雑誌連動

いくつになっても子供っぽい!彼をステキな男性に育てる方法

LOVE

♡4MEEE magazine Vol.2 p.80〜 「最幸の結婚、その先に。」

「男って、なんであんなに子供っぽいの?」女性同士の会話でよく耳にする言葉です。
男性はいくつになっても子供っぽい生き物。
そんな子供っぽい彼を、ステキな大人の男性に仕上げるテクニックをご紹介します。

男性はいくつになっても子供っぽい……。

「年下の男性は頼りない。」「年上の男性の方が頼れるし、しっかりとリードしてくれる。」そう思って年上男性と付き合っても、やっぱりどこか子供っぽい部分があるのが男性です。

年齢にもよりますが、一般的に現実的で理論的な考え方をするのは、女性の方といわれています。
逆に男性は、そのときの衝動でパッと行動する生き物なんだとか。

現実が分かっておらず、衝動的すぎる部分が、男性を子供っぽく見せているんですね。

子供っぽい彼をステキな男性に育てる方法▶︎褒める

子供っぽい部分がある男性でも、ステキな彼に仕上げる方法があります。
まずは、褒めるとその気になるという、男性にありがちな子供っぽさを使いましょう。

褒めるとより頑張るのが男性です。
すごいね、と言っておけばとにかく喜んでやるようになるので、まずは褒めてみましょう。

注意したいのが、褒めながらもっとこうして欲しいんだけどなと思ったときの伝え方です。
こうして欲しい、と思うことがあるなら、「こうやってよ!」「なんで、こうできないの?」と責めるような言い方をしてしまうと、男性はめげて、やらなくなってしまいます。

助言として、「こうしたほうが上手くいくんじゃない?」と伝えると、すんなり受け止めてくれるので、上手にアドバイスをして彼を育てましょう。

子供っぽい彼をステキな男性に育てる方法▶︎たまには彼の交友関係に参加する

いつまでも昔の付き合いを大事にするところも、男性の子供っぽい部分かもしれません。

女性の場合、昔の付き合いも大事にしますが、そのときそのときの生活や結婚、出産などのイベントを機に、交友関係が変わることも多いですよね。
逆に、男性は会社の仲間、地元の友達という関係を長く続けていくタイプが多いです。

恋人との時間よりも、友達のことを優先させることが多いのも男性ですよね。
ですが、ここで目くじらを立てて、「友達ばっかり会って、私とは会ってくれない!」と怒ってしまうと、理解がないと思われて嫌われてしまいます。

どうせなら、彼のお友達とも積極的に交流して、みんなで会う時間を作るように提案してみてください。
彼も、自分の仲間に彼女が加わることで、結婚を意識したり、少し大人の考え方に変わるかもしれません。

子供っぽい彼をステキな男性に育てる方法▶︎受け止める

一回喜ぶと同じことを繰り返して、また喜んでもらおうとするのも男性の子供っぽい習慣です。
また、自分が楽しいと思っていることは、注意されても止めませんよね。

男性は、「これがいいんだ!」と思うと、自分が飽きるまで続けたがります。
そんな部分は、子供と同じです。

彼女側から見て、なんでいつまでもこんなことしてるんだろうと思ったとしても、口には出さないことが大切です。
放っておいても、いつかは飽きるので、待っていましょう。

のめり込むものが仕事なら、体調管理や夜更かしに注意してあげると、彼が集中して仕事を続けるのを助けることができます。
逆に、ギャンブルやゲームに熱中しているなら、悪い習慣ともいえるので、他のものに注意を向けさせるように工夫するといいですよ。

男性はどこか子供っぽい生き物です。
そんな男性の心理をうまく読み取って接することで、子供っぽい彼を受け入れることができたり、彼の好きなことを一緒に楽しんだりすることができます。
不満に思うよりも一緒に楽しむことで、彼を成長させてあげましょう。