爪の長さのマナー!意外と知らない社会人ルール内でおしゃれを♪

LIFESTYLE

社会人になったら名刺交換などでまず見られる手。爪の長さにもマナーがあるのは知っていますか?
清潔感を保ちながら、美しい手元を目指してくださいね♡

爪の長さのマナー①爪の長さは○mmがベスト!

実は、適切な爪の長さは指先2~3mmがマナー。
それ以上は衛生上良くなかったり、仕事に支障をきたしてしまいます。

爪の成長ってどのくらいか知っていますか?実は1日0.1ミリ、1ヶ月で約3ミリも伸びます。
爪を切る頻度といっても、だいたいが伸びてきた爪を見て「そろそろ切らなきゃな」という感じでしょう。

社会人になってはじめは毎日が忙しく過ぎていきます。見られることの多い手元なので、マナーを守るためにも、週に一度は整える習慣をつけましょう。

爪の長さのマナー②ラウンドタイプの形で名刺交換で差をつける

爪の長さのマナーとして形も大事です。本来の形は人によって様々でしょう。

しかし、爪の長さは2~3ミリにし、丸めのラウンドタイプにしましょう。
丸くきれいに整えることで優しいイメージになり最も良い印象を与える形です。

爪の形にはオーバルやポイントなど先の尖ったタイプもありますが、冷たく攻撃的な印象になってしまうので、社会人になったら、控えたほうがいいでしょう。

爪の長さのマナー③長さとカラーにも気をつけて

引用:nailbook.jp

爪の長さのマナーは2~3ミリでしたが、就職活動性や社会人の方はもしネイルをするなら薄いピンクやベージュにしましょう!

基本的には自爪の色に近い色や、トップコートだけです。
きちんと手入れされた上に自然なツヤ感が出ていればさらに好印象でしょう。

本当のおしゃれは爪先に出ると言われています。甘皮の処理やささくれなどはできる範囲で綺麗にしましょう♡

爪の長さのマナー④爪が長いと衛生的にもNG!

爪が長いのは見た目だけでなく、衛生的にもよくありません!
爪を約3センチ伸ばしていると爪の中には約340万もの細菌が存在しているそう…!
とても恐ろしい数字ですよね。

細菌だけの問題ではありませんが、やはり汚れやごみも溜まってしまいます。
見た目にも清潔を保つためにも、冒頭で述べた爪の長さ2~3ミリというのが、マナーであり、ベストな長さなのです!

社会人にとって、とても大事な爪の長さのマナー。
清潔で綺麗な手元なら緊張する名刺交換も、堂々とできますよね。
週末にはセルフネイルを楽しんだり、メリハリをもって楽しみましょう★