女性が本当にお金をかけるべき化粧品♡オールプチプラコスメは卒業!

BEAUTY

女性にとって化粧品とは、基本的な身だしなみのひとつであり、永遠の美を与えてくれるもの。
だからこそ、自分に合った化粧品でケアをしたりメイクをしたりしたいものですが、本当にお金をかけるべきものが間違っていることも!
そこで今回は、「高級品を使えば良い」ということではないですが、質が良いものにはお金をかけて欲しいという思いから、本当に化粧品でお金をかけるべきものについてご紹介いたします。

女性にはお金をかけるべき化粧品がある!

リップやファンデーションなどの化粧品

化粧品は、女性の身だしなみや美を維持するためにとても欠かせない存在ですが、いつもどのように選んでいますか?

10代や20代前半の頃は、安さや量を重視していた女性も多いかと思いますが、大人になってくると肌質も変化してくるので、その変化に合わせて化粧品を変えていく必要があるといわれています。

キレイな女性は「本当にお金をかけるべき化粧品がどれなのか」ということを知っているのです。
最近では、プチプラでも良いものがたくさんありますが、やはり高価なものと成分を比べてしまうと劣っていることも……。

だからといって、すべてにお金をかける必要はありません。
皆さんもどの化粧品にお金をかけるべきなのかを知り、デパコスとプチプラを上手に使い分け、キレイを目指していきましょう!

女性がお金をかけるべき化粧品①クレンジング

コットンを持つ女性

お金をかけるべき化粧品としてまずご紹介したいのが、クレンジングです。
身だしなみとして欠かせないメイクは、働く女性であればほぼ毎日しなければならないですよね。

そして帰宅したら、メイクを落として清潔な肌にしてあげなければなりません。
とはいえ、適当に選んだクレンジングだと、メイクを落としきれなかったり、ゴシゴシ擦って肌にダメージを与えてしまったりと、あまり良くない結果に!

そこでクレンジングに求められるのは、メイクや一日の汚れをしっかり落としながらも、肌に優しくて潤いをキープできるものです。
20代後半になると、肌は簡単に乾燥しがちなので、クレンジングのときでさえも潤いを逃したくありません。

落としながらちゃんと潤いを守れる高機能タイプは、やはり少し高めのものが多いので、ワンランク上のクレンジングを使って体感してみてください。

女性がお金をかけるべき化粧品②美容液

ビンに入った美容液

スキンケア部門はメイクよりも大切だといわれていて、美肌維持のために必要不可欠なステップです。
基本的には、化粧水→美容液→乳液、もしくはクリームの3ステップになりますが、最近は化粧水の前に使うブースターや、クリームの後に使うアイクリームなど、たくさんありますよね。

「すべてにお金をかけるなんて無理!」と思うのも当然です。
でも大丈夫!洗顔後のスキンケアアイテムの中で、女性がお金をかけるべき化粧品は、“美容液”だけ。

皆さんは普段から美容液を使用していますか?
肌への摩擦を少なくするために化粧水→乳液で済ませてしまう女性もいるかと思いますが、美容液は栄養を与えてくれる重要なケアアイテムなのですよ。

化粧水:美容液:乳液の割合は2:6:2がベストだそう。
効果としては、美白・潤い・メラニン除去・シミなど身体の奥からケアしてくれるので、必ず使用することをおすすめします。

女性がお金をかけるべき化粧品③ヘアケアアイテム

ブラシとヘアオイル

意外と見落としがちな化粧品が、ヘアケアアイテムです。
年齢を重ねてくると、肌だけでなく髪にも変化が出てくるので、キレイな女性はヘアケアアイテムにもお金をかけるべきだといっているそう♡

安いシャンプーでは、髪がゴワゴワしたり、パサつきを感じたりしたことがある女性もいるのではないでしょうか。
美髪を維持するためには、シャンプーのやり方なども関係してきますが、使用するシャンプーの成分などもカギを握っているので、いつもより少し良いシャンプーやコンディショナーにシフトしてみて!

ドライヤーの熱から髪を守るアウトバストリートメントも必要ですが、ここはお金をかけなくてもOK。
本当にお金をかけるべきところは、ヘアケアの基本となるインバスアイテムのシャンプーやコンディショナーです。
何が良いのか分からないときは、行きつけのサロンなどで相談するといいですよ。

女性がお金をかけるべき化粧品④スペシャルケアアイテム

フェイスマスクを持つ女性

デートの前日や結婚式の前日など、特別な予定がある日の前夜は、多くの女性が普段よりも贅沢なスペシャルケアで、磨きに仕上げをかけたいと思うものですよね。
だからこそ、スペシャルケアアイテムにもお金をかけるべき化粧品かもしれません。

スペシャルケアとして定番なのは、フェイスマスクです。
毎日使えるフェイスマスクよりも高く、「週に1~2回ほどの使用にしてください」と記載されているタイプは、それだけ一枚のマスクの中にギュッと美容成分が含まれています。

ですので、デパコスのフェイスマスクを使うことで、いつもよりももっちり肌を体感している女性がたくさんいるんです。

翌朝の自分に出会うのが楽しみになったという女性もいるほど♡
最高にキレイな自分で、大好きな彼や素敵な服を着るために、ちょっぴり奮発してみてはいかがでしょうか。
フェイスマスクなら、一枚で買えるものもあるので、試しに使ってみるのもいいですね。

女性がお金をかけるべき化粧品⑤化粧下地

チューブと下地

お金をかけるべき化粧品は、スキンケアやヘアケアアイテムだけではありません。
次に大切なのが、メイクで使う化粧品です。

中でも特に大切だといわれているのが、化粧下地やベース下地といった下地で、スキンケア後に一番最初に顔に塗るものになります。
なぜ化粧下地にお金をかけるべきなのか、それはメイクの土台になるからです。

化粧下地ひとつで、メイクののりや持ちが変わるといっても過言ではないほど、そのあとのメイクに深く関係してきます。

“ベース”が大切なのはメイクだけではありませんよね。
世の中の全てと言って良いほど、何でも基盤がしっかり整っていないと次のステップへは進めませんから、化粧下地では潤い、シミやくすみのカバー力、保湿効果、皮脂崩れ防止など、肌悩みや季節に合わせて、用途に優れたものを使ってみてください。

女性がお金をかけるべき化粧品⑥ファンデーション

ファンデーションを塗る女性

化粧下地と同じように、ファンデーションもメイクの基本として欠かせない存在ですよね。

ファンデーションは化粧下地の上に塗るので、カバー的な存在になります。
化粧下地が優秀なら、プチプラのファンデーションでも仕上がりに納得がいく女性もいるそう!
なので、絶対的にお金をかけるべき化粧品とはいいませんが、メイクの仕上がりをワンランク上にするならこだわってみるのもアリですよ。

ファンデーションひとつで、密着度や見た目の肌質をコントロールできますから、選ぶときも慎重に!
デパコスブランドで相談してもいいですし、サンプルをいただいて実際に肌に塗ってみるのも◎

また、テスターを顔半分に伸ばし、半日過ごして様子を見るのもおすすめですよ。
実際に崩れていなかったり乾燥していなかったりすれば、そのファンデーションがあなたの肌に合っているのだと知ることができますよね。

女性がお金をかけるべき化粧品⑦コンシーラー

コンシーラーを使う女性

お金をかけるべき化粧品は、コンシーラーだという女性も!
メイクで基本的にお金をかけるべきなのはベースメイクになるので、ベースメイクのひとつであるコンシーラーにも、こだわっている女性が多いようですよ。

実際に安いコンシーラーでは、変に浮いてしまったり、時間が経つと崩れてしまったりすることもしばしば……。
ですが、カバー力やキープ力に優れた定評のあるコンシーラーを使えば、キレイに隠せるという女性もたくさんいるんです。

年齢を重ねていくと、どうしてもシミやニキビ跡が気になってしまうこともあるので、キレイに隠したいですよね。
コンシーラーは自分のコンプレックスをカバーして、美肌に見せるサポートをしてくれるので、気になる部分があるならこだわってみてください。

女性がお金をかけるべき化粧品⑧リップや口紅

口紅と女性の唇

くちびるは血色の良さが大切です。
リップメイクの色味で印象や性格さえ違って見えるほどなので、リップメイクを大切にしている女性もたくさんいます。

リップや口紅は、比較的に安いものだと「色が落ちてしまう」「自然な色にみえない」「カサカサする」など、それなりのデメリットが生じてしまうよう。
逆に、デパコスなど、有名ブランドメーカーのリップは、発色性に優れているのは勿論のこと、ケアもできたり、キープ力に優れていたりとそれ以外のメリットもあるんですよ。

特にデパコスリップは、唇の環境を整えるケアの面で特化しているのが特徴です。
唐辛子成分が配合されているものなら、塗ったと同時に唇にハリを与え、唇自体をぷっくりと見せてくれますよ。

いろいろな色を試すならプチプラでもいいですが、定番カラーであればお金をかけるべき化粧品として投資してみてください。

女性がお金をかけるべき化粧品⑨メイクブラシ

グラスに入ったメイクブラシ

ヘアケアアイテムと同じように意外と見落としがちなのですが、実はお金をかけるべき化粧品として挙げられるのが、メイクブラシです。
メイクブラシは、毛の質によってかなり変わってくることをご存知でしたか?

なぜ皆さんが気づかないのかというと、それは「高価なブラシを使ったことがないからわからない」ということなんです。
メイクブラシは化粧品もしくはそれ以上に高くなることもあり、手をつけられない女性が多いことも。

しかし、メイクブラシにお金をかけることで、ファンデーションと肌の密着度を高めたり、口紅と唇の密着度を高めたりすることができますよ。

実際に手で質感を確かめ、良いものを見極めて購入すると良いでしょう。
メイクブラシは顔の装飾時に必要なアイテムです。
テクニックによって印象が変化しますから種類が豊富なだけ、メイク上手になること間違いなし♡

女性がお金をかけるべき化粧品に当てはまらない化粧品は?

チークとブラシ

これまでご紹介したお金をかけるべき化粧品の中に、「自分がかけるべきだと思っていた化粧品がなかった!」ということもありますよね。
なぜ他の化粧品はプチプラでもいいのか、それには理由があります。

<化粧水>
肌に潤いを与える役割がある化粧水は、惜しみなく使えるものがいいそうです。
そのため、プチプラで大容量の化粧水を選ぶ女性も多く、その分後から使う美容液にお金をかけているんだとか♡
プチプラでも、保湿効果のあるヒアルロン酸やセラミドなどを含むものもあるので、あとは肌との相性を確かめてみてください。

<アイメイク・チーク>
メイクにもそのときによってトレンドが変わるので、気軽に楽しめるようにプチプラでもOK!
土台がしっかりしていれば、ポイントメイクはそこまで深く気にしなくていいようです。

女性が本当にお金をかけるべき化粧品をご紹介させていただきました。
まだメイクに興味がない、そこまでお金をかけたくないという女性の皆さんも、この9アイテムだけは少しでも良いものを使用してみてください。
翌朝の肌や髪、メイクの仕上がりにも差がつくので、試していくうちに“美肌・美髪”を作る近道になってくれるはずです。