親に彼との同棲を反対されたときの対処法「もう大人なのに……!」

LOVE

彼と二人で話し合った結果、同棲をすることに……!
そう決めたなら、次に問題なのは“お互いの両親”への報告ですよね。両親の世代によっては、同棲に対してマイナスなイメージをもっている場合も。いくら20代とはいえ、両親にとって大切な息子・娘であることには変わりないので、反対されてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、「親に同棲を反対されたとき」の対処法をご紹介いたします。

親に彼との同棲を反対されたときの対処法①彼と両親を会わせる

両親に同棲をしたいと伝えたとき、もし反対されたなら、一度、彼と両親を会わせるべきでしょう。

今まで愛情をたっぷり注いで育ててきた娘を、どんな人かも分からない男に渡せるはずがありません。まずは両親に安心してもらうためにも、きちんと彼を紹介する場を設けましょう。

結婚前の“ご挨拶”に近いイメージでいるといいかもしれません。もしかすると、彼と実際に会って話せば、両親が安心して同棲を認めてくれる可能性もあります。当日は基本的な礼儀・マナーをすべて守って守るように、彼にもよく言い聞かせておきましょう。

親に彼との同棲を反対されたときの対処法②許可なく実行する方法もある

彼のことをきちんと紹介しても、両親がどうしても納得してくれない場合、許可をもらえなくても実行する方法もあります。

もちろん、両親にも認めてもらったうえで同棲・結婚へと進んでいきたいところ。ですが、両親と娘という関係性は独特で、特に兄弟がいない一人っ子の場合は、どうしても親が過干渉になりがちです。

両親の反対が解ける日を待っていると、どんどんチャンスを失うことになってしまいます。しばらく実家には戻らないつもりで、彼との同棲を開始すれば、両親も納得せざるを得なくなるでしょう。両親の気持ち、二人の気持ち、どちらを優先させるかは、彼とよく話し合って決めてくださいね♡

親に彼との同棲を反対されたときの対処法③子どもができることまで想定する

両親がなぜ同棲を反対するのか……。
それは、同棲をしているカップルは社会的にもとても曖昧な関係だからでしょう。正式に夫婦となれば、何が起きようとも、それぞれが補完し合いどうにか乗り越えられるものです。例えば、予期せぬ妊娠をしても、結婚をしていれば焦る必要もありません。

おそらくあなたのご両親は、もしも結婚前の「同棲」段階であなたが妊娠したとなった場合、自分の娘がどうなってしまうのかが心配なのでしょう。

同棲に反対されたら、きちんと妊娠したときまでを想定して、伝えることが大切です。厳格なお父さんの場合は、彼に直接「もし妊娠したら?」と聞く可能性もあります。彼にも、きちんと自覚してもらわないと困りますね。

親に彼との同棲を反対されたときの対処法④結婚まで様子をみる

どうしても両親に納得してもらったうえで、同棲をしたい。
そう思っていても、両親がまったく聞く耳を持ってくれないのなら、一時的に同棲を諦めて1~2年様子をみてから結婚するという方法もあります。

両親も、「正式に結婚します」となれば、頭ごなしに反対することもないでしょう。

結婚すれば社会的にも安定した暮らしになり、万が一彼に何かあっても、大切な娘はいろいろと保障を受けられます。

両親世代の人が同棲に対してマイナスイメージをもってしまうことは、二人が努力してすぐに変えられるものでもありません。しばらく説得し続けてみて、それでも納得してくれないのなら、結婚するチャンスが巡ってくるまでは「現状維持」のほうがいいかも……。

いかがでしたか?親に同棲を反対されても、落ち込まなくて大丈夫!
大人になってまで干渉されるのは、正直ストレスでしょう。しかし、あなたがそれだけ両親にとって大切な娘であるという証拠です。二人だけではなく、お互いの家族が納得するかたちを選んで、将来に向けて準備を始めていけたらいいですね♡