米国人から学ぶ!大好きなパートナーを末永く愛し愛される秘訣4つ

LOVE

大好きな彼とは、これから先もずっと仲良くしていたいと思いますよね。
米国人カップルのようにお付き合いが長くなってもラブラブでいられる秘訣をご紹介します♡

末永く愛し愛される秘訣① 言葉で伝える

心の中ではちゃんと「好き」と思っていても、言葉に出して伝えるのはなんだか気恥ずかしくて出来ない……という人もいますよね。

付き合いが長くなってくれば、「言わなくても伝わっているはず」「態度で分かるはず」なんて思ってしまうこともしばしば……。確かに、言わなくても、態度で伝わることは沢山あります。しかしそれ以上に、言葉で言わないと分からないことも沢山あるんですよね。

どんなに「伝わっているだろう」と思っても、相手は違う人間で捉え方も様々。
きちんと言葉で伝えることが、ずっと仲良しカップルでいられるためのルールです!

末永く愛し愛される秘訣② 恥ずかしがらない

友人や知人に恋人の話をする時に、「全然かっこよくないよ」「大したことないよ」と、つい謙遜する方も多いのではないでしょうか。中には、彼のダメエピソードを披露して自ら彼を格下げする人もいますよね。

そんな風に、謙遜する必要は無いのです。
自分が好きになった人なのだから、自信を持って「とても魅力的で、素敵な人なの」と、褒めましょう。褒められたら彼自身も喜びますし、周りも「彼氏を立てられる女性なんだな」とあなたのことを一目置くはず。

ただし、恋人を褒めることも度が過ぎると自慢話や惚気になるので、ほどほどにしましょう♡

末永く愛し愛される秘訣③ 態度で示す

どんなに言葉で好きだと言っても、行動が伴っていないと真実味がありません。

お付き合いが長くなったとしても、約束をきちんと守ったり、会う時間を確保したり、相手を大切に思っていることを態度で示しましょうね。

普段から行動が伴う愛情だからこそ、しっかりと信頼関係が築けて、離れていてもお互いに愛し愛される関係でいられるのです!

末永く愛し愛される秘訣④ 素直でいる

素直でいることと、ワガママであることは全く異なります。

自分の感情や相手に望むことをずっと自分の中に溜め込んでしまうと、その溝は大きくなる一方です。自分の気持ちをその都度相手に伝えて、話し合うことでお互いの理解も深まり、2人の関係もより良くなるはず。

きちんと言葉にして伝え合うことが、何よりも大切なことなのです♡

いかがでしたか?
大好きな彼とこれから先もずっと一緒にいられるように、これらを意識してみてくださいね♡