水も滴るイイ女♪プールにおすすめのヘアアレンジ〜ロングヘア編〜

BEAUTY

夏になると多くの方が訪れるプールですが、せっかく行くならおしゃれに可愛く決めたいと思うのが乙女心ですよね。
ですがロングヘアだと長さもボリュームもあって上手にまとめられないと苦戦している女性も多いようです。
そこで今回は、ロングヘアの女性向けにプールに行くときにおすすめのヘアアレンジをご紹介いたします。

濡れても可愛いヘアアレンジはある!?

ロングヘアの女性引用:www.instagram.com

プールに行く予定がある女性の皆さん、もう準備はできていますか?
水着を着こなすためにダイエットを頑張ったり、可愛い水着をゲットしたりしている女性は多いかと思いますが、その水着姿に合わせるヘアアレンジのチェックを忘れている女性も多いはず!

せっかくプールを楽しむのですから、ヘアアレンジにもこだわって、おしゃれに可愛く決めたいもの。
ヘアアレンジにちょっとした工夫をすれば、濡れても可愛い自分でいることができます。

さらにプールと言えばたくさん動きますから、崩れにくさも重視したいところ。
長さもボリュームもあるロングヘアさんは、どのようなヘアアレンジがプールに向いているのか、やり方と一緒にご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

【ロングヘア編】プールにおすすめのヘアアレンジ①低めのポニーテール

低めのポニーテール引用:beauty.hotpepper.jp

ロングヘアは女性らしくて色っぽさを演出できるのが魅力♡
この魅力を活かして、大人の女性にぴったりなヘアアレンジを楽しみましょう!
おすすめは、低めの位置で作るポニーテールです。

《低めのポニーテールの作り方》

  1. 手ぐしでざっくり髪を集めます。前髪に長さがあるなら、前髪も一緒に集めてOK!
  2. ゴムの位置が耳のあたりになるように結び、トップやサイドの髪を少し引き出してラフにまとめましょう。

前髪もまとめつつ、こめかみや耳の前あたりの後れ毛を出しておくと、とってもセクシーな女性に変身できます。

【ロングヘア編】プールにおすすめのヘアアレンジ②ざっくり作った編みおろし

ロングヘアの編みおろし引用:beauty.hotpepper.jp

ロングヘアなら編みおろしのヘアアレンジにチャレンジするのもおすすめです。
編みおろしならボリュームのあるロングヘアをすっきりまとめることができますし、プールで思いっきり動いても崩れにくいのが魅力ですよ。

《ロングヘアの編みおろしのやり方》

  1. ハーフアップのように耳上の髪を取ったら、2つに分けてざっくり2~3回ほどねじります。
  2. ねじって余った毛先を下の髪と合わせたら、今度は3つの毛束になるように持ち、毛先まで三つ編みを繰り返しましょう。

結んだ後に編み目を軽くほぐせば、こなれ感のある今どきスタイルになります。
ヘアアクセサリーをつけてもOKなプールであれば、おしゃれなヘアゴムで決めるのもGOOD。

【ロングヘア編】プールにおすすめのヘアアレンジ③編み込みをしたポニーテール

編み込みポニーテール引用:beauty.hotpepper.jp

最初にシンプルなポニーテールをご紹介しましたが、ポニーテールならヘアアレンジ次第でもっとおしゃれに決めることができますよ。
ロングヘアの長さを活かして、存在感のあるポニーテールにしていきましょう!

《編み込みポニーテールのやり方》

  1. 両サイドの髪を残して低めの位置でポニーテールを作っておきます。
  2. サイドの髪で三つ編みやロープ編みなど、作りやすい編み込みをしながら後ろに流し、あとはゴムに巻き付けてピンで固定すれば完成です。

ロングヘア全体にウェーブをかけておくと、仕上がりに立体感が出ますし、プールで濡れたときもおしゃれに決まります。

【ロングヘア編】プールにおすすめのヘアアレンジ④ラフなサイドダウン

サイド三つ編み引用:beauty.hotpepper.jp

ロングヘアならサイドに髪をまとめるヘアアレンジも可愛いですよ。
サイドでセットすることによって、可愛らしさだけでなく美人度も上げることができます。

《サイドダウンのやり方》

  1. 髪全体をサイドに流します。
  2. 手ぐしでざっくり集めたら、ゴムで結ばずにそのまま三つ編みを作ります。
  3. ざっくりとラフに毛先まで三つ編みをしたらゴムで結び、さらに仕上げに毛束を引き出してゆるく決めましょう。

シンプルですが決めすぎないゆるさが可愛らしく、プールで濡れるほど色っぽく見えますよ。

【ロングヘア編】プールにおすすめのヘアアレンジ⑤おフェロなハーフアップ

ふんわりハーフアップ引用:beauty.hotpepper.jp

プールでもダウンスタイルを楽しみたいなら、ハーフアップにするのも◎
毛先をふんわり、トップをタイトにまとめれば、自然とロングヘアもすっきり見えます。

《ゆるふわ&おフェロなハーフアップの作り方》

  1. 髪全体にゆるいウェーブを作ったら、サイド側のトップからねじり編みやロープ編みをしながら耳の後ろに流します。
  2. そのまま下の部分は流して、編み込みをしたサイドの髪同士を後頭部でハーフアップになるように結べば完成。

簡単なヘアアレンジなのに、前髪なし×ロングヘアという組み合わせが、女性らしくて色っぽさを引き出してくれますよ。

【ロングヘア編】プールにおすすめのヘアアレンジ⑥こなれ感のあるツインテール

ロングヘアのツインテール引用:beauty.hotpepper.jp

ツインテールは幼い印象が強いヘアアレンジですが、ロングヘアなら低めの位置で結ぶことによって大人の女性でも取り入れやすいツインテールにすることができます。

《ロングヘアのツインテールのやり方》

  1. 毛先と顔周りを太めのコテでゆるく巻いておき、ざっくり2つに分けて耳よりも下の位置で結びます。
  2. サイドやトップの髪を引き出して程よくふんわりさせれば完成です。

あえて耳を出さないことがポイントで、アンニュイな雰囲気がツインテールの甘さを控えめにしてくれますよ。
ゆるいウェーブがこなれ感を出してくれますし、プールで濡れても安心です!

【ロングヘア編】プールにおすすめのヘアアレンジ⑦キュートなハーフアップお団子

ハーフアップお団子引用:beauty.hotpepper.jp

プールと言えば、お団子ヘアも人気の高いヘアアレンジのひとつ。
ですが、ロングヘアだとボリューム&長さですぐ崩れてきてしまうと答える方も多くいます。
そのときは、ハーフアップからのお団子ヘアで崩れにくいキュートなヘアスタイルにしてみて♡

《ハーフアップお団子のやり方》

  1. ハチあたりから髪を高めの位置でまとめます。
  2. ポニーテールを作るようにゴムで結びながら、最終的には輪っかになるようにセットしましょう。
  3. あとは毛先を下に流すか、ゴムに巻き付けて固定すれば完成です。

前髪も一緒にまとめると、爽やかで夏らしいロングヘアを楽しむことができますよ。

【ロングヘア編】プールにおすすめのヘアアレンジ⑧ツインお団子で可愛らしさをキープ

編み込みお団子引用:beauty.hotpepper.jp

低めの位置で作るツインのお団子ヘアは、崩れにくさもこなれ感も両立できるヘアアレンジ♡
周りに差をつけるなら、編み込みをプラスしたお団子ヘアにするといいですよ。

《ツインお団子のやり方》

  1. 髪を2つに分けたら、ハーフアップを作り、一度くるりんぱをします。
  2. すぐ下の髪もゴムでまとめて、もう一度くるりんぱして、2段のくるりんぱができたら、毛先まで三つ編みをします。
  3. あとは毛先をぐるっと持ち上げて、お団子の形を作れば完成です。

くるりんぱを繰り返すだけで編み込み風に見せることができるので、難しい表編み込みなどができなくても大丈夫。
プールでもおしゃれ上級者であることをアピールして!

【ロングヘア編】プールにおすすめのヘアアレンジ⑨地毛でリボンを作る

リボンへア引用:beauty.hotpepper.jp

ヘアアクセサリーをつけたまま入れないプールもありますよね。
そのときはロングヘアの長さを活かして、地毛でリボンを作ってみませんか?

《ロングでやるリボンヘアの作り方》

  1. ハーフアップを作るように髪を取り分け、リボンを作りたいところでゴムを使いながら輪っかを作ります。
  2. 毛先は顔側に向けておき、お団子にした部分を2等分に分けます。
  3. 分けた髪を頭皮側に開いてリボンの形にしたら、毛先を2等分にした中心に通しながら前から後ろに持っていきます。
  4. 後ろに持っていった毛先は、リボンの根元で巻きつけながらピンで留め、リボン部分も浮いているようであれば内側からピンで留めてバランスを見ていきましょう。

こちらはハーフアップリボンのやり方です。
最初の工程で髪全体をまとめて輪っかを作れば、レディー・ガガ風の存在感あるヘアアレンジにすることができますよ。

 

プールに行くときにおすすめのヘアアレンジをご紹介させていただきました。
長さがあるロングヘアだからこそ、ヘアアレンジの幅を広げることができます。
自分の雰囲気や水着のデザインに合ったヘアアレンジを見つけて、当日に向けて練習してみてくださいね。