雑誌連動

人気のインスタグラマーに♪男ウケも女ウケもいいSNSの魅せ方

提供:210 LIFESTYLE

♡4MEEE magazine Vol.1 p.116〜「SNSで華麗に生き抜く方法。」

Facebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)といったSNSがキッカケで、あなたのイメージが大きく変わることもあるでしょう。
ここでは、男ウケも女ウケもいいSNSの魅せ方を探してみます!

「男ウケも女ウケもいいSNS」の魅せ方① 統一感と一貫性を持たせる

統一感を意識すると、男ウケも女ウケもいいSNSが作れるかもしれません♡

たとえば、Instagram(インスタグラム)のような写真がメインのSNSは「写真の加工方法を統一」したり、ファッション・美容・グルメといった「豊富なジャンルの中からひとつを選んで追求する」と、人気なインスタグラマーになれるかもしれません♡

そして発言に一貫性を持たせると、自分軸のあるしっかりした女性を演出できそうです。

一貫性のある発言をしながら統一感を意識しつつ、ジャンルを絞ったとしても豊富な話題を提供すると、誰もが見たいSNSができているかも!

「男ウケも女ウケもいいSNS」の魅せ方② 色味にこだわる

先ほども男ウケも女ウケもいいSNSを作るためには、統一感が重要とお伝えしましたよね。

それを踏まえ人気のSNSを見ると、カラフルなメイクやスイーツの写真を載せている「華やか系」や、白背景の写真で統一したり、モノトーンが中心の「シンプル系」、そして爽やかなブルー、自然のグリーンとブラウンが多い「ナチュラル系」が多いように感じます。

色味にもこだわって、オシャレなSNSを作りましょう♪

また、色味にこだわってSNSに統一感を出すと、心が安定した人を演出できそうです。
気分屋な女だと思われたくないのなら、ぜひ試してみてくださいね!

無理をするのではなく、自分に合ったものを探してください。

「男ウケも女ウケもいいSNS」の魅せ方③ 参考になる・見たい話題を提供する

SNSを頻繁に更新をするとうるさい、しつこいというイメージがつくかもしれません。
芸能人や人気のSNSでない限り、やめた方がいいかも……。

特に、セレブ気分を味わった海外旅行の写真を連続で載せたり、幸せな結婚式のエピソードを“その①〜その⑤”で投稿するといった、やりすぎ幸せアピールは控えたいですね。

更新率は高くないけれど、「見たい・読みたい・参考になる話題」を提供しているSNSは、男ウケも女ウケも悪くないですよ。

「男ウケも女ウケもいいSNS」の魅せ方④ 共有する必要がないものを載せすぎない

SNSの2大どうでもいいネタといえば“恋愛とネイル”。

「彼氏ができた」から始まり「彼氏と○○に来てる」と連日彼氏ネタが続くと、そのSNSの投稿を非表示にするという声もあります。

そして「ネイル変えた〜」と、2週間に1度のペースでネイルを載せる意味がわからないという声が、男性だけでなく女性からもあるのです。

彼氏ができたり、ネイルを変えるとテンションが上がるのでだれかに伝えたくなりますが……、この2つを共有する必要はないのかもしれませんね。

「男ウケも女ウケもいいSNS」の魅せ方⑤ 不快感を与えないようにしながら、自分らしさを出す

男ウケも女ウケもいいSNSを目指すなら、見ている人の立場に立って考えつつ、自分らしさを出すことを心がけましょう。

画面越しに写真や動画、文字だけを使って伝えるので、見ている人に不快感を与えてしまうことも絶対にあると思いますが、それを少しでも減らす工夫をしてください。

また、友達や気になる男性と食事に行った際や誕生日のお祝いは、SNSのコメント欄ではなく、相手にしか届かないメールやメッセージを選びたいですね。
気持ちが1番伝わる方法を探してください♡

男ウケも女ウケもいいSNSには「見栄」は不要です。見栄を張り続けると、いずれボロが出ますよ!
背伸びをせずに自己演出してください♡