クロージングキスって知ってる?ゲストが驚く挙式時の演出のススメ

WEDDING

結婚式は主に挙式と披露宴で構成されており、結婚式場の打ち合わせ時に披露宴に関する演出の打ち合わせは多くあるのですが、挙式に関してはさほど決めておく演出などがありません。
感動してしまう一方で、だれもが想像つく流れで終わってしまうのではつまらない……と感じているプレ花嫁さんにおすすめしたい演出が、「クロージングキス」です。
参列してくれているゲストもアッと驚く、サプライズ性のあるクロージングキスを、結婚式の演出に取り入れる方法をご紹介します。

挙式時におすすめの演出「クロージングキス」①クロージングキスって?

これまで参列してきた結婚式の中で、クロージングキスを演出として取り入れている新郎新婦を見たことはありますか?

意外にもまだあまり馴染みがなく、見たことがないという人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

そもそも、クロージングキスとはどんな演出なのかを知らない人のために、まずはクロージングキスのご説明をします。

クロージングキスとは、挙式で新郎新婦がゲストに見送られてチャペル退場をし、扉が閉まる直前にキスをする演出のこと♡

晴れて2人が夫婦になる瞬間を見届けて、「もうこれで挙式は終了」と思ったその時に、
不意打ちで行われるクロージングキスは、挙式の最後の最後のロマンチックな演出として、今注目が集まっています。

通常の挙式の退場シーンは、後姿を見せながら扉が閉まったり、振り向いて一礼をして扉が閉まるもの。

それを想像していたゲストたちは、新郎新婦が扉が閉まる直前にキスをしたら、絶対にびっくりしますよね!

挙式時におすすめの演出「クロージングキス」②誓いのキスと異なる場所にするとさらに◎

厳粛なムードで執り行われた挙式ののちに披露されるクロージングキスは、幸せをおすそ分けしてもらったかのような幸せな気分に包まれる、挙式時におすすめの演出です。

新郎新婦のキスって、見ているこちらも幸せになるのですが、ひとつ気をつけたいのが、“誓いのキス”のシーンと印象が被らないようにするべきであるということ!

クロージングキスでは、誓いのキスとは違った場所にキスをすると、より新鮮な印象に見せることができます。

例えば、誓いのキスはおでこにしたのであれば、クロージングキスはほっぺにする。
誓いのキスはほっぺにしたのであれば、クロージングキスは口にする……。

このように、誓いのキスとクロージングキスは別の場所にすることで、ゲストも全く違ったシーンとして認識することができるのです。

挙式時におすすめの演出「クロージングキス」③顔をブーケなどで隠してキス

続いては、挙式時の演出「クロージングキス」のおすすめのやり方についてご紹介していきます。

まずは顔をブーケなどで隠してキスする方法です。

新郎新婦の予想していなかったタイミングでのキスに、思わず歓声が上がってしまいそうなクロージングキスですが、どんなキスの仕方をするかで、ゲストに与える印象が異なってきます。

挙式は友達だけでなく親族や上司なども見ているので、堂々とキスをするのは恥ずかしい……と感じる人もいるでしょう。

恥ずかしがり屋のプレ花嫁さんでも、気軽に取り入れられるのがこの方法♡

チャペルの扉が閉まる直前にお互い向き合い、ブーケで顔を隠すようにキスをしましょう。

この瞬間は、新郎新婦や参列してくれているゲストがどきどきするだけでなく、ブーケの華やかさも相まって、とてもフォトジェニック♡

カメラマンさんにあらかじめ話しておき、しっかりと写真におさめてもらいましょう。

挙式時におすすめの演出「クロージングキス」④口と口で正統派なキス

続いての、挙式時の演出「クロージングキス」のおすすめのやり方は、口と口で正統派なキスです。

挙式時にクロージングキスの演出を取り入れるのは、ただ単にゲストをあっと言わせたいからだけではありません。

参列をし、夫婦になった2人の姿を祝福してくれたゲストの皆さんへの感謝の気持ちと、新郎新婦がお互いに「これからもよろしくね♡」という気持ちを込めて行うものです。

それであれば、正統派に口と口でキスをするのがおすすめ!

愛し合っている間柄だからこそできる、口と口での正統派なキスは、見ているだけでも照れてしまいそう♡

でも新郎新婦の幸せそうな姿は、参列してくれているゲストにとって何よりも嬉しい姿。

あれこれと工夫を凝らすのももちろん良いのですが、正統派なキスも、クロージングキスの演出に最適ですよ。

挙式時におすすめの演出「クロージングキス」④▶新郎のガッツポーズ付き

続いての、挙式時の演出「クロージングキス」のおすすめのやり方は、新郎のガッツポーズ付きです。

サプライズ性のある挙式時の演出として話題を集めているクロージングキスは、その瞬間に今日の幸せをいかに表現できるかというのも重要なものになってきます。

新郎新婦が晴れて夫婦になれたという喜びを表現するのであれば、クロージングキスと同時に、新郎がガッツポーズを掲げる演出がおすすめ♪

挙式時はクールに決めていた新郎も、実は内心とても嬉しいはず♡
であれば、それを目いっぱい表現できるガッツポーズ付きのクロージングキスを、ぜひ取り入れてみてくださいね。

お互いのことが大好きで、ようやく夫婦に慣れた瞬間は、きっとこの先も忘れることはないでしょう。

その気持ちを素直に表現し、周りに報告する意味を含めているクロージングキスは、どんな方法でキスをするかだけでなく、その時の感情を表すことも大切です。

計画をしていたわけではないけれど、当日新郎がクロージングキスをしながらガッツポーズをしていた、と話す先輩花嫁さんもいましたよ♡

挙式時におすすめの演出「クロージングキス」⑤▶新郎が花嫁のほっぺにキス

続いての、挙式時の演出「クロージングキス」のおすすめのやり方は、新郎が花嫁のほっぺにキスすることです。

ほほえましい雰囲気のクロージングキスにしたいというプレ花嫁さんにおすすめしたいのは、新郎が新婦のほっぺにキスをするという方法です。

ほっぺへのキスはいやらしさが一切なく、誰が見てもほほえましいと感じるので、子どもが多く参列する結婚式でも取り入れやすいというメリットがあります。

新郎から新婦のほっぺにするキスは、誰が見てもほほえましいだけでなく、表情がしっかりと見えるので、写真に収めた際に思い出に残しやすいというメリットもあります。

新郎からキスをされた瞬間思わず笑顔になってしまう新婦の表情は、本当にかわいらしく、写真に残しておくと良い思い出になりますよ♡

挙式時におすすめの演出「クロージングキス」⑥その意外性にサプライズを感じる♡

今回ご紹介した挙式時におすすめの演出であるクロージングキスは、その意外性にサプライズを感じるというのがポイントです。

結婚式の中でも、挙式に関しては多くの場合が厳粛なムードの中行われるもの。

しかしその最後に気持ちがほっこりと温まるクロージングキスの演出を目にしたら、一気に気持ちが切り替わると同時に、びっくりしてしまいますよね!

せっかく忙しい合間を縫って結婚式に参列してくれているゲストの皆さんを、あっと驚かせて楽しませたい!

それだけでなく、幸せな気分を少しでも共有して帰ってほしいと考えているプレ花嫁さんには、最適な演出と言えるのではないでしょうか。

まだあまり馴染みがない演出かもしれませんが、ゲストの皆さんにあっと驚いてもらえるだけでなく、新郎新婦も改めてお互いにドキドキしてしまう瞬間になりますよ♡

せっかくの結婚式ですから、さまざまな演出を取り入れて華やかな式にしたいですよね♡
まだあまり知られていないクロージングキスの演出は、ただ驚いてもらえるだけでなく、フォトジェニックな瞬間であるというのも嬉しいポイントです。
結婚式では良い写真をたくさん残しておきたいと考えているプレ花嫁さんは、彼と相談してクロージングキスの演出をぜひ取り入れてみてくださいね。
周りと差のつく、オリジナリティあふれる結婚式にすることができるはずですよ。