セクシーな加賀屋派?優しさ溢れる望月派?最終回迫るドラマイズム「文学処女」の見どころを徹底解説!

提供:LINEマンガ
LINEマンガオリジナルの人気作である「文学処女」。
現在森川葵×城田優のW主演でテレビドラマ化され、話題になっている作品なんです。
ドラマの最終回が近づくにつれ、人気は高まるばかり……!
ドラマの魅力に加えて原作の魅力にも迫ってみましょう。

大人の初恋を描いた「文学処女」

LINEマンガ編集部オリジナル作品、中野まや花先生の「文学処女」
2016年7月からLINEマンガで連載がスタートした本作は、オリジナル作品における1話あたりの観覧数および「いいね」数で、1位を獲得。
LINEマンガオリジナル作品を代表するタイトルの1つになっています。

さらに森川葵(もりかわあおい)さん・城田優(しろたゆう)さんのW主演で、テレビドラマ化もスタートしたほど、話題沸騰中の作品♡

恋を知らない女と、恋ができない男の遅咲きの恋模様を描いた内容に、ドキドキが止まらない!
多くの女性が心を鷲掴みにされている作品の魅力をチェックしましょう。

※2018年7月時点

加賀屋朔と望月千広、アナタはどっち派?

テレビドラマ化され、さらに話題になっている「文学処女」ですが、実は城田優さん演じる加賀屋朔(かがやさく)と中尾暢樹(なかおまさき)さん演じる望月千広(もちづきちひろ)にキュン♡とする女子が続出!

さらにネット上ではどっち派!?という論争が起きるほど、甲乙付けがたい魅力が2人にはあるのです……♡

アナタのタイプはどちらのメンズですか?

加賀屋 朔

城田優さんが演じる加賀屋朔は、人気ミステリー作家として活動。
過去のある出来事がきっかけで恋をすることができず、恋愛小説を書くことを避けてきた男。

森川葵さんが演じる月白鹿子(つきしろかのこ)は、本が大好きでこれまで恋を知らずに生きてきた女性。夢だった編集部に配属され加賀屋の担当編集に。
念願の担当に張り切る鹿子は、「先生と、抱きしめたくなるような一冊を作りたいんです!」と、提案するところから物語は進みます。

がむしゃらに突っ走る鹿子を“面白い子”という位置付けで見ていた加賀屋だが、そこから2人の恋模様はどんどん発展……!?

恋をしたことのない鹿子に対して、「刺激的な夜をありがとう」と意味深な言葉などを囁く加賀屋に、多くの人が胸キュンせずにはいられない。
城田優さんの色気のある表情や行動、立ち姿など原作の加賀屋さながらの演技にぜひ注目してくださいね。

望月千広

鹿子の同僚である望月千広は、鹿子に密かに思いを寄せている男。
鹿子は望月をよき相談相手として信頼していて、望月が自分のことを好きだということには気づいていない。

望月は加賀屋に好意を寄せる鹿子を優しく見守りつつも、自分の気持ちを鹿子に伝えるために、ご飯に誘ったり女の子として見ていることを伝えていく。
加賀屋から女の子として見られていないと嘆く鹿子に、「女の子だよ!」と伝えるシーンでは、壁ドンが……♡
見ているだけでドキドキが止まりません。

中尾暢樹さんの爽やかなハニカミスマイルも必見ですよ!

ドラマの最終回が見逃せない!

ドキドキする展開が多いドラマも、まもなく最終回をむかえます。
鹿子の想いは加賀屋に届くのか……?望月の片思いの行方は……?

ドラマの最終回は、MBS:10/28日(日)25:50〜、TBS:10/30日(火)25:28〜で放送予定!

まだドラマ「文学処女」を見ていない人は最終回をむかえる前に、今までの放送分を見返しておくのがおすすめです。
dTV、ビデオパス、U−NEXT、TSUTAYA TV、Hulu、MBS動画イズムなどの各動画配信サービスにて、1話から振り返ることができますよ♪

もちろん今まで欠かさずに見ていた人も、改めて見返すのもいいかもしれませんね。

そして、ドラマを盛り上げるために、ドラマのLINE公式スタンプも配信中!
ドラマのワンシーンから切り取ったセリフが盛りだくさん。

気になる男性や、友達にドキッとするワンシーンを送りつけちゃいましょう♡

LINE公式スタンプはこちら

今なら原作マンガが27話まで一挙無料公開中!

さらに10月31日まで限定で、LINEマンガで原作マンガ「文学処女」が27話まで一挙無料公開中。

ドラマでキュンとしたシーンは、原作マンガでももちろん健在。
フルカラーのマンガで見る、鹿子・加賀屋・望月も、ドラマのように可愛い&イケメンですよ♡

ドラマも見返しつつ、マンガも楽しむことで、これからむかえる最終回をより盛り上げられるはず。
ぜひ皆さんも加賀屋派か望月派か妄想しながら、作品を楽しんでくださいね。

LINEマンガ「文学処女」

マンガ ドラマ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

4MEEE

4MEEE編集部の公式アカウントです。

>もっとみる