鏡を見る習慣はメリットがいっぱい。落ち着く・綺麗になる効果もあり?

女性は、メイクをするときや洋服を選ぶとき、ヘアセットをするときなど、一日の中で鏡を見る回数が多いですよね。
身だしなみをチェックするために欠かせない鏡ですが、実は鏡で得られるメリットはそれだけではないんです。
そこで今回は、鏡を見ることによって得られるメリットをご紹介いたします。

鏡を見る習慣にはメリットがいっぱいあるって知ってた?

女性

皆さんは、一日に何回鏡を見ていますか?
朝の洗顔のときに一回、メイクのときに一回、全体を確認するときに一回、外出先で気になったときに数回……と、身だしなみを気にする女性は意外と多く鏡をチェックしています。

何気なく見ている鏡ですが、実はこの鏡を見る習慣には驚きの効果がいくつも隠されているんです。
実際に、女優の長澤まさみ(ながさわまさみ)さんや、橋本マナミ(はしもとまなみ)さんなど、多くの女優さんやモデルさんもたくさん鏡を見ているそう!

そこで今回ご紹介するのは、鏡を見ることによって得られるメリットです。
鏡を見る習慣をつけるだけで、嬉しい効果が得られるなら、すぐにも見るようにしたいですよね。

あまり鏡を見てこなかった女性はもちろん、今までたくさん見てきた女性も鏡を見るメリットを知った上で、意識して見るようにしてみてはいかがでしょうか♪

鏡を見る習慣で得られるメリット①魅力的になれる

女性

“鏡を見る”という心理には、「メイクや服装はちゃんと決まっているか」「他人からどう見られているのか」という心理があり、“公的自己意識”が高い女性であるといわれています。

他人にどう見られているのか常に気にしているので、素敵に見られようと努力し続ける女性が多いそう♪
自分を磨けば、どんどん魅力的な女性になることができますよね。

つまり、鏡を見る習慣は、自分磨きのサポートをしてくれるというメリットがあるんです。

魅力的な女性になりたいなら、鏡を見るときに理想の自分をイメージしてみましょう。
好きな女優さんやモデルさんでもいいですし、自分がなりたいと思う女性を描き、今の自分の姿を見ることで何をすればいいのか自然に見えてきますよ。

鏡を見る習慣で得られるメリット②ちょっとした変化にすぐ気付ける

鏡を見る習慣がある女性には、ちょっとした変化にもすぐ気付くことができるというメリットがありますよ。
例えば、下記のようなことです。

・気付きにくいエイジングサイン
・顔色
・顔や身体のむくみ
・顔や身体のコンディション
・太ってきた部分や痩せてきた部分
・疲れの溜まり具合

など、小さなことにもいち早く気付けるようになりますよ。
悪い変化なら焦らずに対応できますし、良い変化ならこれからも頑張ろうと思えますよね。

自分のことがよく分かるのは自分だけです。
見た目の変化も分かっていれば、気持ち的にも余裕が持てますよ♪

鏡を見る習慣で得られるメリット③ダイエット効果も期待できる

ヒップ

鏡を見る習慣のメリットとして、ダイエット効果があることは有名なお話ではないでしょうか。

鏡を見ることで、自分の変化にいち早く気付けることでもご紹介したように、どこが太ってきたのかすぐに分かるので、「運動をしよう」「食生活を見直してみよう」と自然に気持ちを改めることができます。

そして、体重に気をとられるより、見た目の変化で「ここが引き締まってきたな」と感じたほうが確実に体脂肪を減らすことができている証拠になるので、頑張ろうとする意欲が湧き上がりますよ♪

また、食事をするときは、自分の姿を見ながら食べてみてください。
無意識のまま食べていると、噛む回数が少なかったり、がっつり食べたりしていることがあります。
そこで鏡を見ながら食べることで、見られていることを意識するので、丁寧に食べてみようという気持ちになり、早食いや過食を抑える効果が期待できるんですよ。

鏡を見る習慣で得られるメリット④ストレス解消になり気持ちを安定させることができる

社会人にもなれば、ストレスが溜まることはたくさんありますよね。
このストレスが溜まったときも、鏡を見る習慣が効果的なんです。

なんと、ハーバード大学の研究によると、“仕事中にイライラしたときに鏡を見ると精神が安定する”ということが明らかになっているんだそう!
その理由としてはいくつかあるようで、客観的に自分を見て冷静になれることや、自分の良い顔を見ることで気持ちが回復することなどが挙げられています。

また、脳科学的にも鏡を見ることが効果的であることが分かっているそうで、落ち込んだときは鏡に向かって笑顔を作ると気分が浮上するんだとか♪
笑顔になることで脳も「楽しい」という錯覚を起こすので、作り笑いでも笑顔を作ってみてください。

鏡を見ることで気持ちをコントロールし、安定させることができるのは、すごいメリットですね。
仕事中も、身近なところに鏡を置くようにしてみてはいかがでしょうか。

鏡を見る習慣で得られるメリット⑤集中力をキープしやすくなる

仕事をしていると、どうしても集中力がなくなってきてしまいます。
これは仕方のないことですが、仕事を円滑に進めるためには少しでも長く集中力を維持したいですよね。

そのときは、自分の顔が見える位置に鏡を置いてみてください。
自分の視線であっても、「なんとなく見られている」という感覚が無意識に働くので、程よい緊張感を生むことができるそうです。
この集中力をキープしやすくなるというのも、鏡を見る習慣で得られるメリットの1つ!

「もう少し頑張りたい」「午前中までにこの仕事を終わらせたい」など、大事な場面でぜひ活用してみてください。

鏡を見る習慣で得られるメリット⑥自分と向き合うことができる

「コンプレックスがあるからあまり自分を見たくない」という女性も少なくないようです。
たしかに、鏡を見れば自分のコンプレックスが目に入るので、さらに落ち込んでしまう女性もいるでしょう。

しかしこのとき、コンプレックスを抱えていても鏡を見てみてください。
鏡越しであっても自分自身と向き合うことができます。
そして、自分はどうしたいのか、どうなりたいのかを問うことで、目標のために何をすればいいのか解決策が見えてきますよ♪
こちらの自分と向き合うことができるというのも、鏡を見る習慣で得られるメリットの1つ!

自分から目を背けずに向き合えば、自分にも自信がつきますし、魅力的な女性になることもできます。
前向きな気持ちで鏡を見るようにし、自分を変えていきましょう!

見すぎには注意が必要?鏡を見る習慣のデメリット

鏡を見る習慣はたくさんのメリットを与えてくれます。
しかし、時にデメリットへ傾くことも……。

自分がどう見られているかに気を取られやすくなってしまったり、自己評価が低くなってしまったり、コンプレックスが強くなってしまうことがありますよ。
自分に自信がないと、鏡を見ていてもネガティブになってしまうので、ポジティブでいることが大切です。

また、あまりにも人前で鏡を見すぎると、「ナルシスト」だと思われてしまうこともあるので注意しましょう。

「自分にうっとりしたいから見るのではないのに」と言いたいところですが、人目のあるところではじっくり見ないことがポイントです。
ササッと見てやめるか、お手洗いなどを利用して鏡を見るようにしてみてください。
芸能人も実践している「鏡を見る習慣のメリット」についてご紹介させていただきました。
鏡を見る回数が多い女性ほど、周囲から魅力的だと思われているということが大学の研究によって明らかになっているほど鏡の効果は認められています。
あとは、鏡と向き合う自分の気持ち次第なので、ポジティブに鏡の効果を活かしてみてはいかがでしょうか!

【関連記事】ふとしたときにわかる「疲れ顔」どうしてる?即解消するリセット方法

夜更かしした翌朝や、仕事の疲れが出てくる夕方など、ふとしたときに顔に疲れを感じることは...

鏡を見る メリット 習慣 デメリット

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる