ぼる塾

ぼる塾、新感覚リアリティ番組『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1に感動!

提供:Amazon Prime Video LIFESTYLE

人気が高まりつづけているリアリティ番組。台本が無いコンテンツならではの、人間味あふれる展開に引き込まれますよね。一方で、競争系やオーディション系のいわゆる“対決モノ”の場合、あまりにもピリピリした空気が続くと、見ていて疲れてしまうという声もしばしば聞かれます……。

そんな方におすすめしたいのが、4月22日からAmazon Prime Video(アマゾン プライム・ビデオ)で配信スタートとなる『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1。今までのリアリティ番組にはなかった、不思議な魅力が詰まってるんです!

こちらの記事では、女性お笑いカルテットのぼる塾さんに番組を先行して見ていただいた感想をインタビュー。すでに番組の大ファンだという3人の、大盛り上がりの様子をお届けします。

4MEEE
4MEEE
2022.04.20

競争番組なのに、なぜかほっこり!?新感覚のクッキング・リアリティ番組

ベイクオフ・ジャパン

『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1は、総勢10名のアマチュアベイカーたちが制限時間内に課題のお菓子やパン作りに挑むクッキング・リアリティ番組。イギリスで社会現象を巻き起こした大人気番組『ブリティッシュ・ベイクオフ』の日本版です。

世界基準の厳しいジャッジで1エピソードごとに1人ずつ番組を去り、最後に残った優勝者は日本一の「スターベイカー」の称号を得ます。

最大の見どころは、なんといっても「競争番組なのに、なぜかほっこりする」という点。ベイカー同士が励まし合ったり、時には協力したりと温かいシーンが満載で、失敗や成功を通じて一人ひとりが成長していくリアルな姿を見ることができます。  

数々の対決を経験してきたお菓子・パン好き芸人「ぼる塾」にインタビュー!

ぼる塾

そんな『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1の魅力を、ぼる塾の3人が存分に語ってくれました!

芸人として数多くの“対決”の場に挑みながらも、仲の良い空気感で幅広い層から支持を得ているぼる塾の目に、この番組はどう映ったのか?芸能界随一のお菓子・パン作り(ベイキング)通としても知られる田辺さんのコメントにも注目です。

きりやさん、思わず涙!その理由は?

ぼる塾きりやさん

————まずは番組を見てみた、率直な感想を教えてください。

田辺さん「私もお菓子をよく作るので、ベイカーさんの気持ちがすごくよくわかって、まるで当事者のように見ていました。でも皆さん、アマチュアと言ってますけど、発想力はもうその域を超えてますよね。素晴らしくて、毎回ドキドキさせてもらって、とても楽しかったです!」

あんりさん「アイデアはすごいんだけど、失敗してしまうこともあって、親近感を持てました。失敗を乗り越えたり、みんなで協力したり、ドラマがあってすごくよかったです。私はパンやスイーツ作りは苦手なんですけど、そういう私でも感動しましたね。知識がない人を置いていかない内容というか、すごく見やすくて。それに審査員の方に褒められた時のみなさんの笑顔が本当にキュート!完成までの過程を見ているので、どの人にも感情移入してしまって、こっちまで嬉しくなりました」

きりやさん「私は料理もお菓子も作らないんですけど、見ていて勉強になるし、楽しいし、自分もベイカーになった気分で見てました。審査の時には私まで『なんて言われるんだろう〜』って緊張しちゃって」

田辺さん「しかもあんた、泣いたんだよね?」

きりやさん「そう!毎エピソード、番組を去る人を決めるじゃないですか。それが悲しくて……。せっかくみんな仲良くなって、アドバイスしあって、チームワークもできているのに、誰かは去らなくちゃいけないんだと切なくなってしまう。なぐさめるシーンは、毎回泣いてしまいましたね」

あんりさん「この番組のおもしろいところが、(毎エピソード)番組を去る人をなぐさめるシーンと、スターベイカー(各エピソードの1位)を称えるシーンが常に同じ空間で起こることですね。ヒリヒリ感と切なさと……その場にいる全員の感情が揺さぶられるんです。だけどこれが勝負なんだというドラマも感じて、なんだか青春ですよね」

アマチュアならではの展開や成長に、感動!

ぼる塾田辺さん

————皆さんは普段、リアリティ番組や競争番組は見られますか?

あんりさん「私は、リアリティ番組は好きでよく見ます。本音で出ちゃう表情が好きなんです。どう取り繕っても隠し切れない本性や人間らしさみたいなものがすごい出てくるので」

田辺さん「私はあまり見てこなかったですね。特に競争モノは苦手で。みんな頑張ってるからこそ、つらくなってしまう。ただ『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1は、今までの競争番組で感じていたような心苦しさはなく見られました」

あんりさん「相手を蹴落とすようなシーンがないんですよね。あくまで自分自身が上を目指すという感じなので、爽やかな気持ちで見られます」

きりやさん「みんなで肩組んでるってかんじだよね!」

————参加者は全員アマチュアというのがこの番組の特徴ですが、それによるおもしろさは感じられましたか?

あんりさん「テクニカルチャレンジ(与えられたレシピ通りに作る課題)の時に、『これ、作ったことない』って人が何人かいるんですよ。『えー!?』って思いました。一度も作ったことがないものを、いきなりトライするってすごい難しいことじゃないですか。当然、失敗やトラブルも起こるわけですけど、これがプロ同士の戦いだったら、そもそも『作ったことない』ってことがほとんどないと思うんです。これはアマチュアだからこその展開だし、初挑戦で追い込まれてた人が意外と上手に作れることもある。プロじゃないからこそ、他人のアドバイスにも柔軟に耳を傾けられて、すぐに次に活かしていく成長も見られますし、人生の勉強になりますね」

————田辺さんから見ても、やはりこういった状況でレシピ通りに作るというのは、難しそうでしょうか?

田辺さん「ものすごーく難しいと思います……!キッチンとか道具が変わると、勝手が全然違うんです。私も自宅以外で作ってくださいって言われると、いつもやっていることなのに、急にできなくなってしまって。もう何十年ってお菓子作りをやってるのに!参加者のおひとりが『オーブンと仲良くなるのが大事』とおっしゃってたんですけど、『わかる!!』と思いました。慣れない環境、時間制限もある中でやるのは本当に難しいと思うんですけど、その中であんなに素晴らしい作品の数々を生み出したっていうのは、心からすごいことです」

あんりさん「田辺さんもよくお菓子の商品開発のお仕事をしているんですが、今まで自分が作ったことのないものを試作することもあるんですね。そういう時、すごく時間をかけて頑張っているのを横で見ているので、大変さはわかります。それを、急に言われて数時間でやるなんて……」

田辺さん「そうなんです。レシピを見ればいいだけと思うかもしれませんけど、初めてのレシピって読み込むのに時間がかかるんです!!私は以前、レシピを見ながら作ろうとして、わけわかんなくなって大暴れしたことがあります……。テンパっているから、言葉が入ってこないんですよね。だから本当に、あんな難しい課題に取り組むベイカーの人たちを尊敬します」

ぼる塾イチ推し!注目ベイカーは?

————個性的なベイカー揃いですが、気になるベイカーの方はいましたか?

あんりさん「私は、商社マンのKoheiさんが好きですね。ぱっと見たときに『あ、タイプだ!応援しよう!』って思って。ただ、すぐに彼女の話が出てきたんです。あんなに早い失恋ないですよ!!」

きりやさん「ラブラブだもんね。彼女のために作ったケーキの作品、すごかった!」

商社マンのKoheiさん

(画像:商社マンのKoheiさん)

田辺さん「私は最年少の大学生Yuiくんが好きです。あんな可愛らしくて、お菓子作りもできるメンズ、私も探したいです……」

あんりさん「いまのところ、彼女出てきてないからね!」

最年少大学生のYuiさん

(画像:最年少 大学生のYuiさん)

田辺さん「あと私は、日系ブラジル人のSatoruさんの使う食材がめちゃくちゃタイプです。ブラジルの食材ってなかなか日本ではなじみがないのに、それをさらっと使うところがすごい。私は世界中のおいしいものを食べたいという野望があるので、彼の使う食材にはすごく興味がありますね」

日系ブラジル人のSatoruさん

(画像:日系ブラジル人のSatoruさん)

きりやさん「私はインフルエンサーのAikaさんですね。『普通とは違うことをしたい!』というずば抜けた発想が好きです。私も結構そういうタイプなので、似てるかなって」

インフルエンサーのAikaさん

(画像:インフルエンサーのAikaさん)

二人のレジェンド審査員による、神々のお茶会!?

ベイクオフ・ジャパンの審査員

————審査員のお二人、鎧塚さんと石川さんの印象はいかがでしたか?

あんりさん「時々出てくる、お二人が優雅に課題のスイーツやパンを食べてるシーンがすごく好きで……。番組の主役はアマチュアベイカーさんたちで、私たちはその頑張りを見てるわけですけど、一方で鎧塚さんや石川さんは、レジェンドベイカーです。だからこのシーンが、神々のお茶会に見えて(笑)。同じ世界線かな?ってくらい違った雰囲気になる。そのシーンがあるからこそ、ベイカーさんたちのがむしゃらさがより一層輝く気がします。余裕のある神々との差に、シビれますね」

きりやさん「ベイカーさん一人ひとりの性格や特徴をちゃんと見ていて、成長させようとしている感じが伝わってくるのも、いいですよね」

「競争」から得るものとは? 芸人とベイカーの共通点

ぼる塾あんりさん

————皆さんも芸人として対決番組に出演されることが多いと思いますが、『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1と違うところや共通するところはありますか?

あんりさん「違うところは、作品が出来上がるまでの過程が見えるかどうかですね。芸人同士で他の組のネタ作りをみる機会ってほとんどないですし、基本的には完成したもので勝負します。一方で『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1では過程を見られるからこそ、視聴者も感情移入できますよね。そこは大きく違うな、と」

田辺さん「一緒なところは、“好き”って気持ちじゃないかな?『ベイキングが好き!』、『お笑いが好き!』という、好きを突き詰めていくところは共通していると思います」

あんりさん「戦っていく中で不思議と仲よくなっていくところも一緒ですね。賞レースを戦い抜いた者同士にしか生まれない友情みたいなものがあります。いい作品を作ろうとそれぞれが頑張っていく関係性は、『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1の参加者とも通じるかもしれませんね」

————では芸人同士の対決では、あまり他の組の過程が気になることはないですか?

田辺さん「あ、でも。まだぼる塾を結成する前に即興ネタで対決する企画があって。参加者が狭い場所に集まって15分くらいでネタを作るんですけど、どこからか面白いフレーズが聞こえてくるんですよ。そうすると、『やばいやばい!』って焦ってしまって、その時の気持ちはベイカーさんと一緒かもしれない」

あんりさん「焦っていると、いつもできてることができないということは自分にも経験があって、『真っ白になるって、本当なんだ』と思いました。焦りも追加されると、余計に頭の中に色が戻ってこない。ベイカーの人たちは、限られた時間の中でそれを立て直すのがすごいですね」

ぼる塾

あんりさん「『もう無理!』と投げ出したくなることも多いのに、戦うことを誰ひとりやめないのがすごいと思います」

何かにチャレンジしたい人に、温かい勇気をくれる番組

————最後に、あらためて『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1を、どんな人に見てほしいと思いますか?

田辺さん「春になって新しいことを始める人も多いと思います。その中で『いまさらやっても仕方ない』と諦めてしまう人もいるかもしれません。でも何歳になっても、何を始めてもいいんだということを、この番組を見て感じてほしいです。いろんな人がいて、きっと勇気をもらえると思います!」

きりやさん「家族で見るのもいいですよね。お子さんがお菓子やパン作りに興味を持つかも」

あんりさん「確かに。家族愛も見れますしね!一人暮らしの人にもいいかもしれない。実家にちょっと電話してみたくなるようなシーンもあります。みんなが誰かのために作ってるから、温かい気持ちになれる番組ですね。とにかくいろんな人に見てほしい!」

ぼる塾

終始大盛り上がりだったぼる塾の皆さん。まだまだしゃべり足りない、そんな様子でした!

アマチュアベイカー10名の成長物語、4/22から配信スタート

ベイクオフ・ジャパン

『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1は、4月22日からAmazon Prime Videoにて独占配信スタート。誰かの頑張る姿、成長する姿を見て前向きな気持になりたい人には、最高におすすめの番組です!

番組概要
『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1は、総勢10名のアマチュアベイカーたちが制限時間内に課題のお菓子やパン作りに挑むクッキング・リアリティ番組。世界基準の厳しいジャッジで1エピソードごとに1人ずつ番組を去り、最後に残ったベイカーは日本一の「スターベイカー」の称号を得る。審査員はパティシエの鎧塚俊彦さんと、ベーカリーグループオーナー/パン職人の石川芳美さん。そして番組のホストは坂井真紀さんと工藤阿須加さんが務める。 

Amazon Prime Videoはどんなサービス?

豊富なドラマやTV番組が楽しめるオンデマンド・エンターテイメント・サービスです。お客様が、観たい作品を観たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢をご提供しています。

Amazon、Prime Video及びこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc. 又はその関連会社の商標です。作品の視聴には会員の登録が必要です。無料体験期間終了後、有料期間に自動移行(Amazonプライムについて詳しくはコチラへ)。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供元/関連リンク
Amazon Prime Video

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。