雑誌連動

外は暑くて、室内は寒い……夏の気温差対策ができるコーデ9選

Cover image: wear.jp

♡4MEEE magazine Vol.1p.26〜「あざとファッション10のルール。」

冷房が効いた施設が一気に増える時期は、外は暑いけど室内に入ったら寒い……という困った状況が発生します。
今回は、夏の気温差に対応できるコーデをご紹介します♡

夏の気温差には羽織りアイテムでコーデして、対応しよう♪

wear.jp

外は暑いけど室内は寒い……そんな困った気温差が発生するのが夏本番!
室内に入ったばかりはいいけれど、次第に体が冷えてきてしまいますよね。

そんなときは、1枚温度を調節できる羽織りをプラスしたコーデがおすすめ♪

今回はそんな、寒さを感じたときにさっと羽織れるアイテムをコーデに取り入れれた、夏の気温差対策コーデをご紹介します♡

夏の気温差対策コーデ:羽織りコーデならカラーカーディガンで

wear.jp

さっと羽織れて使い勝手が良いアイテムといえば、カーディガン!

2017年取り入れるなら、トレンドのカラーカーディガンが◎

ヒップまで隠れるロングに近いミドル丈なら、より冷えから体を守ることができ、夏の気温差対策に効果的ですよ♪

夏の気温差対策コーデ:荷物にしたくないなら肩掛けコーデで

wear.jp

外に出るとき、羽織ってるカーディガンを荷物にしたくない……そんなときは、定番の肩掛けアレンジで♪

爽やかなシャツワンピースに合わせれば、清楚な夏のデートスタイルが完成します。

気温差対策とおしゃれを同時に叶えてくれるコーデです♡

夏の気温差対策コーデ:おしゃれさ重視ならレースガウン

wear.jp

トレンドライクなおしゃれさを重視するなら、断然ガウンをチョイス♡

レースガウンなら、さっと羽織るだけでフェミニンなデニムコーデを叶えてくれます。

ただ透け感の強いデザインは、あまり保温機能がないため、夏の気温差対策コーデには向きません。

夏の気温差対策コーデ:コーデが面倒な日は花柄ガウンを羽織って

wear.jp

シンプルコーデに羽織るだけで、コーデがぐっと垢抜ける花柄ガウン♡

最近ではワンピースとしても着られる2WAYタイプが多いから、1枚ワードローブに追加すれば、着まわし力がぐっとUP!

さりげなくガウンとサンダルをカラーリンクさせるとおしゃれかつ、夏の気温差対策にもなりますよ♪

夏の気温差対策コーデ:ショートボトムスの日もガウンが大活躍

wear.jp

ロングタイプが多いガウンは、大人女子世代のショートパンツコーデにも大活躍♡

さりげなく気になる後ろ姿をカバーできるから、夏の気温差対策だけでなく、スタイルUP効果も期待できます。

幼い印象にならないよう、フェミニンなカラーのガウンがおすすめです♪

夏の気温差対策コーデ:パーカーはカラースカートで女性らしく

wear.jp

カジュアルな気分の日はパーカーをセレクト♪
パーカーなら脱ぎ着しやすいので、夏の気温差対策コーデにもってこいのアイテム。

トレンドのカラースカートに合わせれば、一気に女性らしい印象を演出できます。

カゴバッグなど、シーズンライクな小物をプラスするとコーデが垢抜けます♡

夏の気温差対策コーデ:ネイビーパーカーでマリンコーデに

wear.jp

落ち着いたネイビーのパーカーなら気温差対策もでき、夏にぴったりのマリンコーデを楽しめます♪

動きのあるプリーツスカートを合わせれば、カジュアルなパーカーもフェミニンな着こなしに!

カラーをネイビー×白で上品にまとめるのがポイントです♡

夏の気温差対策コーデ:寒かったら前を締めて着るテクニックも◎

wear.jp

夏の気温差対策に毎日羽織りコーデをしていると、人間飽きがくるもの!

そんなときは1枚で着られるインナーを忍ばせて、カーディガンをトップス風に着こなしてみて♡

瞬時にトレンドライクなスタイリングが叶います。

夏の気温差対策コーデ:気分を変えたい日はウエストマークで

wear.jp

オフィス内など、長時間室内にいる場合に活用したいテクニックがこちら♪

ロングカーディガンの羽織りコーデに飽きがきたら、サッシュベルトでカーディガンごとウエストマーク!

夏の気温差対策だけでなく、メリハリが生まれてスタイル美人なコーデに仕上がります。
夏の気温差対策コーデには、羽織りアイテムが大活躍♡
さっと羽織れるお好みのアイテムを取り入れて、夏の気温差を賢くおしゃれに乗り切って♪

【関連記事】日焼け止めとダブル使いで紫外線を完全カット♪おすすめの日傘9選

日焼け止めだけでなく、紫外線対策に日傘は必須アイテム♡そこで今回は、おすすめの日傘を厳選...

気温差 コーデ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

穂塚 結

ライター・編集

ファッションも美容も体当たりして、失敗から学ぶタイプ。
アパレ…

>もっとみる