スキンケアはライン使いするべき?気になるメリット・デメリット。

BEAUTY

美しい肌を保つために欠かせないスキンケアアイテムですが、皆さんはどんなものを使っていますか?
洗顔料からクリームまで統一している女性もいれば、アイテムごとに使っているものが異なる女性もいるかと思います。
そこで今回は、スキンケアのライン使いについてメリットやデメリットをご紹介するので、気になっていた女性はチェックしてみてください。

スキンケアアイテムのライン使いとは?

化粧水ボトルを持つ女性

スキンケアアイテムのライン使いとは、一つのブランドが洗顔やクレンジング、もしくは化粧水などから乳液やクリームまでを展開している場合、そのブランドのものを“シリーズで揃えてスキンケアをする”ということです。

簡単にいってしまえば、トライアルセットを通常サイズで使用するようなもの!

ライン使いのほうがスキンケアにはいいと思っている女性もいれば、アイテムごとに自分の肌に合うものを使ったほうがいいと思っている女性もいます。

そこで気になるのが「スキンケアはライン使いをしたほうがいいの?」ということではないでしょうか。
いくつになっても美しい肌を守りたいからこそ、何がベストなのか追及したいですよね。

ライン使いをするメリット、デメリットについてご紹介するので、参考にしてみてください。

スキンケアをライン使いするメリット①アイテム同士の相性がいい

鏡を見る女性

多くの化粧品ブランドでは、スキンケアアイテムはシリーズを揃えて使用することを想定して開発されているようです。
そのため、ライン使いをすることでそれぞれのアイテムの魅力がどのように引き出せるのか、相乗効果は生まれるのかなどがしっかり考えられています。

使っているアイテムが異なれば、当然配合されている成分も異なるので、相乗効果が期待できないことや、相性が悪いこともあるそうです。

「このアイテムと併用して大丈夫なのかな」といった心配も感じにくくなることは、ライン使いする最大のメリットになるといえるでしょう。

スキンケアをライン使いするメリット②目的に合ったケアがスムーズにできる

スキンケアをする女性

ライン使いの場合、シリーズで出している化粧品ブランドであれば「大人のニキビケア」や「シミやソバカスを防ぐ美白ケア」など、分かりやすく特化されている内容が記載されていることが多いです。

ですので、誰でも迷わずに目的に合ったスキンケアを始められるのもメリットの一つだと言えます。

そして最初にお話ししたように、アイテム同士の相性がいいので、同じシリーズの化粧水や美容液などを一緒に使うことで高い効果を期待することができるんです。

ただ、同じブランドの中でも美白用やエイジングケア用と、シリーズが分かれているところもあるので、目的に合わせたアイテムで揃えられるようにすることが大切ですよ。

スキンケアをライン使いするメリット③メーカーが推奨するベストな使い方ができる

コットンと化粧水

化粧水や美容液、乳液などが展開されていれば、公式のHPでも使い方や使う順番が丁寧に書かれています。

スキンケアアイテムはそれぞれの化粧品ブランドによって使い方が少しづつ異なっているので、ライン使いをすれば化粧品ブランドが推奨するベストな使い方をすることができるんですよ。

ハンドプレスやコットンなどの使い方だけでなく、中には導入美容液のような使う順番に戸惑ってしまうようなアイテムもあるので、スムーズに、そしてベストに使えるのは嬉しいのではないでしょうか♪

また、ライン使いをしていれば、使い方や使う順番が分からなくなったとしてもお店の人やサポートセンターに質問しやすいというメリットもあります。

スキンケアをライン使いするメリット④まとめ買いをしやすい

基礎化粧品ボトル

スキンケアをライン使いをするメリットとして最後に挙げられるのは、まとめ買いをしやすいことです。

アイテムごとに違うものを使っていれば「これはドラックストア、あっちは店舗が限られている」など、同じお店で買えないこともあります。
これでは手間も時間もかかるので、面倒くさく感じてしまうことも……。

しかし、シリーズで揃えていれば、購入するときもそのブランドのお店や一つのドラックストアに行けばすぐ手に取ることができますよね。

それだけでなく、公式通販でまとめ買いや定期購入をすれば、特典がついたり送料が無料になったりすることもあります。
また、少し安くなることもあるので、まとめ買いの方がお得にゲットできる可能性もありますよ。

スキンケアをライン使いするデメリット①肌に合わない場合がある

頬杖をつく女性

スキンケアをライン使いするデメリットについても見ていきましょう。
デメリットとして一番に挙げられるのが、自分の肌に合わない可能性もあるということです。

「化粧水などは肌に合っているのに、乳液だけが合わない」など、同じシリーズを使っているからといって必ずすべてのスキンケアアイテムが肌に合うとは限りません。

ですので、「〇〇のライン使いがいいと聞いたから買ってみた」などで失敗してしまうこともあるので注意が必要です。

特に敏感肌の女性はしっかり確かめたほうがいいですよ。
いきなり揃えるよりお店の人に聞いたりトライアルセットを試したりして、パッチテストを行ってから顔に使いましょう。
パッチテストとは、使用する48時間前に腕の内側などに塗って、かゆみや痛みがないか確かめる方法ですよ。

スキンケアをライン使いするデメリット②一定のコストがかかる

貯金箱と通帳

お気に入りのスキンケアアイテムでライン使いをしていると、一定のコストがかかってくるというデメリットも挙げられます。

ライン使いをせずにアイテムごとに変えていれば、自分の金銭状況によって「今月は安いものでいいや」など臨機応変に対応することができますよね。
しかし、ライン使いをしているとどうしても「この化粧水を買わなきゃ……」というような変な意地が出てきてしまうことが多いようです。

そのため、デパコスのような高級なスキンケアアイテムでライン使いをしていると、いざというときに困ってしまうことがあるかもしれません。

スキンケアをライン使いするデメリット③新しいアイテムに変えるタイミングが難しい

白いバラと瓶に入ったクリーム

スキンケアアイテムは日々進化しているので、新しい成分が配合されたものや自分の求める目的により特化されたものなど、どんどんリリースされていきます。
そのため、新しいものが気になることもありますよね。

いざ買い替えようとしていても、今使っているものがすべて終わってからと考える女性も多いのではないでしょうか。

しかし、アイテムは終わるタイミングがバラバラになってしまうことが多いですよね。
できるだけ多くのアイテムを同じタイミングで変えたいと思い、リピートしてしまうことが多いようです。
この変えるタイミングを逃してしまうというのもデメリットのひとつですよ。

また、新しく使うものもライン使いする場合、最初にかかる金額も倍になってくるので、躊躇してしまう女性も多いようです。

スキンケアのライン使いはしたほうがいい?選び方のポイントは?

同じシリーズのスキンケアアイテム

スキンケアをライン使いするメリット、デメリットについてご紹介いたしましたが、結局どうすればいいのか悩みますよね。
ライン使いを進めてくるところもありますが、必ず揃えなければならないということではありません。

スキンケアを続けて美肌を守っていくためには、自分の肌やライフスタイルに合っているものを選ぶことが大切です。

続けられそうな予算内でライン使いをしたいというものがあれば、まずはトライアルセットから試してみましょう。
そこでもし、化粧水などが合っていても乳液などが合わない場合は、無理して使い続けるのではなく、別のものを探すのがおすすめです。

思い切って一つだけ変えることで、肌の調子が良くなることもあるので、肌やお財布に相談しながら自分にとってベストな使い方を見つけてみてくださいね。

スキンケアアイテムのライン使いについてご紹介させていただきました。
メリットもあれば、デメリットもあるので、それぞれを頭に入れた上で自分の肌やライフスタイルに合ったものを使うのが良さそうです。
トライアルセットなども上手に活用しながら、肌に合わせたケアを取り入れていきましょう。