デートのお会計の時にやってはいけない行動って?

LOVE

男性とご飯を食べに行く時に困ってしまうのが、お会計です。
年の離れた男性との食事ではおごってもらいやすいかもしれませんが、同年代の友達以上恋人未満の関係だったりするとどうすれば良いのかわからないですよね。
今回は、お会計の時に女性がやりがちなNG行動をご紹介します。
ぜひ、参考にしてください♡

お会計の時にやってはいけない行動①支払いを断固拒否をする

これは、年上男性が相手でもやってはいけない行動です。

女性はドラマや漫画などを現実に持ち込みすぎ!

男性が女性に必ず食事をおごらなくてはならないなんて法律はありません。
いつも奢ってくれるからといって、初めから「払えない」と拒否してしまうのは相手方にも失礼です。

食事を毎回おごってくれる男性には、感謝の気持ちを込めて何かプレゼントを渡したりなど相手を思いやる気持ちが大切です。

お会計の時にやってはいけない行動②会計前にトイレへ行く

よく女性は「男性が払いやすいように気を使って」などという勝手な解釈で会計前にトイレへ行くことが多いんです。

これは男性からしたら「払っておいて」という無言の圧力のように感じてしまいます。

自分の誕生日などをお祝いしてくれる時に、ご馳走してもらえるとわかっている場合は気を使い席を外すのは良いかもしれませんが、普通の食事の時はなるべくその場にいるように心がけましょう♡

お会計の時にやってはいけない行動③一円単位で割り勘をする

伝票を見て、電卓で1円単位で清算するのはレジで店員さんにも時間がかかってしまい迷惑になりますし、男性のプライドに傷をつけてしまうので避けてあげましょう。

割り勘で払うときは男性に「何円?」と聞き、男性の答えを待ちましょう!

もしも、友達以上恋人未満の関係で貸し借りを作りたくない!と思っている方は、「多く払ってもらったから飲み物を買ってあげる」など他の場面で借りを返しましょう。

お会計の時にやってはいけない行動④会計時に何も言わずに小銭だけ払おうとする

男性に「〇〇円ある?」と言われて小銭を出すのは良いのですが、最初から小銭しか出さないのは印象がとても悪いです。

会計時にきちんとお金を払おうとする姿勢が必要なんです。

お会計が3,120円なら1,000円を出すなど、きちんとお金を支払う行動を見せましょう。

必ず奢ってもらえると思って食事に行く考えは間違っています。
相手を思いやる気持ちを忘れずにいることが大切です。
もし奢ってくれた時は「奢ってもらえて当然」だと思うのではなく、きちんと心を込めてお礼を言うことを心がけてくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。