「お前」と呼ぶ男の心理とは?彼がどんな心情で呼ぶのか見極めて!

LOVE

付き合っている彼はもちろん、親しくしている男性に「お前」と呼ばれた経験がある女性は意外と多くいます。
ドキッとしてしまう女性もいれば、嫌だと思う女性もいるかと思いますが、なぜ男性が「お前」と呼ぶのか知っていますか?
そこで今回は、男性が「お前」と呼ぶ心理についてご紹介いたします。

「お前」と呼ぶ男性の心理はひとつだけじゃない?

考える女性

ふとしたときに男性から「お前」と呼ばれると、皆さんはどのように感じますか?
女性にとって、彼氏はもちろん、親しい男性からの呼ばれ方は重要なポイントだからこそ、「お前ってなんで呼ぶの?」と気になっている女性も多いでしょう。

多くのイメージとしては、「お前と呼ぶ男性=上から目線で嫌」と感じている女性もいるかと思いますが、実は他にも隠された心情があるのです。

そこで今回ご紹介するのは、「お前」と呼んでしまう男性の本当の心理!
少し偉そうな呼び方ですが、その裏には男性なりの愛情表現があったり、照れ隠しがあったりするのです。

本当に男性が上から目線であなたのことを「お前」と呼んでいるのか……自分が感じたままに怒るのではなく、まずは男性の言葉や態度をしっかり見極めるのがポイント。
どんな心情が隠されているのかぜひチェックしてみてくださいね。

「お前」と呼ぶ男性の心理①守ってあげたいと思っている

お花を持つカップル

「お前」という言葉は、自分よりもか弱い存在に対して使うことが多いんだとか。
男性は女性に対して「守ってあげたい」という男心によって、知らぬ間に「お前」と呼ぶことがあるそうです。

例えば、可愛いペットを見て「お前、可愛いなぁ」「お前何やってるんだよ~」とつい出てしまうのと同じこと。
悪気はなく、本当に可愛い、守ってあげたいと思った気持ちから、スルッと口に出てしまうそうです。

男性は誰しもが女性の前では、男らしくいたいものですから、出会って間もない相手であっても「お前」と男性が呼んで来たときには、素直に頼ってみてもいいかもしれません。

お前呼ばわりされることに抵抗がある女性もいるかと思いますが、このような心情での「お前」なら、意外とアリと思ったのでは?
男性の男心をしっかりと受け止めてあげてくださいね♡

「お前」と呼ぶ男性の心理②独占欲がある

顔を近づける男女

付き合っている彼に多く見られがちなのが、自分の支配欲を満たすために彼女のことを「お前」と呼ぶ男性です。

支配欲の強くある男性であれば、誰しもが「彼女は自分のもの」というように独占欲があるもの。

強く「こいつは俺の彼女だ!」と言えない、男性なりの小さなアピールが「お前」という呼び方に来ているそうです。
可愛い彼女、大好きな彼女を他の男性に取られないよう、わざと強気な呼び方で周りにアピールをしている男性もいるそうですよ。

愛情表現を小さなアピールによって伝えていると思うと、なんだか彼のことが愛おしくなってきますよね♡
素直に返事をしてあげることで、彼の欲も満たされるので気にしすぎるのは良くないかも。

「お前」と呼ぶ男性の心理③気持ちの高ぶりで言ってしまう

目を閉じる男女

「お前」と呼ばれることが嫌だと思っている女性はたくさんいます。
男性側も「お前」と呼ぶのは良くないと分かっているようです。

しかし、喧嘩などしてしまって怒りで気持ちが高ぶってしまうと、つい「お前」と呼んでしまうことがあるのだとか。

これは、男性だけでなく、女性も同じことではないでしょうか。
喧嘩をしているときは、男女問わず口が悪くなってしまう人が多いですから、そのときはお互い様なのかもしれないですよね。

だからこそ、喧嘩中に「お前」と呼ばれたことにさらに苛立ちをたてるのではなく、気持ちを一度冷静に落ち着かせることが大切になりそうです。
そこからまらお互いの気持ちを冷静に伝え合えば、より仲を深めることが期待できるでしょう。

「お前」と呼ぶ男性の心理④名前を呼ぶことが恥ずかしい

おでこをつける男女

男性が女性のことを「お前」と呼ぶことに対して、1番多い理由が“名字や名前で呼ぶことが恥ずかしいから”だということです。

「◯◯ちゃん」や「◯◯さん」や「〇〇」など、呼び捨てはもちろん、ちゃん付けやさん付けで呼ぶことに対して難易度が高いと思っているシャイなタイプの男性かもしれないですよ。

このように照れ隠しで「お前」と呼ぶようになってしまった男性はもちろん、「何て呼べばいいのか分からない」「一度お前と呼んでしまったから……」とタイミングを逃してしまっている男性もいるみたい。

長く付き合っている彼や、夫婦の場合は、女性のことを「おい」と呼んでしまう心理と同じです。

もし彼に「お前」ではなく名前で呼んでもらいたいときには、ストレートに「名前で呼んでほしい」と伝えてみてくださいね。
気軽に名前で呼びあえる仲になれば、もっと楽しい関係が築けそうです。

「お前」と呼ぶ男性の心理⑤親しい関係だと思っている

話をする男女

「お前」と呼ぶ男性の心理として、親しい関係だと思っていることも挙げられます。
これは友人関係にある男女の間でよくあること。

男性があなたのことを「お前」と呼んでいれば、周りから見ても「仲がいいのかな」「付き合っているのかな」と思われているでしょう。

あまり仲良くない相手からいきなり「お前」と呼ばれればびっくりしますが、親しい間柄の男性から「お前」と呼ばれれば、また気分も変わってきますよね。

“親しい間柄だからこそ呼べる呼び名”でもあるので、男性もあなたと仲がいいことを周りにアピールしたいのかもしれません。

女性側も呼び方に突っ込むのではなく、いつも通り笑顔で接してあげれば男性も嬉しくなること間違いなし!
親しい間柄でのお前呼ばわりなら、マイナスに捉えなくても良さそうです。

「お前」と呼ぶ男性の心理⑥プライドが高い

ディナーをする男女

「お前」と呼ぶ男性へのイメージとして、多くの女性が抱くことは「プライドが高そう」というマイナスな考えではないでしょうか。
その考えは間違っていません。

親しみを込めている場合や、愛情表現である場合の他に、プライドが高い男性も女性のことを「お前」と呼んでしまうことがあるそうです。

プライドが高い男性は、とにかく周りの反応を気にします。
ですので、女性と一緒に歩いていたり、過ごしていたりするところを他の人に見られたとき、「女の尻に敷かれていると思われたくない」という心理が働いて、上から目線に感じる「お前」で呼ぶそう。

同性の前で見栄を張りたい彼氏に多いので、お前呼ばわりされたら彼氏のプライドを尊重し、あたたかく受け入れてあげるといいですよ。
ただし、本当に嫌な場合は、きちんと二人で話し合うようにして、女性側は外でも男性をたててあげられるようにしましょう。

「お前」と呼ぶ男性の心理⑦女性を下に見ている

料理を作る女性

女性のことを下に見ていて、自分の方が立場が上だと思っている男性も、「お前」と呼ぶことが多いようです。
これは、彼氏だけでなく、男性上司にもよくあること。

男性なら誰もが女性よりも上の立場でいたいと思うものですし、頼ってほしいと思うものなので、仕方のないことかもしれないですよね。
守ってあげたいと思っている心情や、プライドの高さから呼んでしまう心理に近いです。

頭ごなしに「お前、お前」と言われるのは確かにむかつきます。
ですが、「お前はこれだから……」「お前のそういうところが……」など、何かと心配をしながら親身になってアドバイスをしてくれるような彼や上司なら、サラッと聞き流してあげましょう。

また、あからさまに「下に見ているんだな」と感じたときも、ここは少し折れて、彼の気持ちを優先してあげるのもおすすめです。

「お前」と呼ぶ男性の心理⑧リードしているという優越感を得たい

キスをする男女

先ほどからお話ししているように、多くの男性は女性よりも上の立場や、強い存在でありたいと思っています。
女性よりも男性は、自分の中できちんと上下関係を作る習性があるそうで、自分の存在が上であることを証明するために、無意識に「お前」と呼ぶそうです。

そして「お前」と呼んだことに対して、女性が何も言わずについてきてくれると、優越感を得ることができるのだとか。

自分が他人より優れているという感情になることができるので、男性側は気持ち良くなりますし、自分の自信にも繋がるそうですよ。

いきなり人前で「お前さぁ」と言われれば「何?」と不機嫌に言いたくなってしまうかもしれないですが、信頼関係が築けているのであれば、彼の心理や心情を理解してさらっと流してあげるのがおすすめです。
男性を上手にたてることができる女性に、男性は引かれるものなので“モテ”を狙うこともできそう!

「お前」と呼ぶ男性の心理⑨一緒にいると素直になれる

スマホを見る女性

一緒にいると素になれる女性に対しても、「お前」と呼ぶ男性がいます。

よくテレビで見る漫才師は、相方に対して「お前!」とツッコミを入れていることってありますよね。
しかし他の人には「お前」とは言いません。
一緒にいて素直になれる相手だからこそ、つい言ってしまうことが分かります。

男女関係でも同じように、付き合っていなくても親近感があり、心を許しているからこそ言える呼び方でもあるそうです。

一見「失礼な呼び方ね!」と思ってしまうかもしれませんが、相手が心から信頼して呼んでくれているのだと思ったら、嬉しく感じる女性もいるのではないでしょうか。
彼の中で「一緒にいると楽しい」「変に緊張しないで素の自分でいられる」など、特別な存在になっている可能性も♡
その証だと思えば、前向きに捉えても良さそうですよね。

「お前」と呼ぶ男性の心理についてご紹介させていただきました。
なぜ「お前」と呼んでしまうのか、男性の心情を掴むことができれば、さらにお互いの仲を深めたり、良い距離を保つことができるでしょう。
必ずしも「お前」という呼び方は、マイナスを意味するわけではありません。
親しみや好意を込めて呼んでいることもあるので、普段の行動や態度を見つつ、見極めてみてくださいね。