寂しい?それとも気遣い?おしゃべりさんが「口数を減らす方法」5つ

飲み会や初対面の人が集まる場におしゃべりな人がいると、緊張した雰囲気がいっきに和らぐので救われますよね。
しかし、度を越したおしゃべりさんは、ウザがられてしまう可能性も……。
今回は、これを回避するためにも「口数を減らす方法」を探してみましょう!

おしゃべりさんが口数を減らす方法①あえて言わないほうがいいことを考える

はじめに触れたように、初対面の人が集まる場におしゃべりな人がいると、緊張した雰囲気がいっきに和らぐので、合コンや飲み会に欠かせない存在になれるかもしれません♪

しかしそれは、頭を使っているおしゃべりさんに限った話。
なにも考えずに思ったことをペラペラしゃべれば、余計な一言を言ってしまうことも……。
早く改善しないと、緊張した雰囲気を和らげるのではなく、空気を凍らせるのが得意になってしまいます。

あえて言わないほうがいいこともあるのです。
頭を使ってそれに気づくことができれば、自然に口数を減らすことができると思いますよ!

おしゃべりさんが口数を減らす方法②聞く力を鍛えながら理解する努力もする

口数を減らす方法を習得したいと思っているなら、聞くことに集中しましょう。
聞く力を鍛えるのは、会話の基本中の基本ですね。

おしゃべりすることに囚われて、聞くことが適当になると、余計な一言が生まれやすくなってしまいます……。

相手の話をキチンと理解する努力もすれば、一方的な会話ではなく、上手な会話のキャッチボールができるようになるはずですよ♪

おしゃべりさんが口数を減らす方法③口でカバーするのをやめて行動を増やす

おしゃべりな人の中には、実は小心者なのに口が達者なタイプもいますよね。
口が達者なのは悪いことではありませんが、口だけ人間になりたくないなら“行動”を増やしましょう。

口で言うだけでなにもしない上司のアドバイスは受け入れがたいですが、黙って行動で教えてくれる上司なら、ついて行きたくなりますよね。

また口だけで行動しなければ、言い訳も達者になっていきます。
言い訳が達者になればなるほど、信頼を失うでしょう……。

行動力を鍛えれば、自然に口数を減らすことになるでしょう。
口数が減ると発言に説得力が生まれやすいので、信頼を得られるようになると思いますよ!

おしゃべりさんが口数を減らす方法④人と話す機会を増やす

おしゃべりな人の中には、普段人と話す機会が少なく、だれかに会うと嬉しい気持ちから口数が増えるタイプもいるでしょう。

「仕事柄ひとりの時間が多い」「友達と休みが合わない」なら、人と話す機会が足りていないのでは?
自覚があるなら、だれかと話す機会をもっと増やしましょう!

「飲み会の誘いに積極的に乗る」「マンツーマンの習い事を始める」「カフェの常連になる」といった工夫をすれば、話す機会を増やせそう♪
そうすれば、たまに参加した飲み会で暴走し、口数が極端に多くなってしまうことは避けられそう。

おしゃべりさんが口数を減らす方法⑤静かな場所に慣れる

おしゃべりな人の中には、沈黙が苦手だから頑張って会話しているというタイプもいるでしょう。
沈黙が苦手で気遣いから口数が増えているなら、静かな場所に慣れる練習をすると、人といるときも冷静でいられるようになると思いますよ。

大人が集う時間帯の公園や、平日のひっそりたたずむカフェなら、風の音や店内の音楽くらいしか聞こえないので、練習場所にうってつけですよ♪

今まで見つけた方法から、口数を減らすなら「思いやり」と「経験」が必要なのがわかりましたね。
これらに加え知識も増やせば、その場に合った言葉、発言量が見つかるのではないでしょうか♪
「口数を減らす方法」を探してみました。
おしゃべりな女性に対して、「苦手意識がある」「恋愛対象として見られない」なんて男性の声も聞かれます。
もちろん、おしゃべりな女性を好む男性もいると思いますが、度を越せば非モテになってしまいそう……。
おしゃべりだと自覚がある女性は、正しく口数を減らせば、モテ期を引き寄せられるかもしれませんよ♡

【関連記事】お話が大好きな女の子がモテない理由って?

お友達とお話をすることが大好きな女性っていますよね?でも、そういった女性って、一緒にい...

口数 減らす 方法 おしゃべり

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる