たまには一人で過ごしたい!毎週末のデートが負担に感じたときの対処法

LOVE

毎週末、彼のために予定をあける……。
最初はるんるん気分であけていたけれど、徐々に毎週末のデートが負担になっている、なんて方も多いのでは?
そこで今回は、毎週末のデートが負担に感じたときの対処法をご紹介いたします。

毎週末のデートが負担に感じたときの対処法①同棲を始める

毎週末彼とデートをしている方の多くは、彼と別々の家で暮らしている人。
毎週末お出かけするのは楽しいですが、体調の良し悪しによっては、お家でまったりしたいときもあれば、お家で仕事をしたいときも。

毎週末のデートを負担に感じているなら、思い切って同棲を始めて見るのも一つの手。

一緒の部屋に住んでいれば、彼と会話しながらでも仕事ができて、それぞれ別の用事をしていても、一緒にいる安心感をもつことができます。

午前中は一緒に過ごして、午後からそれぞれの用事を済ませることも、仕事を早めに対処してゆったり時間を一緒に過ごすこともできます。
同棲を始めれば、丸々一日(あるいは二日間)を彼のために割く必要がなくなるかもしれません。

毎週末のデートが負担に感じたときの対処法②会う頻度を隔週に減らす

お互いのタイミングで今すぐに同棲が始められない場合は、単純に毎週末と決めずに会うタイミングを隔週に減らすようにしてみましょう。

1ヶ月4週と考えると月に2回のデートを楽しむことになります。
本来は毎週末会えればベスト。
しかし、様々な事情やお互いに仕事モードになっていると、イライラして喧嘩にも発展しやすく、せっかくの休みが台無しになってしまうことも。

1日1日を無駄にはしたくないという気持ちがあるなら、彼と会う頻度を隔週に減らすのもおすすめです。

彼から自由な時間をもらった分、新しく習い事を始めたり、趣味を増やしてみたり、今よりも自分に時間をかけてみるのもいいかも?
その代わり会えた時は、お互いに仕事などのことは忘れて、お互いのことを考えって楽しむのが鉄則です。

毎週末のデートが負担に感じたときの対処法③周囲や世間に流されない

カップル=毎週末会っていなければいけない、なんて決まりはありません。
二人が納得しているなら、月に1回だって立派なデート。

たとえ周りが結婚ラッシュを迎えていたとしても、二人のペースを乱す必要はなし。
早く結婚したからといって、必ずしもそれが二人にとって正解とも限らないのです。

周囲や世間に流されず、二人のペースでいきましょう♡

毎週末のデートが負担に感じたときの対処法④たまには気分が変わるお出かけを。

注意しなければいけないのは、会う頻度を減らした分、どこかで補わないと、彼は彼女に会えない寂しさでつらくなっていきます。
もちろんん彼女であるあなたも、どこかで感じるように。
本当は毎日会いたいと思っているのを無理やり減らしているなら、どこかで彼を甘えさせてあげるチャンスを。

一番おすすめなのは、やはり旅行。非日常の空間に身を置くことで、お互いに開放的な気分になり、ゆっくり過ごしやすくなるでしょう。
彼もとことん甘えられて、きっと会えない寂しさも紛れます。

 

好きだから、毎週末会いたいと感じるのも本音、でも自分の時間が欲しいのも本音です。
カップルの価値観は、カップルごと付き合う人事違います。

毎週末必ず会う、と決めつけなくてもOK。
会えるときに会って、共有できる部分は共有して…つかず離れずの関係が、一番居心地の良さを感じられるでしょう♡