毎日のお化粧がスキンケアタイムに!?「肌あれ?」の時につけたくなるメイクの秘密

提供:d プログラム BEAUTY

女性の肌はよく敏感に傾きがち。季節や体調によって肌があれるなど、“ときどき敏感肌”に悩んでいる人も多いのでは?
肌があれてしまうと今よりも悪化してしまうのではないかと恐れ、メイクをするのも気が進まないですよね。
しかし、メイクは女性にとって楽しみの1つ。肌あれを気にせずメイクをするためにはどうしたらいいのでしょうか。

クレイトン愛さんも悩む、肌あれ中のメイク

女性の肌は敏感で、季節や体調によって肌あれを引き起こすこともありますよね。
Instagramでのメイクアップ動画が人気のクレイトン愛さんも、たまに起こる“ときどき敏感肌”に悩まされているんだとか。

どんな肌悩みを抱えているのか、伺ってきました!

———— 敏感肌だとお伺いしましたが、もともと肌あれしやすい体質なのでしょうか?

「今まで肌あれとは無縁だったのですが、あるコスメを使ったところ肌に合わなかったみたいで、ニキビや肌全体に赤みが出たのがきっかけで肌が敏感になってしまいました。そのコスメを使わなくなったら肌も元に戻るかなと思ったけど、それ以降、肌が敏感になってしまったみたいで……。体調や使うコスメによって肌あれが気になるようになりましたね。」

———— それは辛いですね……。女の子って体調や環境だけでも肌の状況って変わりやすいですもんね。

「そうですね。生理前は特にニキビが酷くなることが多いです。肌に合わなかったコスメも、もしかしたら体調が原因だったかもしれません。」

———— なるほど。クレイトンさんはInstagramで頻繁にメイク動画を紹介されていますが、肌あれ中はどうされているんですか?

「メイクをすると余計肌に負担になるような気がして、極力すっぴんでいるように心がけてはいます。でも、Instagram用の動画は休日に撮影しているので、結局お休み中もメイクしていますね。お仕事でメイクをしなければいけない日も多いので、『肌によくないんだろうな』と思いながらメイクをしています。それにノーメイクって気分的に気合い入らないんですよね(笑)だから、あまりメイクをしたくないと思いながらも、なるべく肌にいいものを選んで使っています!」

クレイトンさんのように、肌あれ中はメイクをお休みするという女性もきっと多いはず。
しかし、メイクは女性にとって楽しみの1つでもあるため、肌あれ時でもなんとかトライしたいもの。

低刺激で肌が美しくなるような、コスメ選びが重要なのかもしれません!

「d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー)(医薬部外品)」なら素肌までキレイに!

「肌あれ中にメイクをしたくない!でも、ノーメイクでは出歩けない!」
こんな女子の悩みにこたえてくれるのが、「d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー)(医薬部外品)」です!

このファンデーションが肌あれの時にも嬉しいワケは、日本で初めて“2種の薬用有効成分を配合しているから。
肌あれ予防効果のある有効成分トラネキサム酸と、ニキビ予防効果のある有効成分グリチルレチン酸ステアリル配合で、つけるたびにキレイな肌へ!
メイク時間がスキンケア時間へと変わる、今までになかった発想のファンデーションなんです♪

仕上がりは肌悩みをカバーしつつ、ふんわりセミマットな肌に。
肌あれをケアしつつ、ニキビ予防もできるファンデーションは、「肌あれ=ノーメイク」という概念を覆してくれますよ♡

※有効成分トラネキサム酸と有効成分グリチルレチン酸ステアリルの組み合わせ

スキンケアファンデーションと一緒に使いたい
「d プログラム 薬用 スキンケアベース CC(医薬部外品)」

同じ薬用スキンケアベースメイクシリーズの「d プログラム 薬用 スキンケアベース CC(医薬部外品)」も、肌あれ中のメイクを手助けしてくれるコスメ。

「d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー)(医薬部外品)」と同様に、肌あれケアやニキビを予防しながら、肌色を補正して肌をよりキレイに見せてくれるアイテムなんです。

肌色悩みに合わせて選べる3色展開も魅力!

ナチュラルベージュ
シミ、色素沈着をカバー
ブルーグリーン
ニキビ跡などの赤みをカバー
ベビーピンク
くすみに血色感をプラス

「d プログラム 薬用 スキンケアベース CC(医薬部外品)」には、気になる毛穴を補正する“毛穴補正パウダー”を配合しているので、カバー力も申し分なし♪

より素肌を美しく見せるためには、「d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー)(医薬部外品)」と一緒に使うのがおすすめですよ!

パッと明るい美肌をGET!

今回はクレイトンさんに、「d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー)(医薬部外品)」と「d プログラム 薬用 スキンケアベース CC(医薬部外品)」を使っていただきました!

ベースはクレイトンさんの肌色に合わせて、ナチュラルベージュをチョイス。
肌あれをしっかりカバーし、ふんわりセミマットな美しい肌へと仕上がりました!

———— d プログラム 薬用 スキンケアベースメイクシリーズを使ってみていかがですか?

「つけ心地が軽い!肌にあっているなって感じます。いつもは肌あれ部分やニキビ跡を隠そうと、つい厚塗りになってしまって、より目立つことがあったんです。でもこれなら薄づきなのにしっかりカバーしてくれるし、なによりもつけるたびにキレイになるなら、毎日メイクしたくなりますね!」

シリーズ使いが◎
薬用 スキンケアベースメイクシリーズ

「d プログラム」のベースメイクシリーズには、パウダリーファンデーションや化粧下地の他にも、リキッドファンデーション・おしろい・コンシーラーもあります。

部分的にカバーしたい時は、チューブタイプのコンシーラーを指先でトントンとのせて密着させるのがおすすめ。
ナチュラルな仕上がりが好みなら、化粧下地とおしろいの組み合わせでもOKです!

今まで肌あれ中はメイクするのを諦めていた人や、仕方なくメイクをしていた人こそ、d プログラムの薬用 スキンケア ベースメイクシリーズがぴったり!
メイクをするたびに、キレイな素肌に仕上げてくれるアイテムの数々は、コスメというよりも「スキンケアアイテム」という言葉があっているかもしれませんね。

早速明日からのメイクに取り入れてみてはいかがですか?♡

d プログラム ベースメイクシリーズ (公式サイト)