あなたの肌色にあったチークの選び方!年代別に正しいチークの入れ方をチェック

BEAUTY

チークは血色感を与えてくれる万能コスメですが、選び方を間違えると変に浮いてしまうことがあります。ナチュラルに溶け込むチークカラーでパッと明るく見せたいですよね。
しかしカラーバリエーションが豊富なことから、どのように選べばいいのか分からないことも。
そこで今回は、肌色にあったチークの選び方や30~40代向けの正しいチークの入れ方をご紹介いたします。

チークはベースカラーに合わせて選ぶ

メイクをする女性引用:www.shutterstock.com

自分にあったチークの選び方としてまず基本になるのが、ベースカラーに合わせて選ぶということです。

実は人の肌の色には、大きく分けて「イエローベース」と「ブルーベース」の2タイプがあります。
イエローベースは、クリームっぽい色をした肌色のことで、ブルーベースはピンクっぽい色をした肌色のことです。

このベースカラーによって似合うチークの色が変わってくるので、自分はどちらのタイプなのか知ることが大切ですよ。

ベースカラー診断の方法

微笑む女性引用:www.shutterstock.com

自分がどちらのベースカラーになるのか知るためには、いくつかの診断方法でセルフチェックをしてみてください。

<ベースカラー診断の方法>

  1. 白目の色を見る
    白目がアイボリー系ならイエベ、やや水色っぽい色ならブルべ
  2. 腕の裏の血管を見る
    血管が緑に見えるならイエベ、血管が青に見えるならブルべ
  3. なじむアクセサリーを確認する
    ゴールド系がなじむならイエベ、シルバー系がなじむならブルべ
  4. 日焼け後の変化を見る
    小麦色になりやすいならイエベ、赤くなりやすいならブルべ

とっても簡単に診断でき、チークの正しい選び方だけでなく、アイシャドウやリップなどを選ぶときにも役立つので、どちらか把握しておきましょう。

あなたの肌色にあったチークの選び方

驚く女性引用:www.shutterstock.com

さり気なく取り入れることが多いチークですが、そのチークの色によって明るく見えたり、暗く見えたりするので、顔の印象を大きく左右するコスメといっても過言ではありません。

もしも自分にあったチークの選び方ができていない場合、肌からチークが浮いてしまう可能性が!
チークだけ浮いてしまうと仕上がり全体が変になってしまうので、自分にあったチークの選び方をすることはとても大切なことだと言えます。

チークの色って何種類あるの?

チークとコスメツール引用:www.shutterstock.com

アイシャドウやリップにさまざまな色があるように、チークの色にもたくさんの種類があります。
商品やメーカーによって色合いや名前は異なりますが、主なチークの色を見ていきましょう。

<チークの色の主な種類>

  1. ピンク
  2. サーモンピンク
  3. ピーチ
  4. オレンジ
  5. コーラル
  6. ベージュ
  7. レッド
  8. ローズ
  9. ブラウン
  10. ラベンダー

ここからさらに、コーラルピンクやコーラルレッド、オレンジベージュやピンクベージュというように、何色もの色が展開されています。

【ベースカラー別】似合うチーク色一覧

ピンクとオレンジのチーク引用:www.shutterstock.com

では実際に、イエローベースとブルーベースにはどんなチークの色があうのでしょうか。

<イエローベースに似合うチーク色>

  1. オレンジ
  2. ベージュ
  3. コーラルピンク
  4. サーモンピンク
  5. ピーチ
  6. イエロー寄りのレッド
  7. ブラウン

<ブルーベースに似合うチークの色>

  1. ベビーピンク
  2. マゼンタのようなピンク
  3. 青みピンク
  4. ローズ
  5. レッド
  6. ワイン系のレッド
  7. ラベンダー

イエローベースなら黄色がかっている色、ブルーベースなら青みがかっている色を選ぶと、肌になじませやすいです。
ぜひこの選び方でチークを見てみてください。

色が与える印象

目を閉じる女性引用:www.shutterstock.com

さまざまな色があるチークですが、その色によって相手に与える印象が大きく変わります。

せっかく毎日メイクをするなら、相手に好印象を残せるチークカラーを選んでいい関係を作っていきたいですよね。
ここではさまざまな色があるチークの中でも、特に好印象を与えることができるピンク、オレンジ、コーラルピンク、ベージュの印象についてご紹介いたします。

<チークの色が与える印象>

ピンク
可愛らしさや幼さをプラスしてくれる色です。若い女性に良く似合い、守りたくなるようなピュアな雰囲気を演出してくれます。
オレンジ
活発でエネルギッシュな雰囲気を出してくれるオレンジは、健康的でヘルシーな印象を作りたいときにぴったりです。
コーラルピンク
女性らしくて、柔らかさや優しさをプラスしてくれます。オレンジや黄色っぽいピンクなので、まっさらなピンクよりも大人っぽく見えて使いやすいです。
ベージュ
肌なじみがいいベージュは、落ち着いた印象を与えてくれるので、ぐっと大人っぽい表情に見せることができます。大人の女性でも取り入れやすいです。

【年代別】あなたに合ったチーク色の選び方

コスメとバッグ引用:www.shutterstock.com

チークは、ベースカラーに合わせた選び方が大切ですが、それと同じように年代に合ったチークを選ぶことも欠かせません。
チークの色による印象でご紹介したように、可愛らしいピンクが似合うベースカラーであっても、年代に合っていなければ浮いてしまいます。

年代が変わったらチークカラーを見直すことが鉄則!
ここでは、30代と40代に分けておすすめのチークカラーの選び方をご紹介いたします。

30代のチーク色の選び方

メイクをする女性引用:www.shutterstock.com

30代になったら、上品さや女性らしさを増すことができるチークカラーを選ぶようにしてみましょう。
うるおい感が欲しくなる年代でもありますので、質感にも注目してみて!

<30代のチークの選び方>

  1. ツヤっぽい色がおすすめ
  2. ピーチ系やローズ系がおすすめ
  3. ヌーディーな大人の魅力をアピールしたいならベージュ系がおすすめ

ヴィセ リシェ フォギーオン チークス ピーチベージュ引用:www.amazon.co.jp

30代の女性なら、Visee(ヴィセ)のフォギーオン チークスシリーズにある「ピーチベージュ」という色がおすすめです。
女性らしいピンクがかったベージュなので、いきなりベージュはハードルが高いと思っている女性でも使いやすいですよ。

透け感のある仕上がりなので、ツヤっぽくてナチュラルに仕上がるのもおすすめポイント。

◆フォギーオン チークス ピーチベージュ 
ブランド名:Visee
価格:1,620円(税込)
容量:3g
購入URL

40代のチーク色の選び方

女性の口元引用:www.shutterstock.com

頬が痩せはじめ、ハリ感や透明感がなくなってきてしまう40代になったら、上品さをキープしたまま若々しさを演出できるチークを選ぶようにしてみてください。

<40代のチークの選び方>

  • 若々しく見せるためにピンク系がおすすめ
  • 特に、サーモンピンクやコーラルピンクがGOOD
  • くすみを感じさせない明るめの色がおすすめ
  • 若作り感を回避しようと、ブラウンやベージュを選ぶのは逆効果なので注意

ナチュラグラッセ チークブラッシュ 01引用:www.naturaglace.jp

40代の女性におすすめのチークは、ナチュラグラッセの「チークブラッシュ 01」です。
自然な血色感とツヤ感を与えて、生き生きした表情を作ってくれるチークなので、頬をふわっと見せながら若々しさを引き出してくれます。

ピンク系のチークが2色セットになっているので、自分の好みでブレンドして使うのもいいですね。

◆チークブラッシュ 01
ブランド名:ナチュラグラッセ
価格:3,888円(税込)
容量:3.1g

購入URL

印象をよくするチークの入れ方

チークを入れる女性引用:www.shutterstock.com

チークは色の選び方に注目するだけでなく、入れ方にも注目することで、もっと魅力的なメイクの仕上がりを目指すことができます。
好印象を与える色選びができたら、印象をよく見せるチークの入れ方もマスターしてみてください。

<印象をよくするチークの入れ方のポイント>

付属のブラシを使うか、大きいメイクブラシを用意
大きめのメイクブラシであれば、一度でふわっとチークを入れることができます。
横長に入れると小顔効果がある
斜めに楕円形を意識すると大人っぽい表情にも仕上がります。
笑った時に高くなる場所に入れる
にこっと笑ったときに頬骨が高くなることろに入れることで、表情がパッと明るくなります。
顎の部分にパールのチークを入れると小顔効果あり
顎にもチークをふわっと入れることで、余白が埋まって小顔効果はもちろん、顔全体の印象が明るくなります。

チークは薄く入れて、ほんのり血色感を出すことを意識しましょう。

【2019年】 今時のチークの入れ方

メイクをする女性引用:www.shutterstock.com

チークにもその年によって流行る色や入れ方が変わっています。
では、2019年の流行しているチークの入れ方はどのようなやり方なのでしょうか♡

<今時チークのやり方>

  1. 肌になじみやすいクリームタイプのチークを用意する
  2. 中指の腹にクリームチークをとったら、一度手の甲で量を調節する
  3. 黒目の下と小鼻脇の延長戦がぶつかるところに、調節したチークをポンッとのせる
  4. 薬指の腹を使って、逆三角形になるようになじませながら伸ばす
  5. 足りないようであればもう一度薄めにポンッとのせ、何もついてない指の腹でトントンしながらなじませる

少しずつのせて広げていくことで、ナチュラルな血色感を出すことができます。

30代のチークの入れ方

メイクをする女性引用:www.shutterstock.com

流行りのチークの入れ方を楽しむのもいいですが、年代に合ったチークの入れ方を意識するのもおすすめです。
30代のチークの入れ方は、以下のポイントを意識してみてください。

<30代のチークの入れ方>

  • こめかみから頬にかけて入れる
  • 楕円形に入れる
  • 眉にうっすらチークを入れてもOK

頬骨の下にチークを入れすぎると、げっそりと痩せこけ、顔色が悪く見えてしまうので気を付けてください。

メイクブラシ 化粧筆引用:www.amazon.co.jp

パウダータイプのチークを使う場合は、マットタイプではなく、粒子の細かいパールが配合されたものを選ぶと、透明感やツヤ感を簡単にプラスすることができますよ。
使用するメイクブラシにもこだわれば、仕上がりをふわっとさせることができます。

こちらのアイテムは、高級ナイロン繊維を使用していることが特徴で、ブラシによるチクチク感がないので肌に優しく使えるでしょう。

◆メイクブラシ 化粧筆 1本 伸縮式デザイン スライド式 携帯用
ブランド名:MAANGE
価格:999円(税込)
購入URL

40代のチークの入れ方

メイクをする女性引用:www.shutterstock.com

40代の女性がチークを入れるときは、若々しさと上品さを兼ね備えることができる入れ方に注目してみてください。
40代のチークの入れ方は、以下がポイントになります。

<40代のチークの入れ方>

  • 頬骨より高い位置に入れる
  • 頬骨からこめかみにかけていれる
  • 楕円形に入れる
  • ハイライトを目の下に入れるなどして組み合わせるとよい

頬からこめかみにかけて楕円形に入れるところは30代の女性とあまり変わりません。
さらに少し高めの位置に入れることで、若々しさをプラスすることができ、ハイライトを目の下とチークの間に入れることで光を集めてハリのある頬に見せることができますよ。

ハイム ミネラルチーク引用:www.amazon.co.jp

ハイムのミネラルチークのようなチークとパフが一体型になっているコスメであれば、忙しい朝のメイクもパパッと済ませることができます。
ただし、丸く入れてしまうと幼さが強くなってしまうので、斜めにしてポンポンと入れていくことがポイント!

天然ミネラルで作られたチークなので、石鹸でも簡単に落とすことができ、肌に優しいのも嬉しいですね。

◆ミネラルチーク HM 3オレンジベージュ
ブランド名:ハイム
価格:1,703円(税込)
容量:3g
購入URL

まとめ

笑顔の女性引用:www.shutterstock.com

肌の色にあわせたチークの選び方や、年代に合ったチークの入れ方をご紹介させていただきました。
あまり目立たないチークですが、実はその人の印象を大きく左右するので、選び方や入れ方に注意していきたいですね。
ぜひ参考にして、自分にぴったりなチークカラーでチーク効果を最大限に引き出していきましょう!