電話したら出なかった…!留守電の残し方のマナーとは

LIFESTYLE

就職活動中や、社会に出ても電話でのやりとりは頻繁にあります。電話をかけてもタイミングが合わず、出ないことも多々あるでしょう。
そんなとき、正しく留守電を残せるよう、留守電の残し方のマナーをお教えします。

留守電の残し方マナー①電話に出なかった場合の留守電は必須!

電話をかけて出なかった場合、必ず留守電を残すことがマナーです。

学生時代、友達のやり取りでは、電話に出なくても後でメールで「電話は明日の件で確認したいことがあって…折り返しちょうだい!」等々できましたが、社会人ではそれができません。

また、自分の携帯へ着信が入っていた場合も一緒です。
すぐに折り返し、「お電話をいただいておりましたが」などと簡単なものでもいいので留守電を残しましょう。

留守電の残し方マナー②あなたに許された時間は短い!

留守電の残し方のマナーですが、簡潔に要件だけを述べます。
そう、留守電はとても短く、録音できる時間はとても短いのです!

必要項目として、学校名や会社名、そして自分の名前です。もし頻繁にかけている相手でなければ、相手先であるか「○○様のお電話でしょうか」と確認しましょう。

最後に相手にどうして欲しいのかを必ず伝えます。
折り返して欲しいのか、報告のみだったのかをきちんと伝えることも、留守電の残し方での大事なマナーです。

留守電の残し方マナー③留守電の残し方実例

留守電の残し方のマナーとして、実例のご紹介です。

「株式会社〇〇の■■■■です。」(会社名、名前はフルネームで)
「〇〇様のお電話でよろしいでしょうか?」
「先日ご提案しました○○の件でご連絡致しました。」
「後日また改めてお電話します、それでは失礼致します。」

留守電にははっきりと大きな口調で話しましょう。
また、騒音や雑音のない静かな室内で電話はかけるようにしましょう。

留守電の残し方マナー④あらかじめ出ないことも予想して!

就活中の学生さんは企業等へ電話をかけるとき、多少なり緊張してしまいますよね。
そんなときはあらかじめ電話に出ないことも予想して、かけてみましょう。

留守電の残し方のマナーとして、自身の学校名や企業名、名前、要件を簡潔にまとめてみましょう。
報告なのか、連絡なのか、相談事なのかを事前にまとめます。留守電になるかもしれないという心構えがあるかないかで、留守電がうまく残せるかも随分変わってくるでしょう。

留守電の残し方のマナーをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
顔の見えない電話ではより気をつかうことが重要です。
気分はアナウンサーになり、ゆっくり、はっきりとした口調で話をしまょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。