだまだ使えるから捨てるのはちょっと待って!

女性の魅力を引き立てる大切なアイテムとして愛されている香水は、毎日必ず使う女性もいれば、季節や新作ごとに買い換えている女性もいるでしょう。
季節や新作ごとに買っている場合、どうしても避けては通れないのが「使いきれずに余ってしまった香水」ではないでしょうか。
まだ残っているのに捨てるなんてもったいないので、余った香水も無駄なく使いきる、活用方法を試してみませんか?

余った香水、あなたは捨てていない?

香水とバラ

女性を女性らしく、そしてその人自身の魅力を引き出してくれる香水は、いつだって女性の強い味方♡

しかしこの香水には香りが何種類もあり、シーズンにあわせて次から次へと新作も登場しますよね。

お気に入りの香りが決まっていればいいですが、いろいろな香りを楽しみたかったり、プレゼントでもらったり!
使いきれず中途半端に香水が余ってしまう……という経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。

香水はさまざまな種類があればシーンや気分に合わせて使い分けることができますが、やはり使う香水が決まっていると他の香水の出番も少なくなってしまうものです。
女性の中には「もう使いそうにないから。」と捨ててしまうこともあるのでは?

せっかく買ったり貰ったりした香水を捨ててしまうのは、もったいないですよね。
ただし香水にも使用期限があり、未開封のものであれば3年、開封済みのものであれば1年ほどだといわれているので、残しておいても使えなくなる可能性が……。
そこで今回は、余った香水を無駄にすることなく活用する方法をご紹介いたします。

余った香水の活用方法①お風呂に数滴たらす

バラのお風呂

余った香水の活用方法として、多くの女性から人気なのがアロマバスにすること♡
香水を使うことでアロマ代わりになり、リッチなバスタイムを楽しむことができるんですよ。

「好みの香りだけど今は使っていない」というような香水を数滴垂らして使う簡単な方法なのですが、香りとお風呂の相乗効果によってリラックス効果を高めることもできます。
香水を使って、一日の疲れを癒やすバスタイムを、より至福の時間にしてみましょう。

《アロマバスにする方法》
①いつも通り浴槽にお湯を張ったら、余った香水を2~3プッシュします。
②しっかりかき混ぜたら、湯船に浸かって心身を癒してくださいね。
香水の強さや浴槽の大きさによって調節するのがポイントです。

余った香水の活用方法②リードディフューザーにする

花瓶とお花

余った香水を「ビンごと活用したい!」という女性であれば、リードディフューザーに変身されてみてはいかがでしょうか!

リードディフューザーとは、ルームフレグランスの一つとして人気があり、多くの女性がお部屋に置いています。
余った香水があれば、その香水の容器ごと活用することができるので、気軽に試してみてください。

《リードディフューザーの作り方》
①余った香水の蓋を開け、料理で使うような竹串を3~4本用意します。
②あとはその香水のビンに竹串をさし込めば完成です。
不安定なビンであれば、他のビンに移し替えるといいですよ。

竹串が香水を吸い取って、部屋中に香水の香りをふんわりと広げてくれます。
また、100円均一などに売っている造花を差し込めば、インテリアとしても活躍してくれますよ。
玄関やトイレ、寝室など、いろいろなところに飾って、香りも見た目も楽しんで♡

余った香水の活用方法③柔軟剤の代わりとして洗濯物に香り付け

洗濯物を取り出す

余った香水を一度に多く消費したいというのであれば、洗濯のすすぎの際に取り入れる活用方法がおすすめです。

すすぎのときに一度止めて、10滴ほど垂らすだけの簡単な方法♡
洗い終わった後、洗濯機を開けると香水のいい香りがふわっと広がり、柔軟剤のような感覚で柔らかな香水の香りを楽しむことができます。

そんな香水の香りがついた洋服を着れば、ふんわりと良い香りが漂う素敵女子になることができますよ。
香水ならではの強い香りが苦手だという女性にもおすすめですし、男性ウケも狙えます。

また、すすぎのタイミングではなく、干しているタイミングで使ったり、取り込むタイミングで使ったりするのもいいでしょう。
部屋干しの臭いや気になる体臭カバーにも役立ってくれます。

余った香水の活用方法④名刺に香りをつける

女性と名刺

「良い香りだけど余っちゃった」というような余った香水であれば、相手への贈り物で使うのもおすすめですよ。
人気の活用方法が、名刺やお手紙に余った香水を使うこと!

いい香りのする名刺や手紙は、相手に好印象を残すことができるので、自然と「また会いたいな」と思われる女性になれます。

《名刺や手紙に使う方法》
①ティッシュを名刺サイズくらいに折りたたんだら、片面だけに香水を軽く染み込ませます。
②そして名刺入れやレターセットのケースに一緒にしまっておけば完成です。

意外と紙は香水の香りを吸収しやすいので、強くしすぎると却って相手に不快な思いをさせてしまう可能性がありますよ。
なので、名刺には直接つけずにふんわりと香らせるのがポイントです。

余った香水の活用方法⑤サシェを作ってあらゆるところに忍ばせる

手紙と綿

余った香水は、サシェとして再利用する活用方法もあります。
サシェとは、香料やハーブを入れた小袋のこと♡

クローゼットやバッグなど、匂いが気になるところにそっと忍ばせておけば、開けたときにいい香りが広がります。

《余った香水を使って作るサシェの作り方》
①コットンを用意したら、余った香水を染み込ませます。
②小さな封筒や小袋に入れて、リボンなどで口を絞れば簡単なサシェの完成です。

サシェを作る時間がないときは、ハンカチを活用するのも◎
いつも持ち歩いているハンカチに2プッシュくらいして吹きかければ、ハンカチもバッグの中も好みの香りに包まれます。

余った香水の活用方法⑥雑巾に吹きかけてお掃除に

掃除をする女性

「好みの香りじゃなかった」という理由で香水が余ってしまうこともありますよね。
また、使用期限が過ぎたまま残っていることも……。
そのときは、お掃除アイテムとして活用してみてはいかがでしょうか。

実は香水にはアルコール成分が含まれているので、お掃除でも活躍してくれるんです。

水を入れたバケツを用意したら、その水に余った香水を吹きかけ、雑巾を絞る方法でもいいですし、直接雑巾に吹きかけて使う方法でもOKですよ。
窓ガラスや鏡、床拭きなどで使い、お部屋をキレイに掃除しましょう。

部屋を綺麗にしながら香水のいい香りも香るなんて、一石二鳥ですよね。

余った香水の活用方法⑦消臭剤を作る

パンプスと消臭スプレー

余った香水を靴の消臭剤として活用する女性もいます。
毎日履く靴は、どうしても汗が溜まりやすい場所なので、嫌なニオイの元になってしまうこともありますよね。

女性たるもの嫌なニオイは何としてでも防ぎたいもの!
そこでおすすめなのが、余った香水を靴の中に吹きかけることです。
靴の中のニオイをリセットし、玄関や下駄箱の中の悪臭防止にも役立ってくれますよ。

また、重曹と混ぜて消臭剤を手作りする活用方法もおすすめ♡

《消臭剤の作り方》
①用意した容器に重曹を大さじ1~2ほど入れます。
②そこへ余った香水を7~10回ほどプッシュして、しっかり混ぜれば完成です。

玄関や下駄箱、台所など、ニオイが気になるところに置いておけば嫌なニオイをカバーしてくれますよ。

余った香水の活用方法⑧ルームスプレーを作る

香水とお花

部屋の空気を変えたいときや、手軽にいい香りが漂う空間にしたいときは、余った香水で作ったルームスプレーがあると便利です。

余った香水をそのまま使うのもいいのですが、香りが強い場合は少し薄めて使った方がふんわりとした香りを楽しめます。

《ルームスプレーの作り方》
①スプレーボトルを用意したら、無水エタノールを小さじ1入れます。
②精製水と余った香水も好きなだけ入れたら、しっかり混ぜましょう。
精製水と香水の割合は、香水の香りの強さやスプレー容器に合わせて調節するといいですよ。

洋服はもちろん、寝具やカーテンに吹きかけて活用するのもいいですよね。
ルームスプレーのように容器を移し替える場合は、早めに使い切るのが◎

余った香水の活用方法⑨手作りキャンドルに混ぜる

キャンドルとバラ

DIY女子であれば、余った香水は手作りキャンドルに活用してみて!

キャンドル作りをしている途中に、余った香水を垂らしておけば、ロマンチックなムードを楽しめるだけでなく、ふわっと香る香水の香りにうっとりすることができますよ。

《香水キャンドルの作り方》
①パラフィンワックスをホーロービーカーに入れて約80℃になるまで溶かしたら、火を止めて60~70℃くらいになるまで待ちます。
②そして顔料と余った香水を数滴混ぜ合せたら、用意した型にワックスを流し込んで割り箸に固定したキャンドル芯を型の中心で固定します。
③冷えて完全に固まった後、型から取り外せば完成です。

寝る前に使うのもいいですし、電気を消してキャンドルの灯りだけでバスタイムを楽しむのも素敵ですよ。

余った香水の活用方法⑩ヘアコロンに変える

髪の毛を触る女性

余った香水はヘアコロンとしても活用できます。

香水をそのまま吹きかけるのもいいのですが、おすすめの使い方は、ベビーオイルを混ぜて使うこと!

《ヘアコロンの作り方》
①用意したスプレーボトルに精製水を入れます。
②さらに香水1プッシュと、ベビーオイル2〜3滴を入れてしっかり混ぜましょう。

ベビーオイルを加えることによって、まとまりやすいサラサラな髪に整えることができますよ。
そして、ほんのり漂うくらいに香水の香りも薄められているので、風で髪の毛がなびくたびにふわっといい香りを漂わせることができます。

余った香水の活用方法⑪ランプシェードに吹きかける

ランプシェードとベッド

最後におすすめする余った香水の活用方法は、ランプシェードに吹きかけること!

ランプシェードに香水を1プッシュでもいいので吹きかけておくと、ランプが灯る際の熱によって香水が温められ、より強い香りを部屋中に広げることができるんです。

ベッドサイドにランプシェードと好みの香り……イメージしただけでもリラックスでき、ぐっくすり眠ることができそうですよね。
彼をお家に招待するときにも活躍してくれそう♡

ただし、シミにならないようにプッシュのし過ぎには注意してくださいね。

せっかくなら余った香水の空きビンも再利用しよう♡

4つの香水

余った香水の活用方法をご紹介してきましたが、せっかくなら空きビンも再利用したいと考えてる女性も多いのではないでしょうか。

香水のビンはおしゃれなものが多いので、そのまま置いておくだけでもインテリアとしておしゃれな空間作りに役立ってくれます。

さらにワンランク上を目指すのであれば、ビンの中に砂やビーズを敷き詰めたり、リボンなどでデコレーションしたりするのもいいですよ。
また、一輪挿しや花瓶として活用したり、ハーバリウムを作っておしゃれなインテリアにしたりするのも◎

ぜひ自分だけのインテリアを作ってみてください。
余った香水を賢く活用する方法をご紹介させていただきました。
余った香水を放置していれば、香りが薄くなったり、酸化したりしてしまうので、使えなくなる前にどんどん活用するのがおすすめです。
香水はいい香りを身に纏うだけではないので、ぜひ気になった使い方にチャレンジしてみてくださいね。

【関連記事】使い切ったらインテリアに♪プレゼントにぴったりなおしゃれ香水7選

春の新生活をスタートさせた友達への贈り物や、来る母の日に贈るプレゼントを探している方必...

香水

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小湊 瑠衣

beautiful daysをあなたに♡

>もっとみる