【気温30度の服装】お天気別のレディースコーディネートレッスン♪

Cover image: wear.jp

気温30度の服装というと、定番のようで意外と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、天気別の気温30度レディースコーディネートをご紹介します。
気温30度は甘くみると熱中症になってしまう危険性があるので、快適かつおしゃれが賢いコーディネートといえるでしょう。
お出かけコーディネートに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

気温30度に最適♡大人可愛い服装のポイント

大人可愛いスタイル

wear.jp

気温30度となると、ただ涼しいコーディネートをすればいいというものではありません。
とくに夏のレジャーでは、涼しさと日差し対策が不可欠です!

気温30度の基本的な服装の構成は、
①半袖もしくはノースリーブトップス
②ボトムス
③シューズ(天候による)
④帽子
⑤カーディガンなど羽織りもの
は必須アイテムといえるでしょう。
プラスアイテムとしては、サングラスや日傘などがあると快適度が増します。

しっかりと基本を押さえたところで、天気別の気温30度の服装を詳しく見ていきましょう♡

【気温30度×晴れの日】服装例①寒色ワンピーススタイル

寒色ワンピーススタイル

wear.jp

気温30度の晴れの日の場合、体感温度はさらに高くなっているといえるでしょう。
そのため、レジャーなどで外で過ごす時間が多い場合は、通気性の良いゆったりとした服装をおすすめ♪

ゆったりとしたシルエットのワンピースなら、簡単に大人可愛く涼しく感じるコーディネートが完成しますよ。

ワンピースには、カーディガンなど日差しや室内の冷房対策になるアイテムも忘れずに!
キャップでスポーティーに仕上げるのも、大人可愛いコーデに仕上げるポイントですよ。

足元はプラットフォームサンダルなどで、アスファルトから距離をとるようにするのも賢いです。
寒色系のワンピースなら周囲から見ても涼し気で、より体感温度を下げることができますよ♡

【気温30度×晴れの日】服装例②ホワイトパンツスタイル

ホワイトパンツスタイル

wear.jp

夏のホワイトコーディネートはオトナ可愛いコーディネートの代表ですよね♪
実は夏のホワイトアイテムを取り入れるコーディネートには、夏におすすめな理由があるんです。

それは、濃い色よりも熱を吸収しないということ!
そのため、面積が大きくなるパンツスタイルなら、断然ホワイトのパンツが良いでしょう。

いっそのことオールホワイトコーデにするのもおすすめですよ♡
気温30度の晴れの日は、積極的にホワイトを取り入れた服装を目指しましょう!

【気温30度×晴れの日】服装例③カーディガン

カーディガンスタイル

wear.jp

夏の日差しはずっと当たっていると痛くなってしまいます。
そこで、気温30度の晴れの日には、ロングカーディガンで体に当たる日差しを和らげるのがおすすめ!

ゆったりめのものや通気性が良いもの、UVカットのものなどにこだわれば、暑い日差しに当たる部分が減って涼しく感じることができます。

カーディガンならコーディネートのアクセントにも使えるので、大人可愛くおしゃれなコーディネートにすることができますよ♪

気温30度の晴れの日は、カーディガンをアクセントにした服装にしてみましょう♡

【気温30度×曇りの日】服装例①ビビットカラー

ビビットカラースタイル

wear.jp

気温30度の曇りの日なら、明るくなるビビットカラーを取り入れるのがおすすめ♪
曇り空だと薄暗くなってしまうので、ビビットカラーを着るのが夏ムードを盛り上げるポイントです。

晴れたり曇ったりを繰り返すこともあるので、日差し対策も忘れずに!
カーディガンなどをしっかり持ち歩くようにしましょう。

曇りだからといって油断していると熱中症になりやすくなります。
いくら曇りといえども通気性の良い服装にすることを心掛けてくださいね♡

【気温30度×曇りの日】服装例②ブラックコーデ

ブラックコーデ

wear.jp

ブラックコーデは気温30度の曇りの日におすすめの服装です。

気温30度となると、晴れの日にオールブラックコーデをするのは自殺行為といえるでしょう。
薄曇り程度なら、日差しの熱を吸収することも少なくなるので、曇りの日こそ積極的にオーるブラックコーデを取り入れてみてくださいね♪

カーディガンやバッグなどの小物で差し色をすれば、大人可愛いコーディネートが楽しめます。

ブラックコーデなら泥はねが気にならないので、雨が降りそうな曇り空のときにも最適ですよ♡

【気温30度×曇りの日】服装例③レイヤードを楽しむ

レイヤードを楽しむスタイル

wear.jp

晴れの日ではレイヤードを楽しむのは苦行ですが、気温30度の曇りの日なら体感温度が下がるので快適にレイヤードを楽しむことができますよ。

とくに気温30度の曇りの日は、ワンピースとデニムパンツのレイヤードを楽しむのに最適♪
デニムパンツは通気性が良くないので、曇りの日に取り入れるのが良いでしょう。

レースのワンピースと合わせれば、涼し気で夏らしい大人可愛いコーディネートが完成しますよ♡
袖のあるワンピースなら、カーディガンがなくてもいいかもしれませんね。

かごバッグなどを取り入れて、曇りの日でも夏らしい服装を楽しみましょう!

【気温30度×雨の日】服装例①スカート×スニーカー

スカート×スニーカースタイル

wear.jp

雨の日の気温30度でスカートを楽しむなら、スカート×スニーカースタイルの服装がおすすめ♪

スカートにはサンダルを取り入れたくなりますが、レジャーなどでカジュアルな印象にするなら断然スニーカーがいいでしょう。
サンダルよりも足に雨が入ってくることも防ぐことができるので、機能的でもあります。

曇りの日は体感温度も下がるので、袖のあるトップスでもいいのではないでしょうか。

雨の日のスカートなら、明るい色のスカートで気分を上げるのがポイント!
どんよりとした空でも、明るい色のスカートを履けば気持ちも明るくなりますよ♡

【気温30度×雨の日】服装例②プチプラコーデ

プチプラコーデ

wear.jp

雨の日ならガンガン洗濯できるプチプラコーデが最適!
雨に濡れても気にならない服装が、雨の日でも気持ちをアクティブにしてくれますよ♪

プチプラコーデの中でも夏物ワンピースはプチプラ感が出にくいアイテムといえます。
気温30度の雨の日デートでも、プチプラワンピースならおしゃれに可愛く見せることもできますよ♡

ワンピースを着るなら袖ありのワンピースがおすすめ♪
雨の日は、体感的に30度より涼しく感じるかもしれませんが、ジメジメムシムシするので通気性も大切にしましょう。

雨の日でも暑さ対策は忘れないことが気温30度の服装の鉄則です!

【気温30度×雨の日】服装例③プラットフォームサンダル

プラットフォームサンダルスタイル

wear.jp

気温30度の雨の日は、プラットフォームサンダルがとっても便利♪

夏の雨は雨量が多いので、水たまりが多く出現します。
そんなときに靴底が厚いプラットフォームサンダルなら、水たまりも気になりませんよ。

おしゃれなのに水たまりも怖くないので、雨の日の最強アイテムといえるのではないでしょうか。

晴れの日では暑くて履けないデニムと合わせれば、スポーティーカジュアルな大人可愛い服装になりますよ♡
天気別の気温30度レディースコーディネートには、意外と注意することやポイントがたくさんありましたね。
こちらを参考に、夏のレジャーや暖かい国へのバカンス旅行の参考にしてみてください♪
気温30度は天気で体感温度が変わりますが、気温30度であることは忘れずに暑さ対策してみてくださいね。
天気別の気温30度の服装のポイントを押さえれば、暑い日のレジャーも思う存分楽しむことができますよ♡

【関連記事】【気温25度の服装】お天気別のレディースコーディネートレッスン♪

人間は一般的に、25度前後が快適な気温といわれており、服装も暑さや寒さの対策をする必要が...

30度 気温 服装 コーディネート

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

大森 瞳

>もっとみる