将来性のある男を「青田買い」する際にチェックしたほうがいいこと

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第76弾】

「いい男はみんな彼女持ちか結婚している」と感じることはありませんか?そう感じてしまうのなら「遅れている」のです。何に遅れているのか?というと、いい男をいい男だと気付くスピードに他の女性よりも遅れています。彼が社会で結果を出してお金を稼ぎはじめたら、みんながいい男だと気付きはじめてしまうのです。競争が激しくなった段階で彼に目がいくのではもう遅いんです。

今回はまだ何者でもない若い彼を青田買いする際、念入りにチェックしたほうがいいポイントについて書いていきます。

勝負してきた実績をチェック!

1つ目に見抜いたほうがいいポイントは彼の「勝ち癖」です。社会人になりたてで仕事の実績がまだない彼を目利きしたい場合、勝ち癖がついている人かどうかをチェックします。具体的には、部活でキャプテンだった、スポーツで全国大会に行った、テストの成績でいつもトップだった、生徒会長をやったなどの経験値を含めた実績をみるのです。

一見、これは仕事とは関係なさそうに見えますが、責任ある立場に身を置いたことがある人や、スポーツや勉強で真剣勝負をして勝ってきた人というのは、勝ってきた人特有の雰囲気を持っているものです。何かの分野で結果を出したことのある人間は「自分は勝負に勝つ人間である」という脳のなかのセルフイメージが出来上がっています。

実はこれがとても重要なのです。社会人になると学生時代の頃とはゲームの内容が変わってきますが「自分は勝負に勝つ人間だ」というポジティブな思い込みを持っている人は、勝つ方法をあたりまえのように見つけられるのです。つまり社会で出世して高い年収を稼ぐ男になりやすいということです!

遠い目的地を目指しているかチェック!

将来性のある男性たちは、自分がしたいことや目標が、若い頃から明確にあります。そして若くても行動に移しているものなのですが、この時にチェックしたほうがいいのは、彼が持っているビジョンの高さです。「そこそこの安定した地位や稼ぎがあれは俺は満足かな」と思っていたら「そこそこの男」にしか将来はなりませんし、どれだけ成功しても「まだこんな場所で俺は満足しないんだ!」と思っている人は更に自分を成長させ続けて、毎年毎年、すごい人になっていきます。

これらを決定づけているのは、本人のビジョンの高さなんです。彼がどれほどの遠い目的地を目指しているのかが鍵なんですね!女性は将来どのぐらいのレベルになりそうな男性をゲットしたいのか最初に決めてしまうといいですよね。それぞれのレベル感によって得られる幸せ感は異なります。

上を目指すとキリがないですが上には上がいます。いい男の上にはさらにいい男がいます。成長志向がとっても強い女性は「頂点にいきそうな男性」をしっかりと目利きして、青田買いするといいですね!

勉強量と仕事量をチェック!

想いがあるのと実際に行動を移すのは違います。想いばかりがあるのに努力と行動をしないのは論外です。それなら、想いがなくても努力している人のほうがよほど将来性があると思っておくといいでしょう。

若い頃から凡人には想像がつかないぐらいの量の仕事や勉強をしている人は、社会で出世する時期はもちろん早まります。やはり本気を出して取り組んできた時間がモノを言う世界だと思います。

ちなみに超一流の人たちは努力している姿を他人に見せないという共通点があります。なぜだと思いますか?それは、努力しているのがライバルに知られてしまうとそれ以上に努力されてしまって負けるかもしれないからです。これは例え話ですが、パブリックイメージではチャラチャラしていて努力していないように見せているけれど、一緒に働いている人や身内の人だけは彼がめちゃくちゃ努力している姿を知っている。みたいな人が、将来伸びる可能性が高い男性です。

成功の代償が払える人なのかどうか覚悟をチェック!

成功には必ず代償があります。

例えば、誰もが知っている有名人がわかりやすい例かと思いますが「有名人」として生きる道を選ぶことで他にもあったであろう人生の選択肢を自ら消すのです。いつでもどこでも「有名人」でいなければいけないのは有名人の自分であることによほどの喜びがない限り、かなり面倒くさいわけです。プライベートでも「有名人」をお休み出来ませんし、有名人である自分で居続けなければいけません。倫理的に反することをしてしまうと仕事が出来なくなったりもします。そのリスクをしっかりと引き受けて代償を払っているので、やっと手に入るものがあります。

今の話は一例です。どの業界でも結果を出していく人は、業界の古くからある常識や慣習に迎合しないで一時的に孤独になる覚悟を決めたから圧倒的な結果が手に入るといった側面があります。ですから、成功のためにみんなから嫌われてみたり、つまり、損切りをしていかなければならないのです。時には苦渋の決断を迫られる日もあるでしょう。何かを得ることは何かを捨てることとイコールだということをよくわかっている人。というのは、迷いがありません。腹が決まっています。

その覚悟の深さを見抜いて、まだ何者でもない彼に賭ける。そういう女性に愛を注がれている男性は飛躍的に伸び続けていきます。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!